2016-11-14(Mon)

水曜日のカンパネラ「ワンマンライブツアー2016 ~SUPERMAN~ 」2016.11.12 新潟 NEXS NIIGATA

新潟での水曜日のカンパネラ、ワンマンライブ。

新潟といえば新潟発アイドルNegicco(ねぎっこ)が有名。以前2度ほどライブを観に新潟に来たことがある。

新潟駅の万代口を出て左方面、おっさん要素が高い居酒屋が軒を並べるエリアを通り過ぎると、やがて若者向けの店がたくさん入ったビルが立ち並ぶ「万代シティ」というにぎやかな繁華街に出る。

水曜日のカンパネラ
ライブハウスはそのあたりにあった。開場まで少し時間があったので近くのバスセンターにある立ち食いそば屋でカレーを食べた。そば屋なのにカレーが有名なのである。

水曜日のカンパネラ
おばあちゃんが作ってくれたような、黄色くて豚肉と玉ねぎがたっぷり入った家庭的なカレーで、それでいてちょっとスパイスが強めに入っているところがクセになるポイントではないかと思う。貼ってある新聞の切り抜きにあるとおり、NegiccoのぽんちゃことMeguちゃんもお勧め。並盛でも結構ボリュームがあるので今回はミニサイズ380円。

水曜日のカンパネラ
ライブハウスに戻って先行物販の様子。

水曜日のカンパネラ
新潟限定Tシャツは以前コムアイさんがキャップの販売告知ツイートしていた時の画像がバックプリントに。

水曜日のカンパネラ

水曜日のカンパネラ
開場時間になり入ってみると、通路脇にカレーメシ時代のコムアイさんと「S」のオブジェが。

フロアはツアー中一番小さなハコだけあって、その小ぶりさに驚く。もっともそれを狙って新潟に来たのであるが。更に僕は整理番号2番というやまだかつてない良番。かつ1番の人が来ていなかったので最前ドセンを確保。

ワクワクしながら開演を待つと、ちょっとだけ押して「メデューサ」のイントロが聞こえて来た。しかしコムアイさんの姿は見えず。どこから現れるのかと思ったら、ステージのスクリーンに「S」のオブジェに絡みながら歌っているコムアイさんの姿が映し出されたではないか。

コムアイさんはずんずんと扉を開けてフロアに入って来、客を突っ切りながらステージに昇った。そしてすさかず「シャクシャイン」に繋いで初っ端から客共々タテノリである。コムアイさんがど真ん前にいるライブなんて本当に久しぶりである。鍛えられたお腹が目の前に見えるわツーテールが可愛いわで小生既に昇天。

同じく最前のもうちょっと左の方には、コムアイさんが「アラジン」MVで着ていたボウリングシャツそっくりの女の子ふたりがいて

「すごいねーそのまんまじゃん」

コムアイさんが喜んでいた。お母さんの手作りらしい(ライブ後一緒に写真撮らせてもらってしまった)。

「いい湯ーだね」

「いい湯だね!」

いつものコールアンドレスポンスが始まるとそれは「ディアブロ」の始まり。それから「雪男イエティ」ではカリフォルニアからやって来た(という設定)のイエティ(の着ぐるみ)が現れ、風船をポイポイと投げる。いつの間にか後ろからも風船がいくつも飛んで来た。

新曲「カメハメハ大王」では脇の下サラサラの振り付けが可愛い。

新潟に来たコムアイさんはタレカツを食べて、お散歩して、バスセンターのカレーを食べたと話す。僕もカレーを食べていたのでニアミスである。

カレーについては、黄色い色のわりにはおいしいですね、とか、食べた後ケミカルな感じが残りますね、と褒めてるようでいてDISってるようにも思える率直な感想を。

「神輿が出ます!」

とのことで「ナポレオン」にて神輿登場。でっかい「黒ひげ危機一髪」の樽から足が20本ぐらい生えているなんだかよく分からないモノ。

神輿に乗ったコムアイさんはステージからフロアの客を突っ切って行く。後方まで行ったあたりで

水曜日のカンパネラ
「今シャッターチャンスですよ!」

写真撮っていいよ!と大盤振る舞い。神輿はステージ付近に戻って来るも、コムアイさんはまだ乗ったまま

「カモーンエビバーディー」

チュパカブラに。コムアイさんは白衣と黒メガネを着用しエロ女医みたいになっていた。ようやく神輿から降りたと思ったらスマホで変顔アプリを通して自撮り。変換された変な顔がスクリーンに映し出されて大爆笑。

「ツイッギー」「ウランちゃん」ではコムアイさんがひたすら踊りまくって体の綺麗さ、動きのなめらかさを魅せ付ける。一転して「ユタ」ではゆっくりじっくり歌い上げた。

曲の合間に先日出演したMステの裏話。実はコムアイさんの出番直前に歌詞が飛んでしまったのだという。焦りに焦って顔なじみのADさんに台本(出演者全員の歌詞が書いてあるという)を持って来てもらい、テレビではZARDの特集が流れていたあたりでタモさんの横で台本をブツブツ読んでセリフを思い出していたんだとか。一生の中で一番時間の流れを早く感じた1時間でした、と。さぞ脂汗モノだったろう。

そしてその「アラジン」。

「小汚い~」

チクビームのポーズで、手を伸ばしたまま僕ら前にいる客とハイタッチ。更に僕の隣にいた女の子が持っていた風船を取り上げ、なでなでこすりこすりする。そうこの曲のテーマは「磨き」。更には僕ら客の頭もなでなで。小汚いその頭を撫でてもらったのは嬉しいが、ピカピカになってしまったらイヤだー!

ノンストップで「ラー」に。脇の下フサフサの男性ポイダンサー2名が登場し、水カンロゴのフラッグを華麗に振り回すと、コムアイさんには光るポイ。水曜日のカンパネラの文字の他、「Iラブ新潟」などのメッセージも浮かび上がった。ていうかコムアイさんポイ回し上手い。

お次は「ミツコ」。この曲をライブでやる時は、よくコムアイさんが渋谷界隈をさ迷い歩く映像が流れていたけれども、今回はなんと新潟市内の映像が。おそらく先程「お散歩していた」と言っていた時のものであろう。新潟駅からこのライブハウスまで歩いている姿が早回しで映し出された。

声を掛けられたファンと記念撮影したり、バスセンターでカレーを食べている姿も。こういうその土地ならではのネタはとてもイイ。ちなみにツアー最終日は中野サンプラザ。「お七」のMV撮影場所に近いので、和服着て新井薬師から中野サンプラザまで歩いて…とかやってくれないかなあ。

今回のツアー名「SUPERMAN」について、ツアー初日の

「川崎では全然触れていなかったんですけど」

と語るコムアイさん。大人になればなるほど自分の意見と政治がかみ合わなくなってゆく世の中に、全部いい方向に持って行く人が現れてくれないかなーって思って名付けました。ツアーを観に来てくれている15~16才ぐらいの人の中でそういう人が出て来てくれないかなー、なんて、他力本願ですけど、なんてことを。

そんなトークの後に座って「ユニコ」をしんみりながらもニコニコ笑顔で歌い上げると

「これが最後の2曲です!来てくれてありがとうございました!」

と「松尾芭蕉」。再びポイダンサー達と見事なパフォーマンス。ポイを組み合わせて様々な図形を作り、光り輝いて幻想的なステージに。

最後はやっぱり「桃太郎」。新潟名物笹団子をぶん投げながらキビダーンキビキビダーン。ウォータープールの中に入って客の海に飛び込んでドンブラコ。天井やばいんじゃないの?と思うぐらいの空間だったが 無事ステージに帰還し、ライブは終了した。

コムアイさんがステージから去って行って…拍手は鳴り止まないがアンコールはないだろうなあ…と思ったらヒョッコリまた現れて

「記念写真撮ってもいいですか?」

水曜日のカンパネラ
ということでステージ上からパチリ。コムアイさんのほぼ隣ぐらいに写ってしまった。(画像はツイッターのオフィシャルアカウントより拝借)

あと用意していたのに忘れていたという浪速屋製菓の柿の種やセイヒョーのアイス「もも太郎」といった新潟企業のお菓子を慌てて投げまくっていた。硬いアイスがひゅんひゅん飛んでいって怖いw

これで本当にライブは終わり。

今回、僕はツアーの中で一番キャパが小さい会場を狙ってみた。整理番号にも恵まれ、2年前ぐらいのコンパクトだった頃のライブに似た雰囲気を味わうことが出来た。また、これはコムアイさんも言っていたけれども音響がとても良かった。打ち込み系の音楽にはとても合うライブハウスだったと思う。

武道館も楽しみだけれども、こっちが身を引かないとコムアイさんにぶつかってしまうぐらいの臨場感溢れるライブっていうのもまた貴重なものである。

そういった意味で新潟を狙った成果があったと言えよう。

正解は、越後成果。なんちて。

01.メデューサ
02.シャクシャイン
03.ディアブロ
04.雪男イエティ
05.カメハメハ大王
06.ナポレオン
07.チュパカブラ
08.ツイッギー
09.ウランちゃん
10.ユタ
11.アラジン
12.ラー
13.ミツコ
14.ユニコ
15.松尾芭蕉
16.桃太郎

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2016-11-03(Thu)

水曜日のカンパネラ「ワンマンライブツアー2016 ~SUPERMAN~ 」2016.11.02 川崎CLUB CITTA

クラブチッタでの水曜日のカンパネラワンマンライブ。

川崎はコムアイさんの地元なので、ツアーの最初をここに指定したのも地元のこだわりがあるのかなと思ったり思わなかったり。

会場に入ると、ステージの上に巨大な「脳」があった。脳の形を模したでかいハリボテ(?)に、脳の映像を当てたプロジェクションマッピングっぽい。

コムアイさんは後方の二階席からの登場するというおなじみのパターン。「アラジン」のMVで着ていたものであろうか、モップの集合体みたいなモコモコの服で「イエティ」を歌う。らせん階段を降り、客でいっぱいのフロアを突っ切ってステージに昇ると、次は新EP「SUPERKID」のうち「カメハメハ大王」を初ライブ披露。

「脇の下サラサラ」

自分の脇の下をくすぐるようなしぐさが可愛い。

2曲披露したところで挨拶。

「こっちむいてー!」

と、叫んだ前方のお客さんをいじり、

「どこから来ました?」

「小田原!」

ということで、小田原に行った時のネタを披露するコムアイさん。

天山湯治郷というおすすめの温泉に寄って帰る途中、小田原の街でゴハンを食べる店を探して歩いてたら、渋谷でも滅多に声を掛けられないのに普通に声を掛けられてビックリしたという。

その人に中華料理屋を教えてもらったが、そのまま「じゃ」と去るのはなんか気が引けたので一緒に食べに行きましょうと誘ってしまった。今思い出すとお金払ってなかった気がする、ちゃんと払おう!、と反省していた。

小田原行きづらくなっちゃうなー…温泉で会っても無視しで下さい。「貧乳!」とか言わないで下さいね、とのこと。

水曜日のカンパネラ
今日もこんな見せつける格好だけど、ポロリしても分からないぐらいだしと自虐漫談。(画像はツイッターのオフィシャルアカウントから)

次はちょうど温泉→お風呂繋がりで「ディアブロ」、そして「シャクシャイン」と定番ソングが続いてから、突然聞いたこともない曲が流れだしビックリ。

「誰も聞いたことがない新曲やります!」

いきなり新曲をぶっこんできた。100均で買ったというボウルと泡立て器を持って歌う。ボウルの内側に歌詞のカンペが貼ってあったっぽいが、全然歌えてなくておかしかった。

ちなみに抹茶風味のプリンを作る「チャップリン」という曲名らしい。カト茶みたいなチョビヒゲを付けていたのはそのせいだった。

水カンのライブでは、コムアイさんの本名が輿さんだけに(?)お神輿がよく登場する。今回現れた新作は、巨大な黒ひげ危機一髪みたいな樽だった。しかもナイフ穴から手足がニョキニョキ出て来ていてなんとも奇抜なもの。コムアイさん曰く

「引っ張りたくなるけど引っ張らないでね」

神輿の上に乗って「ナポレオン」。フロアへ降りて行き後方まで移動する輿on the輿。そのまま「チュパカブラ」も歌う。

お神輿はステージに戻って来たものの、コムアイさんがお尻から樽の中にすっぽり落ちてはまってしまい、バタバタしている足の先しか見えなくなってしまった!とりあえず歌い続けていて、声だけは聞こえてくるので大丈夫だろう、みたいな冷静な表情のスタッフにより、頃合を見計らって救出された。

「ぶはー!一生忘れない!」

コムアイ危機一髪。それからも元気に「ツイッギー」「ウランちゃん」「バク」と発狂ソングで踊りまくるコムアイさん。踊りがめっちゃくちゃ激しいのになめらかで非常に美しかった。演出の竹森先生によると、このあたりは特に何をしろ、という指示がないフリーダムな場面らしい。それでいて動きがキレイなのは体幹をしっかり鍛えているからだという。

バクでは「脳」のオブジェがゆっくりステージに降りて来て、スタッフ何人かがそれを支える。脳に映し出された映像をバックに歌い踊るコムアイさん。途中でなんと「ゴン」という痛々しいマイクが床にぶつかる音と共にコムアイさんがぶっ倒れてしまい、スタッフにより抱えられ退場してしまった。しばらくバクのオケだけ流れて無人のステージ。

これはガチなのか演出なのか…とザワザワしていたら「ユタ」のイントロが流れ、「脳」がパックリ開き、そこからコムアイさん再登場!ああよかった!

「重大発表があります」

とのことで、最前列の人達に

「なんの重大発表か当ててください」

とひとりずつマイクを渡して行く。最前のカミテの人達は

「結婚」

「出産」

「ふたりめ」

とかどんどん話を繋げていく。

「入院」

「実家が燃えた」

「実はヅラ」

シモテのお客になるにつれてだんだんひどい言われよう。

正解は「3月8日に武道館ライブ」であった。ドンピシャに当てていた人がいたのでご褒美にバナナが与えられていた。タイトルは武道館の形にちなんで「八角宇宙」とのこと。

重大発表が終わったところで

「こぎたない!」

というところはみんな歌って欲しい、という「アラジン」。いろいろこする仕草がかわいい。何故かメロリンQもしくはチクビームみたいな振付もあり笑った。

ノンストップでカッコよく「ラー」に繋がると、もうすっかりおなじみポイダンサーの方達が登場。水カン印のフラッグをクルクル回して華麗なダンスを決めまくる。

そして昔懐かし「ミツコ」。みんな、「みんなでソーセージ!」のところで手を挙げる時はちゃんと人差し指一本だけ伸ばすんやで…ソーセージだから…。古いおじさんからのお願いやで…。

あっという間に

「最後の2曲です」

となり、「松尾芭蕉」と「桃太郎」。松尾芭蕉では再びポイダンサーの方達と見事な光のダンスを見せてくれて、「桃太郎」ではやっぱりウォーターボールの中に入りフロアに飛び込み、客の上をドンブラコ。

「またあいましょー!」

と叫んでコムアイさんは去って行った…と思ったらひょっこり戻って来たので、珍しくアンコールやるのかなと思ったら

「写真一緒に撮っていいですか」

観客を背に写真をパチリ。

水曜日のカンパネラ
クラブチッタで僕も写ッチッタ。なんちて。

水曜日のカンパネラ
先にも書いた通り、パフォーマンスがますますキレイになっていたり、コムアイさん自身もますますキレイだったりで楽しいライブであった。

「アラジン」とかけまして、コムアイさんと説く。

磨きがかかりました。なんちて。

【セットリスト】

01.雪男イエティ
02.カメハメハ大王
03.ディアブロ
04.シャクシャイン
05.チャップリン
06.ナポレオン
07.チュパカブラ
08.ツイッギー
09.ウランちゃん
10.バク
11.ユタ
12.アラジン
13.ラー
14.ミツコ
15.松尾芭蕉
16.桃太郎

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2016-10-13(Thu)

「カンパネラ―大集合」水曜日のカンパネラファンで集ってみた。2016.10.10 上野

水曜日のカンパネラファンが上野に集まり、水カンゆかりの地を訪ねたり水カン縛りのカラオケをしよう!

ライブ現場ではお馴染みポニーさん(Dr.PONYTAIL)の呼びかけで始まった。

昼過ぎに上野公園の西郷さん前に集まった水カンファン十数人。年齢層はバラッバラだけれども水カン好きであることは老いも若きも男も女も天使も悪魔もみな同じ。

ここ上野公園近辺は、MVが撮影された場所が点在している。そのうち「カンフー・レディー」と「ナポレオン」の撮影場所を巡ってみることにした。

「カンフー・レディー」については既に2年前、僕がほぼストーカー的追跡により秒単位で各撮影場所をグーグルマップに落とし込んでいるのでそれを見ながらの聖地巡礼である。

その前にまずはベタに西郷さん前で集合写真を撮り、

水曜日のカンパネラ
道すがら国立西洋美術館の「考える人」像などを芸術的教養溢れるポニーさんによる解説付きで見学したり、ごく一般的な上野観光もちょっとだけする。

水曜日のカンパネラ
最初に目指した場所は公園内のトイレ脇の薄暗い木陰。一見なんでもない場所だが、ここが「カンフー・レディー」の撮影場所のひとつ。


増殖するコムアイさんが歩く印象的なこのシーンを再現してみるのだ。メインのコムアイさん役をヤフオクベイビーことなかむラーちゃんにお願いする。

「もっと右!もうちょい前!」

MVとカメラ画面を交互に確認し、出来るだけ再現度を高める調整がなかなか難しい。その調整&撮影役はだいたいポニーさんとまこたんだった。僕らは大真面目なのだが

水曜日のカンパネラ
傍から見ると怪し過ぎる。アイドルの有料撮影会にしか見えない。


こうして撮ったのがこの動画。

水曜日のカンパネラ
比較。ドンピシャにするのはかなり難しいが楽しいものである。

次に向かったのは鳥居前。


鳥居を背にコムアイさんが踊っているところを再現。ここでも

水曜日のカンパネラ
「結構下から撮ってるんだねー」

などとMV再現へのこだわりを見せて撮影。ローアングルで女の子を狙うオッサン達。やはり怪しい。

水曜日のカンパネラ
どーん。

水曜日のカンパネラ
比較。


続いてはコムアイさんが滑り台やうんていで遊んでいた公園へ。不忍池の脇にあるので池のほうへ歩いていくと、池の周りにはスマホ画面をじーっと見つめている人たちがビッシリといる。観光客とも違う雰囲気を持つこの人たち、怪しすぎる!、と自分らのことは棚に上げていたところ、ポケモンGOをやっている人達であった。この辺はレアポケモンが出る有名スポットらしい。

水曜日のカンパネラ
そんな人たちを掻き分けて公園に到着したポケGOをしないけど一番怪しい集団。なんと、コムアイさんが遊んでいた遊具がない。

「この公園じゃないんじゃない?」

「いや、周りのビルは同じだ。ここで間違いない」

なんと公園がリニューアルされてしまっていたのだ。MVが撮影されたころから既に2年が経っており、時の流れを感じさせられた。

水曜日のカンパネラ
せめて位置だけはほぼ合わせて撮影してみた。

「カンフー・レディー」追っかけの最後の場所は


コムアイさんがストローをくわえて水を出すシーン。

ここは池の水面上に掛かった桟橋のようなデッキなのだけれども、MVとは違い巨大に成長しまくった蓮の葉が邪魔をして、コムアイさんが立っていた場所を特定しにくい。

「ここだ!」

ようやく見つけてみんなに声をかけたら、知らないおじさんがササッと近付いてきて

「ん?なんか出たの?」

ポケモンGOじゃねえよ!

我々は周りの人たちを惑わしたり邪魔したりしないように撮影をしなければならない。

なかむラーちゃんはちゃんと事前に茶店で水とストローを調達していた。定位置に立ってストローをくわえていると、通りすがりのちびっ子が足を止め、

「しゃぼんだましてる」

と、じーっと見つめていたのが可愛かった。


これは没テイクだけども、よく聞くとその「しゃぼんだましてる」の声が拾われていた。

ここでもMVとは若干違いがあり、MVでは遠くにぼんやりと写っている「東天紅」ビルが既に取り壊されていて、

「俺が結婚式を挙げた場所がなくなってしまったー!」

ポニーさんが愕然としていた。


これが完成版。

「カンフー・レディー」はここまで。次は「ナポレオン」の撮影場所探訪へ。このMVに出てくる映画館も既に取り壊されており、諸行無常を感じつつ跡地を通り過ぎて京成上野駅へ。特定係はポニーさんにバトンタッチ。


コムアイさんがコインロッカーに入り、別のロッカーから颯爽と出て来て駐車場でジャンプするまでのシーン。ここでの撮影は大変である。ロッカーのすぐそばに詰め所があり、係のおじさんが常に見張っているのだ。まず許可を取らなければならない。

「すいませんが、こういうビデオの再現をしたくて…」

と説明すると、渋々ながらもOKをいただいたので、ロッカーを壊さないこと、他の利用者や通行人の邪魔にならないよう気を付けて撮影した。

水曜日のカンパネラ
MVを確認しながら細かい演技指導が入る。通りすがりの人達からの「なにやってんだこいつら」みたいな視線が常に付きまとう。


そんな感じで出来た映像。

水曜日のカンパネラ
駐車場で飛び跳ねるシーンは全員が順番で飛び跳ねるところを動画撮影。あまり高くジャンプしないのが似せるコツ。思いっきりジャンプしていたまこたんは

「キノコが出る場所なんだよ!」

スーパーマリオかよ。

それから外に出てコムアイさんが夜の上野の街をさまよい歩くシーンを確認しつつ、我々も同じ道を歩いて行ったところでMVロケ地探訪終了。

やり切った感を味わった我々はアメ横に移動して「魚草」にて立ち飲み。ここはコムアイさんがテレビ番組で訪れていた店である。魚屋だけれども飲み食いも出来る。

水曜日のカンパネラ
ここでめいめい冷酒やビールを飲んだり、カキ・ホタテ・刺身などを食べたりして1時間ほど過ごした。ちょっとしたツマミもうまかった。


酔っ払っててあまり覚えてないのでトリコさんのツイートを引用。

未成年のりょう君は残念ながらウーロン茶一択。未成年に飲酒させたらゲスな大人は活動停止である。ノンアルコールの飲み物がそれしかなく、しかも100円飲み放題ってことで2リットルのペットボトルごとドン!とテーブルに置かれ、そのテキトーさが面白かった。

粋なイケメンの店員さんがコムアイさんのことを知っていて、お店に来た時のことなどを話してくれたがこれもやはりあまり覚えていない。

聖地巡礼はこれぐらいにして、その後はカラオケ。「マリー・アントワネット」ではトリコさんがブルボンのお菓子を投げまくるし、「チュパカブラ」ではなかむラーちゃんが速攻でフロントまで行ってナース服を借り、ナースコスプレして踊っているし、「マッチ売りの少女」ではゆふらてさんがご自分のポイをくるくる回し始めるし芸が細かい。

3時間ぶっ通しで39曲も歌ってしまった。一応セトリは以下の通り。

01.マリー・アントワネット
02.二階堂マリ
03.シャクシャイン
04.モスラ
05.ミツコ
06.メデューサ
07.ラオウ
08.千利休
09.ナポレオン
10.パフ
11.猪八戒
12.ツチノコ
13.アリババ神帝
14.カンフー・レディー
15.素子
16.ツイッギー
17.デーメーテール
18.竹久夢二
19.シャクシャイン
20.ライト兄弟
21.雪男イエティ
22.ディアブロ
23.ラー
24.桃太郎
25.星一徹
26.お七
27.テンテン
28.ユニコ
29.マッチ売りの少女
30.シャア
31.ツイッギー
32.モノポリー
33.小野妹子
34.チュパカブラ
35.フェニックス
36.ランボー
37.インカ
38.不二子
39.ドラキュラ

上野なのにニキータ歌うの忘れた。

「ちいすたろかー」

最後はお約束「ドラキュラ」で締め、居酒屋に場所を移しおつかれーさまー。どんなことを話したかは酔っ払ったのでやはり忘れてしまったがえらい楽しかった。最後はアメ横でみんなで写真を撮ってお開き。

水カン好きが集まって水カンネタで夜までひたすら楽しかったこの集い。上野だけに

西郷 THE NIGHT。

なんちて。

【参加メンバー】五十音順 敬称略

あかさわ(@TkOfqq)
梶りん(@kajilin)
小鳥山いん子(@ladyparakeet)
しか野(@marzpark)
Dr.PONYTAIL(@DrPONYTAIL19673)
tolico(@tolicoCooking)
なかむラー(@omaturi_NA_A)
まこたん(@McKORMACK)
むむむ!(@yam_at_ak)
ゆふらて(@euphratex)
ヨシヨシ(@yoshikata_naoki)
りょう(@Tigers0703)
りょうた(@0216Kawai)
ワカケまゆみ(@mmayumino1)

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2016-09-18(Sun)

水曜日のカンパネラ「「uP!!!NEXT~水曜日のカンパネラ FREE LAGOOOOOON!!!~」 2016.09.16 お台場 潮風公園

お台場・潮風公園での野外フリーライブ。

めちゃくちゃ早くから会場に来ていた人によると、コムアイさんが公園内でポケモンGOをやりながら歩いていたという。この公園は珍しいポケモンが出るらしい。公園を歩いてるコムアイさんの方が余程レアな存在だけど。

そんな話を聞いていたのでケンモチさんが公園にいらっしゃるのを発見した時は、つい、超レアキャラを見つけたノリで

「ケンモチさんだー!ケンモチGO!」

スマホでモンスターボールを投げるスワイプをしまくりながらがっついてしまった。ケンモチさんは

「ひゅひゅひゅひゅ」

体を丸めてポケモンボールに入れられたフリをしてくれた。いいお人であり大変失礼いたしました。

水曜日のカンパネラ
開場時間になるとすっかり外は暗くなり、

水曜日のカンパネラ
会場内にはステージ左側に物販用のテント。そしてカレーメシのステージがあり、カレーメシ2くんや新デザインのカレーメシくんが観客と一緒に写真を撮っていたりカレーメシを配っていたりとほのぼのとしていた。

昼間は雨が降ったり止んだりだった天気もライブが始まる時間には大きな月がぼうっと空に浮かんでいた。

突然、サイレンの音が聞こえたかと思うと救急車が走って来て観客エリア後方に停車した。病人でも出たのかと思ったら

「カモンエビバーディー」

「チュパカブラ」が始まるではないか。救急車の中でコムアイさんが歌っているではないか!いつも以上にとんでもないサプライズなライブの始まりである。その姿がステージ両脇のスクリーンに映し出され、やがて救急車から出て来たコムアイさんはストレッチャーに乗せられたまま観客ゾーン中央の通路を通ってステージへ上った。

するとすさかず「シャクシャイン」。今度はスクリーンに北海道の難解地名がばんばん映し出され、「踊る準備はできてるー?」と客を煽りまる。

観客は4,000人集まったという。ぶわーっと広がる人の海がスクリーンに映し出され、コムアイさんも

「こんなに埋まるとは思わなかった!」

と感嘆しつつも

「まあ来るよね。無料だからね」

ニヤリとしていた。で、先に重要な告知をします、として今年後半のツアー開催を発表。もう翌日から先行予約開始だという。展開早い。

それからは

「いい湯っだーね」

「いい湯だね!」

のコールアンドレスポンス練習タイムからの「ディアブロ」。いつもならここでノンストップで「桃太郎」に繋がるのがよくあるパターンだけれども、今日はなんと「ミツコ」。

昔は必ずと言っていいほどライブで演じられていた曲で、ライブで聴くのは久しぶりである。以前からの変わらない独特な振り付けもあるけれども、今の方がずっと妖艶になっている。

「ミツコ」に続いては「ウランちゃん」。発狂系のジュークミュージックでイカがのたうち回っているみたいに踊っていると照明が暗くなって今度はなんと「モスラ」。

「ミツコ」より古い曲で、よくライブハウスでは照明を落として真っ暗にし、懐中電灯で顔を照らしながら客席を徘徊しながら歌っていたものである。今日もそれと全く同じことをしていた。

あの頃から比べると会場のキャパも観客数も知名度も実力もとんでもなく膨らんでいて驚かざるを得ない。GO!GO!ポケモンGO!じゃなくて白川郷。

客席の周囲を歩いて行くコムアイさんに、観客がハイタッチしようとキャアキャア手を伸ばすさまはまるでお相撲さんの花道のようである。つばさ部屋コシミサキ関。

コムアイさんは物販テント内まで辿り着いてそこでしばらく歌い、それからカレーメシステージに登った。ここで歌うのはもちろんタイアップ曲「ラー」である。カレーメシくん一族と共に、歌いながらカレーメシを観客に投げまくった。

水曜日のカンパネラ
ラッキーなことに僕も一個ゲット。

カレーメシを手にしながらコムアイさんは思い出したように語る。初めて行ったライブはaikoさんのフリーライブで、そこでaikoさんが「お~いお茶が好きだ」と言ったらお客さん全員に配られたそうだ。まさか10年も経たないうちに自分がそっち側にいて、カレーメシを配ってるとは…人生分からないものですね、と。

次の曲の準備に…とコムアイさんは

「みんな、ケータイのライトを点けてこっちに当ててもらっていいですか?」

頭の上にミラーボールをかぶる。なるほどライトが当たるとキラキラと輝く。僕もスマホを出してライトを当ててみる…。

水曜日のカンパネラ
あっ。間違えて写真を撮ってしまっても…無理はないな!

「すごいキレイ。みんなも後ろを見てみて」

とコムアイさんが言うので振り返ってみると、スマホのライトが星のように無数に光っていてホントにキレイだった。

コムアイさんは頭上をキラキラさせながら「メデューサ」を歌い、今度は客席の間の横の花道を突っ切って反対側の右サイドへ。

そこには高所作業車があって、コムアイさんが作業台に乗るとクレーンがぐんぐん高く伸びて行き、高いところから「雪男イエティ」。飾り付けのハート形の銀色のバルーンをいっこずつ下に落としながら歌う。

ステージに戻って来てからの「マッチ売りの少女」では、LEDによって松明かと思うような輝きを見せる「ポイ」を操るパフォーマーの方々が現れ、ポイを組み合わせて様々な光り輝く模様にしたり回転させると水カンのロゴが浮かんで来たり、とても綺麗で溜め息が漏れていた。

ライブもいつの間にか終盤戦。

「気付いたらなんと次が最後の2曲で…」

えー、と名残惜しむ観客に

「今回は予算を大幅にオーバーしていろいろやらせていただいたので」

「こんなすごいステージも用意してもらったのに実際使ったのは15分ぐらいで」

ライブの規模の大きさをアピールし、笑いも誘う。ホントに縦横無尽に駆け回っていて、定位置というものがなかった。次も無料で出来るかどうか分からないけど、このライブは恒例化したいという。

最後の2曲のうち、1曲は新曲の「松尾芭蕉」ここでもポイパフォーマーの皆さんとコムアイさんの素晴らしい光とダンスのパフォーマンス。僕がいた角度からは見えなかったが「水曜日のカンパネラ」の光の文字が浮き上がったらしい。

2曲目は「桃太郎」

「渡されたのは潮風公園名物、ポケモンGO!ピカチュウうううう!」

コムアイさんはピカチュウの被り物をぶん投げた。ポケモンGOにはまっているのは分かったけど、なんでそんなもの持ってるんだ。

水曜日のカンパネラ
あまり関係ないが、そういえば昔、ポケモン好きの子供のためにムチャブリしてこんなサインを描いてもらったっけ…。

そして定番のウォーターボール登場。コムアイさんは中に入ってお客の上ドンブラコと転がってゆく…が、今回は一定のところから殆ど動かず。キャアアアアとか悲鳴も聞こえて来て、どうやら真下のお客さん達が倒れてしまった模様。

コムアイさんも「大丈夫?」と心配顔だったが、みんな立ち上がれたらしく、それを確認してから

「会場ぜんぶ回る予定だったけど、出来なかったからもう一曲やります」

とのことで本当に最後の曲「ドラキュラ」。お客さんのところをぐるっと回りながら「血ぃ吸うたろかー」とみんなで合唱してライブは終了した。

ワンマンライブ並みの素晴らしいパフォーマンスと多彩な演出で、まったく飽きることのない内容であった。次のツアーは絶対この内容を超えるものを用意してくるはずだろうし、今からすごい楽しみになってしまった。

フリーライブなのにこんな凄いものを観させてもらって、

モウケモンGO!なんちて。

【セットリスト】

01.チュパカブラ
02.シャクシャイン
03.ディアブロ
04.ミツコ
05.ウランちゃん
06.モスラ
07.ラー
08.メデューサ
09.雪男イエティ
10.マッチ売りの少女
11.松尾芭蕉
12.桃太郎
13.ドラキュラ

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2016-07-20(Wed)

水曜日のカンパネラ「ワンマンライブ2016“未確認ツアー”」宇治 黄檗山萬福寺 2016.07.18

水曜日のカンパネラ「未確認ツアー」、最後の地は京都府宇治市の黄檗山萬福寺。おうばくざんまんぷくじ。読めなかった。

ここは明の高僧・隠元隆琦が日本に招かれて開いた寺で、今でも中国様式が色濃く残るお寺である。もちろんライブハウスなどではないが広大な敷地を誇る。

コムアイさんによるとここでライブを行なうきっかけは、このお寺は華僑の檀家が多く、彼らが行う祭典がとても華やかで、こんなライブをしてみたい、と思ったことにあるという。

僕は午前10時ごろに京都に着き、京都の市内で水カンと繋がりがありそうな地をいくつか訪れていた。

水曜日のカンパネラ
まずセカンドアルバム「羅生門」にちなみ羅城門跡地。昔物販で買った「羅生門」とデカデカとプリントされたTシャツを着ており、通りすがる地元民から

「こいつ、『門マニア』じゃね?」

とか思われていやしないか恥ずかしかった。

水曜日のカンパネラ
次に「義経」ゆかりの地、五条大橋。へーちゃみへーちゃみ。なんでちんちん丸出しなんだろう。

そんなことをしていたら現地到着が14時ごろになってしまった。それでも物販開始は15時からだから余裕だろ…と思ったら既に物販待ちで並んでいる人達が多数おり、大人気で超品薄のポーチはこの日も20個もないんじゃないかと言われていたので涙を飲んで諦め、近くのローソンでお酒を買ってエナジーチャージをした。

水曜日のカンパネラ
ライブ開始前物販のにぎわい。

物販後は拝観料600円を払い、リストバンドを貰って「三門」をくぐり、境内の奥へ。ライブハウスのワンドリンクみたいなもんだ。ちょうど値段もシンクロしていてなんとなく面白い。

16時の開場時間まで境内の定められたエリアでウロウロして過ごす。

水曜日のカンパネラ
雪男イエティと遭遇したり、運が良かった人は30代クリエイターK氏(コムアイさんの同棲相手ではない。ていうかケンモチさん)に遭遇したり、開演前からUMAが徘徊していた。

水曜日のカンパネラ
16時過ぎ、開場。コムアイさん曰く「エロ目」という布袋さまが祀られている「天王殿」の先で

水曜日のカンパネラ
「大雄宝殿」(本堂)の前にある月台を利用したステージが設けられていた。中央には花道もあった(画像はライブ後のもの)。

ライブは例によって押した。今回は30分。時間のわりにあまり待たされている気がしなかったのは荘厳な寺院にいる非日常感と、周囲の森林の緑と蝉の声によるのどかさによるものだろうか。

やがてぶおいいいん、と「ラー」のイントロが響き渡り、

「お待たせしましたー!」

観客エリアの左後方から移動式の櫓みたいなのに乗ってコムアイさん登場。カレーメシ君も一緒だ。歌いつつ太鼓をズンドコ叩きステージに降り立つと、すぐさま「シャクシャイン」に繋ぐ。北海道難解地名のリズミカルなラップにトライバルなドラムンベース。寺だけにいっそのこと木魚叩きまくってくれないかなと思った。

「1,500人だって。けっこう余裕で入ったねー。」

ひと息ついて挨拶。かなりの暑さと人の多さなのにこれ以上湯気出してどうすんだっていうのもありますが…としながらも

「温泉は好きですか!」

おなじみ「ディアブロ」のコールアンドレスポンスの練習。

「いえーい!」

と我々が答えると

「本当に温泉が好きかどうかは聞いてないんで。全員が応えやすいやつを敢えて聞いてるんで」

とにかくコールしたらレスポンスしろ的な指導で「ディアブロ」。萬福寺付近の住人も呼んでいるらしい。周囲は普通の住宅街なので近隣との調整をしっかりしたのであろう。

ノンストップで「小野妹子」。コムアイさんが歌い、踊りまっていると、大雄宝殿の中から僧侶が8人ゾロゾロと現れた!ビシッと袈裟を着用しながら、ある僧侶は恥ずかしそうに、別の僧侶はノリノリに、それぞれコムアイさんのフリを真似しながらパフォーマンスしているではないか。花道にまでもゾロゾロとやって来てまるで「ぶっちゃけ寺」状態。

「雪男イエティ」では先程のイエティと、先日都内を練り歩いた際のと同じイエティ2匹が現れ、更にステージから巨大な風船が投げ込まれた。しかし松の木が多いものだから松の葉が刺さって速攻でボウンと割れてしまっていた。

一旦ステージ後ろに引っ込んだコムアイさん。しかし「フェニックス」の曲と共にすぐに戻って来た。新木場でも見せたモリゾー・キッコロみたいな緑の「さなぎ」。

「だいじょうぶっきょうー!」

と叫んでからさなぎを脱ぎ捨て、背中から現われ広がったのはフェニックスの羽根。

水曜日のカンパネラ
花道をすたこらと通り過ぎて蓮の花フロートに乗り、我々観客の間を漂った。その速度が結構速くて驚いた。

「やること多過ぎて頭がパンクしそう。まだ半分もやってないのに」

としながらも告知を。まずはインタビューやラブドールとの記事、「人拓」などが載った雑誌「Rolling Stone 日本版」を見せ、次は同棲生活をすっぱ抜かれてしまった「フライデー」も見せて記事を読み始めてしまった。読むと溜め息が出るのか、「ぶふー」というマイクに息が当たる音も。

「彼女は現在30代のクリエイター(イベント制作スタッフ)と同棲生活を送っている…。イベント制作スタッフってことはライブ作ってるチーム今日全員ここにいるんで俺だって人は来て下さい!」

などと言い、また、コムアイさんがからあげくんレッドを頬張っている姿を隠し撮りされた写真は、仕込みじゃないかってぐらいとても可愛いのだけれども

「これステッカーにしてみんなにお配りしますので」

とのことなので楽しみにしたい。そして

「ここに書いてあることはすべて事実です!」

と自ら証明してしまい、「日本一美しいリアル人妻『恥じらいのヘアヌード』」並木塔子さん35歳のエッチなページに

「並木塔子」

とサインし放り投げて観客にプレゼントしてしまっていた。

「私生活も確認済みになったってことで…謝りませんけど応援してください…がんばろっ。恋愛もがんばろっ」

と自分を励ましつつ「チュパカブラ」。新木場のライブでも登場したお色気美人ナースがちょうど僕のすぐそばに現れ、艶めかしく踊りまくる。僕のそばにいたお兄さんの腕に注射を打つフリをしており僕も注射されたい。

また、変な格好のカメラマンおじさんも現れてナースと共にステージに上がり大暴れ。そこから「ウランちゃん」「バク」の連続レイヴ曲。お寺の境内の野外レイヴなんてそうそうない。特に「バク」では巨大な白い布が現れて、四隅を4人の黒子(うちひとりはDir.Fさん)がそれぞれ長い棒で支えて掲げ、その布にコムアイさんが絡みながら踊り、寺の荘厳さと音楽の発狂さとコムアイさんの妖艶さがごった煮になってゆく。

「バク」がフェードアウトしてゆくと、少し間をおいて場をクールダウンするかのようにぴちょんぴちょんと水の気配。「ユタ」である。仏教とは別系統のシャーマニズムの歌が寺の真ん中で響き渡るというミスマッチが面白かった。

コムアイさんはこのお寺の簡単な説明もする。先程書いたように中国の影響が色濃く残っているお寺なので、ラストエンペラーみたいなステージにしたかったという。

続いて「猪八戒」。先程イエティ役だった男性が三蔵法師のコスプレをして現われ、ATフィールドの青木さんは沙悟浄の格好をして登場。その衣装を一枚脱ぐと

「アディダスじゃなくて、カッパです!」

ちゃんとKappaのジャージを着こんでいた。コムアイさんもいつのまにかブタ鼻をしていて、曲中にきゅうりを客席に投げ込むわ最後はブタ鼻も放り投げるわでチェケラッチョ。

一転、もののあはれ的な「ユニコ」が周囲の風景と見事にマッチして本当に泣けた。大雄宝殿の雄大さと山の緑、黄昏時になりかけのちょっとだけ寂しくなった日差しに、コムアイさんの伸びやかな歌声とオケの人懐こいギターのメロディが溶け込んでゆく…。

と思ったら間髪置かずに「ツチノコ」。いつの間にか篝火が灯っていた。コムアイさんはMVと同じように花束を情熱的に歌い踊った。花束は最後に松明に投げ入れられ、あっという間に燃えて消えた。

「桃太郎」では木やら障害物が多くて危ないんじゃないかと思われたけれども、やっぱりやった、エアボールでのクラウドサーフ。透明な大きなエアボールの中にコムアイさんが入って、慎重にステージからフロアの海へドンブラコ。

実はこの曲が最後の予定だったらしいが、やっぱ少なすぎるよね、ということでボールに入ったまま「ドラキュラ」。

「このまま楽屋まで行くわ!」

などと叫び、再び観客の海に飛び込みドンブラコしながら歌った。最後は今日登場した雪男やらナースやらカメラマンやらカレーメシ君やらが大集合。ケンモチさんもステージに現れて手を振って挨拶をし、みんな揃ってフィナーレ。

全国を駆け抜けた「未確認ツアー」。僕は最初の新木場と最後のココの2回だけ観が。セットリストはほぼ同じだが、ココだけでしか出来ない、というライブをその都度やっていてとても楽しかった。コムアイさんは

「大カラオケ大会」

などと自虐的に言っていたが、次のワンマンライブでは更に箱が大きくなるだろうが、それでも我々を魅了する新しいライブを作ってくれるに違いない。

でもお寺のライブはもう一度体験してみたい。お寺の空間の中にコムアイさんが美しく溶け込んだ世界が素晴らしかった。

ホントにホントにホントにホントにコムアイだ〜♪
近すぎちゃってどうしよう♪
可愛くって、どうしよう♪

宇治〜ミサキパーク!

なんちて。

【セットリスト】

01.ラー
02.シャクシャイン
03.ディアブロ
04.小野妹子
05.雪男イエティ
06.フェニックス
07.チュパカブラ
08.ウランちゃん
09.バク
10.ユタ
11.猪八戒
12.ユニコ
13.ツチノコ
14.桃太郎
15.ドラキュラ

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog