2021-10-10(Sun)

水曜日のカンパネラ「P.O.N.D. OPENINGPARTY」渋谷PARCO 2021.10.08ライブレポ―ト

まさかまた水曜日のカンパネラのライブを観られるとは思っていなかった。

ここ数年主演・歌唱のコムアイさんが水曜日のカンパネラ本体より他のユニットやコラボなどでの活動が目立っており、解散とまではいかないがこのままズルズルと開店休業状態が続くのだろうかと思っていたがこのたびコムアイさんが正式に脱退、詩羽ちゃんというハタチの女の子に二代目の白羽の矢が当たり新たな展開を示した。

古くからのファンとしては複雑な思いがあるがポジティブに受け止めたい。

新体制となった初ライブは渋谷パルコ10Fのイベントスペース。20:15ぐらいから。

水曜日のカンパネラ
いきなり新曲の「アリス」のイントロと共に颯爽とステージに現れた詩羽ちゃんは堂々とパフォーマンスを始め、

「みなさん初めましてこんにちは、水曜日のカンパネラの詩羽です。今日は盛り上がっていってくださーい!」

めちゃくちゃキュートな笑顔とピースサインで観客に声をかけた。更にサウンドプロデューサー・ケンモチヒデフミによるこれぞ水カンという音色にたちまち心を奪われてしまった。

「アリス」とはアリス・クーパー…じゃなかった不思議の国のアリスをモチーフにした曲。

「大きくなったり。小さくもなったり」

水曜日のカンパネラ
と歌っていたがその通り見た目はちょっと小さめの詩羽ちゃんが時々大きく見えたりで圧巻のパフォーマンス。

2曲目はなんと「シャクシャイン」。水カンの曲の中でライムがこれでもかというくらいびっしり詰まっている最難関曲であるが詩羽ちゃんは相当鍛えていたと見え淀みなくこなす。ここで「継ぐのは私だ」という強烈なアピールを受け止めた。

3曲目は銭湯の歌「ディアブロ」。かつてコムアイさんが

「いい湯だね!」

と呼びかけ

「いい湯だね!」

と観客が答えるコールアンドレスポンスはこのご時世なので観客は手を挙げてレスポンス。

「らららー」

というコーラスの声はまだコムアイさんのものだったが、このコールアンドレスポンスといい湯気を現す腕を上げてゆらゆらと揺らすパフォーマンスもまた懐かしい限り。

4曲目はまたも新曲「バッキンガム」。世田谷区にある「給田(きゅうでん)」という地名を「宮殿」にかけた曲。「シャクシャイン」ばりに世界中の宮殿の名前の羅列の読み上げたり

「給食のきゅうー、田園のでんー」

などというひたすらどうでもいい歌詞なのに詩羽ちゃんのパフォーマンスとケンモチヒデフミサウンドによる魔術で何故かめちゃくちゃエモい。これぞ水曜日のカンパネラ。これが観たかった。

5曲目が「桃太郎」。水カンの看板曲であるがこれも見事にこなし、コムアイさんがやらなくなってから久しい

水曜日のカンパネラ
きっ

水曜日のカンパネラ
びっ

水曜日のカンパネラ
だーん

懐かしの卓球の三角打法をイメージした振りも復活。それに観客スペースに割って入りステッカーを配るというこれもコムアイさんの十八番を受け継ぐようなライブパフォーマンス。但し事前に

「ステッカーを配りますけど喋らないのと人と人との間隔を空けておいて下さいネ」

とコロナ対策をアナウンスするのが今風であった。

水曜日のカンパネラ
いただいたステッカー。もう1種類あるらしい。

水曜日のカンパネラ
裏面。ライブ後サイン貰ってしまったり。

最後の曲は「一休さん」。ああ、この曲でライブの終わりをしみじみ感じたものだなあ…とまた懐かしさに浸りつつライブは終わった。

コムアイさん時代を振り返りつつ詩羽ちゃんの新しいパフォーマンスを楽しむ、クロスオーバーなライブであった。

シャクシャインやディアブロ、桃太郎等の既存曲のコーラス部分が未だコムアイさんの声であり、本来は替えるべきなのだろうが、ケンモチさんによると今回は時間がなかったらしい。しかし詩羽ちゃんとコムアイさんの声が重なり合うところがまるでDJプレイの繋ぎのようであり、前の曲と次の曲が重なり合う心地よさがコムアイさんから詩羽ちゃんへ繋がることを現しているようでたまらなく良い声の混じり合いであった。

水曜日のカンパネラ
ライブ後の詩羽ちゃん。めちゃくちゃ明るくてライブを演じ切った感。

詩が羽を持ったように舞う、良いライブであった。なんちて。

【セットリスト】

1.アリス
2.シャクシャイン
3.ディアブロ
4.バッキンガム
5.桃太郎
6.一休さん

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
↓ツイッターでこの記事を紹介してみる

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

Powered by FC2 Blog