2017-06-27(Tue)

父の日2017

もうだいぶ過ぎてしまったが父の日の出来事。

ダメオヤジなので父の日なんて家族全員から華麗にスルーされるだろうと思っていたが、なにやら子供達がプレゼントしてくれるとのことで涙が出そうになった。息子・タク(小6)が事前に言ってきたのである。

「ねえパパ。ボク、父の日にビール(正確には缶ハイボール)を買ってあげようと思うんだけどさ」

「おお、ありがとう。お前はいい子だなあ」

「でもボク子供だからビール買えないんだ。どうしよう」

真剣に悩んでいる姿がかわいかった。

「じゃあパパと行こうか」

「うん」

「マルエツが安いぞ」

「そうなの」

そんなわけで父の日の当日に買いに行くことになった。ところが当日の朝、おっさんソフトボール会の練習があったことを忘れていて

「すまん、ちょっと行ってくるわ」

と出掛けなければならなくなった。まあ帰って来てからタクと買いに行けばいいか、と思っていたら嫁が連れて行ってくれたようで、帰って来たら僕の机の上に置いてあった。しかもツマミまで。しかもしかもイカ系とポテト系のツマミのふたつ。

「おつまみはRが買ったんだよ!」

なんと娘・R(中2)が買ってくれたとは。お年頃なのでツンツンしているがたまにデレてくれるのでカワイイ。

早速いただくことにする。いやあ今すぐ飲みたくなったわけではなく、この子達の前でおいしくいただかないと意味がないからなあ…ってウソでーす!すいません、今すぐ飲みたくなりました。

「君らも食べなよ」

1人でツマミをボリボリ食うのもアレなので嫁と子供達にもあげようとすると

「ダメだよ!パパのために買ったんだからパパが食べるんだよ!」

と義理堅いタク。

「いやいや、『おすそわけ』って言ってね、いいんだぜ」

と説得すると

「そうなの」

と食べてくれた。さすがに酒はおすそ分けにすることは出来ないが。

「もしボクが飲んだらどうなるの?」

もちろんタクも本気で飲む気はないが、興味津々に聞いてきたので

「最悪死ぬ!」

「えー!」

しっかり脅しておいた。

しかし僕に聞くことなく好みのハイボールを買ってきてくれた、ということはしょっちゅう僕が飲んだくれているところを見られている、ということであろう。そんなことをツマミを食べながら反省した。そのうち呆れられて、

来年のプレゼントは鼻ツマミだったりして。なんちて。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog