2017-11-03(Fri)

栃木県黒羽遊郭跡地を歩く。

栃木県大田原市の黒羽。

東北本線西那須野駅からバスで東へ40分ほど揺られていると到着する。明治維新まで続いた大関氏による黒羽藩の城下町として、また那珂川の水運の拠点として栄えた。

「全国遊廓案内」(1930年)には「黒羽村遊廓」についての記載があり、

『山中に在る。ぽつりんとした小さな村であるが、隣の川西町と共に那珂川の上流河畔に望んで水運の便があるので、之の町には相当に近在の人々が集って来るので、現在では遊楼が四軒、娼妓は約二十人程居る。御定まりは二円位で酒肴が付いて一泊出来る。二円以上三円、四円五十銭と費用は客の任意であるが、特に本部屋としての設備がない様である。遊興は東京式廻し制、店は重に陰店を張っている。娼妓は全部居稼ぎ制である。』

とある。「ぽつりん」というのがカワイイ。

明治時代の小説家、押川春浪の「本州横断 癇癪徒歩旅行」には、水戸から黒羽に寄る途中、八溝山に登った際、廃殿に

『明治43年10月20日、黒羽町万盛楼の娼妓小万、男と共に逃亡、この山奥に逃込みし、捜索のため云々…』

という落書きがあったと記されている。また、遊郭と背中合わせに「曖昧屋」(表向きは旅館だったり料理屋だったりするけれども、お相手する女性がスタンバってて売春をする非合法な店。ちなみに遊郭は合法。)があったとも。

遊郭は黒羽の街の中心から北の方、現在の住所では栃木県大田原市前田にあった。



「下野新聞」によると遊郭の開業は1902(明治35)年1月25日と記されている。開業時は井開楼という名前の妓楼(貸座敷)が1戸、娼妓4名、藝妓2名、半玉(はんぎょく:まだ年少の藝者)1名で始まり、その年5月に萬盛楼が開業、その後奈良楼と富貴楼が加わり最大4軒の妓楼があった。

現在の様子は以下の通り。当時の痕跡は全くなかった。

黒羽遊郭
遊郭の西側から東方面を撮る。

黒羽遊郭
東側から西を。

黒羽遊郭
辛うじて電柱に「新地」とあったのが遊郭(新地)の名残りといえるかもしれない。

黒羽遊郭
この廃屋の向かって右側は民家の駐車場になっているが、40年ほど前の住宅地図を見てみるとここには「大塚○兵衛」さんという方の家があったようである。この名前は4妓楼のうちのひとつの主人の名前と「○」のところを除いて一致しており、ここに4軒の妓楼のうちのひとつがあったと考えたい。

黒羽遊郭
なんとなく2階部分が気になった民家。

黒羽遊郭
屋根が素敵な民家。

黒羽遊郭

黒羽遊郭
山と川に挟まれてぽつりんとした黒羽の街並み。

黒羽遊郭
中世の西洋では理容師と医師は同じであったことを思い起こさせる床屋跡。

黒羽遊郭
人見さんという家が多かった。

黒羽遊郭
北朝鮮ぽいパチンコ屋(?)の廃墟。

遊郭跡地を歩いている間は誰一人として遭遇せず静かすぎた。風景もこれまた寂し過ぎるので、遊郭があった頃のアグレッシブでドタバタな話をひとつ紹介し、遊郭があった頃の賑やかさを想像しながらこの記事を終えようと思う。出典は1914(大正3)年4月5日の「下野新聞」。

1.黒羽遊郭井開楼の娼妓(娼婦・女郎のこと)、源氏名(風俗業界ネーム)操さんは、誓紙を交わして結婚の約束をするほどラブラブな男がいた。

2.ところが操さんの知らぬ間に男は別の女とくっついて結婚式を挙げているではないか!

3.操さん、ブチ切れて結婚式現場に怒鳴り込み。

4.しかし男と嫁、およびその親族のガードが固かったのか全く相手にされず。

5.すごすご帰るところをポリスに見つかり怒られちょっと罰金も取られてしまった、とのことでしたとさ。

以上、操さんにとっては気の毒な結末に。貸座敷所属の娼妓は勝手に遊郭の外に出ることが許されなかったのである。いつの世も男と女は騙し騙されである。

原文は以下の通り。

『女郎怒鳴込む

那須郡黒羽町字前田遊廓井開楼事井上鐵乃助方抱娼妓操事宮城県川俣村生川俣君江(23)はかねて己と夫婦誓紙を取替はしたる同郡川西町大字蜂巣渡邊喜一郎が親戚某の媒酌にて嫁を貰ひ2日華燭の典を挙ぐるを聞きてかっとなり主人に無断で同楼を飛び出し前記渡邊方に至り大に啖呵を切ったるも相手にする者なきよりすごすご帰りしを川西署にて聞込み4日君江は同署に喚出されお目玉頂戴の上若干の科料に処せられたりと』

白金はシロガネーゼ、赤羽はアカバネーゼと呼ばれるように、黒羽もクロバネーゼと呼ばれるのだろうか。なんちて。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

Powered by FC2 Blog