2019-04-05(Fri)

ディープ大久保

昨日の日記の続き。

新宿アルタ前にて僕の弟から卒業祝いとしてiPhoneをもらった娘・R(中三)。

「スマホケースはTWICEとかBTSのにしたいんだよね」

と上機嫌である。Rは韓流アーティストが大好きだ。韓流といえば新大久保。韓流グッズがそこらじゅうで売っている。ここから歌舞伎町を抜けると辿り着く。歩くと20分ぐらいかかるが、それぐらい父とデートしてもらっても罰は当たらないだろう…と、

「今から見に行く?」

「行く!」

わりと乗り気だったのでアルタから新大久保目指してレッツラゴー。アルタの横の道を、カットフルーツをガツガツ食う観光客であふれる百果園を横に見ながら歩き、靖国通りで信号待ち。

「あそこにゴジラがいるぞ」

東宝シネマズの上にいるゴジラを教えてやると

「うっそ!すごい!でかい!爪だけでウチの5人分ぐらいなくない?」

ベタなスポットなのにものすごい新鮮な反応でかわいかった。夜はいかがわしい歌舞伎町も、昼間は夜の化粧が落ちてすっぴんになったおばさんの顔のようなただの汚い街なのでRと歩いても大丈夫である

そこを越えると街の顔がガラッと変わり、そこらじゅう韓流だらけの新大久保エリアになる。すぐ目に付いたのが新大久保に何店舗あるんだよ、ってぐらいたくさんある「ジョンノホットク」。

「あっハットグ屋さんだ!」

「食べる?」

「食べる!」

ハットグ
Rの目がギラついていたのでチーズハットグを買う。韓国式のホットドッグで食べると中のチーズがニョーンと伸びるアレである。

「これ食べたかったのだ。おいしーうれしいー」

揚げ物アンドチーズなのでかなり重かったがRはご満悦だ。店先で食べていると韓国アイドルらしきイケメングループがライブのチラシを配りながら歩いていた。すぐそばにライブハウスがあるのだ。イケメンのひとりがRにも1枚渡すと

「すげーかっこいー。新大久保すごい」

目がハートになっていた。僕にはくれなかったのは何故だろうか。

その後韓流グッズのショップを何店か回るとすごい目を輝かせており

「あー最高に幸せなのだ」

なんか、連れてきてよかったと僕の目も熱くなった。結局迷いまくって何も買えなかったのだが、いろいろ見れただけで満足だったようだ。

「じゃあ帰るか」

「うん」

「途中でデパ地下寄ってYっちゃん(弟のこと)にお礼の菓子折り買うぞ」

と僕が言うと

「だったらYっちゃんに会う前に買って、会った時に渡せばよかったじゃん!」

このダメ親父!ぐらいの勢いでRが罵るので

「これから用があるんだから荷物になったら悪いだろ。買ってそのまま栃木に送るんだよ」

「あ、そ」

ツンとしてしまったRと某デパ地下へ。て何にすんべか、和菓子洋菓子だがしかし、と迷っていたら

「わたしが選ぶ!血の繋がりでYっちゃんが何が食べたいか、わたしには分かるのだ!」

また妙にテンションが高くなったRが選んだのは煎餅だった。確かに弟は子供の頃煎餅を呪われたようによく食べていたのでなかなかいい選択だと思ったのでそれにした。

Rが韓流が大好きなのは知っていたが、ちょっと思い付きで歩いただけの新大久保がこれだけRのツボだとは思わず、嬉しそうな顔と一緒にハットグを食べた思い出は一生忘れない。もうふたりで遊ぶことなんてないだろうし。

嬉しいので一曲歌います。

ハットしてグー。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

進小久保

おはようございます。
真小久保で娘さんとのデートを楽しまれたようですね。
韓流好きな娘さん、とても喜ばれたようですね。(^^)

コメントありがとうございます。
新大久保には娘と同じ年ぐらいの女の子達がたくさんいましたが、みんな友達や彼氏っぽい人達と一緒にいて、オヤジと娘というのはウチぐらいで気の毒に思いましたが、あんまり気にしない、もしくは気にしないふりをしてくれてるのかなーと思いました。
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

Powered by FC2 Blog