2017-06-27(Tue)

ライブレポート「水曜日のカンパネラ IN THE BOX TOUR」2017.06.25 新潟studio NEXS

【ライブの内容やセットリストの記載がありますので、知りたくない方は読まないで下さい】

水曜日のカンパネラ、新潟でのライブ。

昨年11月と同じく万代の「NEXS NIIGATA」での公演。

予定時間を少し過ぎて開場。まん中3列目ぐらいで観る。ステージには銀色のアルマイトのボウルや給食の食器(とコムアイさんが言ってた)が何十個も貼り付けられたオブジェがあり、ギンギラギンにさりげなく目立つ。

1曲目は「ゴッホ」。アンビエント風にリミックスされていて、アルバムとはまるで違うバージョン。しかしステージ上の銀色オブジェにライトが当てられるだけでコムアイさんの姿は見えず。

曲が終わってようやくステージに姿を現したコムアイさんはハッとしてGoodな美しさ。懐かしの「マリー・アントワネット」を熱唱。昔のような喉と血管がブチキレそうな激しい歌い方ではないが、抑揚をつけたエモい歌い方。久しぶりのお菓子投げ、

「お菓子を食べればいいじやなーい!」

を観られるのかと思ったらそこに辿り着く前に突然ディレイがべろろろろろんとかかり、「チャップリン」へ。始めからの意外な演出に加え、コムアイさんの歌、動き、表情がますます綺麗になっていて、また、今回のツアーではケンモチさん自らPAブースに陣取っており、音も良くてあっという間に身も心も掴まれ夢中になってしまった。

ステージ上だけではなく客のすぐそばまで突っ込んで行くスタイルは今回も健在。キャスター付きの壇のようなものに乗って何度も客の間を突っ切って、フロアの真ん中、後ろ、横の壁際…さまざまなところまで移動していた。

「バク」ではフロア奥まで移動しただけではなく、フロアを包むようなでかい布が降りてきた。武道館の時のようにコムアイさんのシルエットだけを映そうとしたのだろうか。しかし今回はそういうことはなくて、単に視界を遮られただけでよく意味が分からなかった(笑)。

「SUPERMAN」以降の新曲「嬴政」、「メロス」、「ピカソ」も3曲全てやってくれて、ライブで聴いても気持ちいい。「ピカソ」の時はフロアの壁際で歌っていたのだけれども、コムアイさんの背中と壁の間にお客さんがひとりだけいたようで、

「ひとりだけ私の背中を見ながら聴かされた方が!」

コムアイさんのツボに入ったらしく笑っていた。また、これも「ピカソ」の時だけれども、ワイアレスマイクの調子が悪くなり、時々声が拾われなくなってしまってしまうトラブル発生。曲中

「マイク替えてください!」

と叫んでマイクを替えても同じ。コムアイさんがいろんなところを移動して歌っていた際に

「アンテナを傷付けちゃったかもしれない」

とのことで確認のため3分休憩。コムアイさんのおしゃべりタイムになった。

「『ユニコ』でやって欲しいことがあるので練習しましょうか。アンコールの1曲目にやるんで」

「わははは」

序盤からネタばらしすんな!という観客の笑い。

「あとやって欲しいのは、シャクシャインは歌えて欲しいかな。全部ワタシが歌うの大変なんで」

「わははは」

あんな難しい曲を丸投げとか長渕かよ、という観客の笑い。しかしこの一言、冗談ではなくこの後すぐに現実となるとは…。

「アンコールのもう1曲はみんなに決めてもらいたいんですが、何がいいですか?…って今日これから何歌うか皆さん知りませんよねえ」

「わははは」

そんなとぼけたやりとりがあり

「アンテナの近くに行きまーす」

とステージ付近に戻るとマイクの調子が良くなり再開した。で、ライブ中盤「シャクシャイン」になるとコムアイさんは最初のほうをちょっとだけ歌った後、最前列にいた女の子(僕の友達のNちゃん)にいきなりマイクを渡し、ステージから引っ込んでしまったではないか。ホントに観客に歌わすのかよ!と驚いたが、Nちゃんは

「クジラ丘見える丘公園抜け!マッカウスの中ヒカリゴケ!」

これまた驚くことに流暢にラップをこなす。コムアイさんが歌ってる以上に爆烈に盛り上がり、隣にいたこれまた友達のPちゃんも助け舟しながら

「行くぜ試される大地北海道ー!」

まで歌い切った。さすがカラオケで鍛えてるだけあってすごい。僕はNちゃんの周りでオイオイ合いの手を打っていたが、いつの間にかコムアイさんが横にぬっと現われて3度びっくり。Nちゃんに気を取られて全然気が付かなかった。いつの間に戻って来たのだろう。しかもステージではなくフロアに。

コムアイさんはヨッコラセとステージに昇ってNちゃんからマイクを受け取ると、「ありがと」と頭をポンポンと叩く。Nちゃん、感極まって泣いてしまった。後でNちゃんがコムアイさんから聞いた話によると、ズボンがずり落ちてしまうので一旦ステージを外したかった、とのことで。あと音響さんが

「本人より声でかいっす」

と言っていたらしい。試された奇跡Nちゃん。すごいものを見た。

ライブはどんどん熱気が高まりあっという間に終盤に。

「早いものであと2曲です」

「えー!」

「アマノウズメ」ではミラーボールを担ぎながらフロア中央で歌い、最後の「桃太郎」では前回の新潟ライブと同様

「渡されたのは新潟名物笹団子!」

箱ごとフロアに投げ、おなじみウォーターボールの中に入ってクラウドサーフ。ステージから降りる時、最前列近くにいた僕ら観客でうおりゃーと奥に押し出したつもりだったけれども、ヘアピンカーブで物凄い勢いですぐ戻ってきたのは面白かった。

コムアイさんがステージを去った後、手拍子がしゃんしゃんしゃん…と鳴り響き、ほどなくしてアンコール。コムアイさんはフロアの後ろから、先ほどのネタバレの通り「ユニコ」を歌いながら再登場。

アンコール2曲目、本当の最後の曲をみんなに聞いてから決めようとするが、みんなが叫ぶ曲名はてんでバラバラで収拾がつかない。ひとり男の人が

「イエッ、イエッ、イエッ…」

と搾り出すような声で叫んでいたのがウケていたので「雪男イエティ」になるのかと思ったら

「ドラキュラ!」

との声が上がり

「ドラキュラいいですね。最近やってないし」

とコムアイさん。最近て。武道館でやったでしょ!しかも2回!もしかしたらコムアイさんはもともと「ドラキュラ」にする予定であり、誰かが言うまで待っていたのかもしれない。

コムアイさんはステージに戻らず至近距離でお客さんに囲まれながら歌い本当にライブは終了。水曜日のカンパネラのライブは何十回と観ているけれども、それでも今まで感じたことがない新しい魅力に気付かされて驚くやら感激するやら。ライブハウスごとに作る手作り装飾やライトを手に持って当てる照明さんやら至るところに手作り感もあり、お客さんも巻き込んで楽しすぎるライブであった。

それにしても「シャクシャイン」。あれだけ難易度の高い曲を「みんなで歌っておいて!」じゃなくてひとりの女の子に任せるって、コムアイさん、ドS。

新潟だけにサド(佐渡)でしょう。なんちて。

【セットリスト】

01.ゴッホ
02.マリー・アントワネット
03.チャップリン
04.嬴政
05.オードリー
06.メロス
07.バク
08.ピカソ
09.ライト兄弟
10.ツチノコ
11.シャクシャイン
12.ウランちゃん
13.ユタ
14.世阿弥
15.坂本龍馬
16.一休さん
17.アマノウズメ
18.桃太郎

アンコール

19.ユニコ
20.ドラキュラ

水曜日のカンパネラ

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog