2020-07-03(Fri)

栃木県那須塩原市黒磯遊郭跡地を歩く

栃木県最北の市、那須塩原市。

市内の黒磯駅の近くにかつて遊郭があった。

黒磯の街は1886(明治19)年に東北本線が黒磯まで開通し、黒磯駅が開業してから急速に発展した。

そして1899(明治32)年9月、栃木県令60号「遊郭設置規定」により黒磯も遊郭を設置していいよ、という指定を受け、住民の反対もあったが1904(明治37)年より前には出来ていたようである。この年の5月に日露戦争中の戦捷をお祝いする提灯行列をした際、小学生達を引率した教員が何故か遊郭内をくまなく一周したことが発覚し、なんたる不埒で非常識な教員だ!と問題になった、という記録が残っている。

黒磯遊郭
場所はおおよそこのあたり。黒磯駅から徒歩10分ほど。駅前通りを歩くと黒磯市街を南北に走る旧国道4号にぶつかる。そのすぐ近くから東西に走るのが新地仲町通り。遊郭を表す「新地」の名前が残っている通りだ。その奥の方に遊郭はあった。

黒磯遊郭
「黒磯市誌」より。遊郭の位置が分かる図

黒磯遊郭
横断歩道がある交差点を中心としたエリアが遊郭だった。右側手前の道路が少し太くなっているところあたりからがそうだろうか。栃木県の遊廓設置規定では遊郭の道路は5間(約9m)以上なければならない、と定められており、遊郭跡地の道路は今でも不自然なほど広いまま残っていることが多い。

貸座敷(妓楼)は最大で4軒。分かっている範囲では以下の通り

1914(大正4)年 寳來楼、松風楼、高橋楼、荒川楼

1918(大正7)年 寳來楼、松風楼、高橋楼、第一井開楼

また、昭和の時代になると「荒井楼」という妓楼も出てくる。

黒磯遊郭

黒磯遊郭

黒磯遊郭

黒磯遊郭
交差点の南西の角にある赤い屋根や蔵、レンガの壁が非常に美しい建物。

黒磯遊郭
郵便受けも素敵。この建物こそが元妓楼、いや、元妓楼ではないだろうが遊郭経営者の子孫の方々が暮していたものと考える。

少なくとも寶来楼があった場所であることは確実である。

1970年代の住宅地図にはこの建物に寳來楼楼主と同じ苗字の名前が記載されている。加えて「宝経営事務所」という事務所を営んでおり、宝とは「寳(宝)來楼」の宝ではないだろうか。

黒磯遊郭

黒磯遊郭
屋根と蔵には「寶」の文字が残っている。

黒磯遊郭
蔦に覆われて分かりにくいがこちらの蔵にも「寶」。

黒磯遊郭
電柱に残る「新地」の文字。

黒磯遊郭
「寶」と「新地」とのツーショット。

黒磯遊郭
この建物の向かい側のお宅の前にこのような石碑があった。こちらの面には「道路修繕寄付芳名」と刻まれており、

黒磯遊郭
この面には「発起者」として7人の名前が刻まれており、このうち右4人は妓楼楼主である。残念ながら年代は分からなかったが、この石碑は遊郭関係者が中心となって遊郭の道路を修繕した記念なのである。

ここで得た推測や疑問が少しでも分かればと思い、程近い黒磯郷土館を訪ね

「この辺に遊郭があったとのことですが」

と係員さんに聞いてみたところ

「えーっ初耳です!私、関西の出なもんですから…」

ガビーン。遊郭探訪はここで終了とし、飯を食べることにした。

黒磯遊郭
寶来楼の宝繋がりで餃子の「たから」(亀と書いてたからと読む)に!と思ったら

黒磯遊郭
お休み。ガビーン。黒磯探訪を続けることにした。

黒磯遊郭
新地通り近辺には盛り場の名残りだろうか、スナック長屋をいくつか見ることが出来る。この真ん中を通り抜けて振り返ると…

黒磯遊郭
「終着駅」がある。関東の北の果て、まさに宇都宮線の終着駅黒磯の場末に流れ着いた自分に身が千切れるような切ない旅情を感じてしまった。ここに流れ着いたまま酔い潰れるのもいいかもしれない。

黒磯遊郭
丸大横丁のスナック看板。

黒磯遊郭
ひとつ脱落している物悲しさよ。

黒磯遊郭
丸大横丁の全貌。角が取れた窓枠とクレオパトラが素晴らし過ぎる。

黒磯遊郭
通り抜けにピアノが放置されていた。かわいそうに。

黒磯遊郭
通り抜けの先は駐車場。

黒磯遊郭
その隣にとても年季の入った家が。「荻野荘」と看板が出ていた。昔のアパートだろうか。

黒磯遊郭
ハイセンスなお店。

黒磯遊郭
生田絵梨花嬢。かわいかったのでつい撮ってしまった。

黒磯遊郭
東京以外にもあった三軒茶屋。

黒磯遊郭
黒磯市街から少し離れた場所にある「ホテル不夜城」跡。

黒磯遊郭
「フロントにて受付をして下さい」という看板と

黒磯遊郭
空室満室を示すパネル。

黒磯遊郭
案内図。丸いポッチが点滅して部屋の空室満室を案内していたのではないだろうか。

黒磯遊郭
フロント。

黒磯遊郭
鬱蒼とした草木が来る者を拒む。ホテルでもなく城でもなくちょんの間みたいな…。ひと部屋だけ失礼して中を見せてもらったが、ドアを開けた途端虫がボトボト落ちて来たのでヒイイイイと撤収した。

黒磯遊郭

黒磯遊郭
黒磯で食べそこなった餃子は宇都宮の「みんみん」にてようやくありついた。黒磯の仇を宇都宮で。

くろうして いそいそ食べる 餃子かな

なんちて。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

Powered by FC2 Blog