--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-06-17(Sat)

栃木県小山市小山町遊郭跡地を歩く。

栃木県小山市はかつて「小山遊園地」のCMでおなじみだった栃木県第二の都市。人口約16万人。日光街道の小山宿として栄えた歴史を持つ。

1876(明治9)年の三遊亭圓朝「上野下野道の記」には

『(小山)駅の中程、当今貸座敷五軒(略)昔ハ女郎や十五軒あり』

とあり、宿内に貸座敷(女郎屋)があったことが確認出来る。

1912(明治45)年、宿内にあった貸座敷4軒が思川のほとりに移転し、小山町遊郭が発足した。

『思川の沿岸眺望に富める地にあり妓楼四、紅閣檐を列ね銀燭輝き娼妓三十三人翠袖を翻し嫖客は粉囲香陣の裡に春奢を闘わし昔日の古戦場は歌奏の海となり栄華一の小揚州と謂つべし』

と「小山市史」にその繁栄ぶりが記されているが、1930(昭和5)年の「全国遊廓案内」には

『私娼街が一方に殖えた為遊廓は左程の発達を見る事が出来ない。現在、妓楼は三軒娼妓は約三十五人程居るに過ぎない」

とあり、衰退の様子が窺え、1940(昭和15)年6月1日に最後の妓楼が営業を終え、遊郭は消滅した。

栃木小山遊郭
『若亀の廃業で小山町遊廓全滅 四軒卅名の遊女も夢

小山町遊廓貸座敷若亀事水野龍太郎氏は今一日を以て断然営業を廃業することになった。同所は明治四十五年中當町下町本町内に在った宮藤亀村福吉若亀の四軒が移転したもので当時は娼妓も約三十名居り解悶消愁の地として各方面から先客万来全盛を極めたものであるが町方の芸妓が盛んになるにつれ漸時衰態傾き後を追ふて廃業者出てここ四五年間は前記若亀楼のみにて其の名残りを止めていたものである』

1940(昭和15)年6月1日の下野新聞にはこう記されている。

遊郭消滅から約80年、その跡地を訪ねてみた。小山駅西口からまっすぐ西に歩くと国道4号と交わるので左折、南下していくと大きな神社、須賀神社が右手に見える。関が原合戦の際に徳川家康がこの神社境内にて小山評定を行なったという。

もう少し歩くと二郎インスパイア系ラーメン屋「ハイマウント」があるのでそこを右折すると遊郭エリアに辿り着く。

栃木小山遊郭
この先は思川にぶち当たって行き止まりなのに無駄に道路の幅が広い。遊郭時代からの道幅なのであろう。

栃木小山遊郭
小山遊郭(新地)当時の写真。上の写真とほぼ同じ場所と思われる。時代によって入れ替わりはあると思うが、右手手前に亀村楼、奥に金丸楼、左手手前には宮野屋、奥には若亀楼があったという。

栃木小山遊郭
電柱にある「新地」の文字。このふたつのみが遊郭消滅80年後の現在において確認できる遊郭の名残である。

栃木小山遊郭

栃木小山遊郭

栃木小山遊郭
遊郭の華やかなイメージとは逆に、現在は裁判所や検察庁等、お堅い建物が並んでいる。

遊郭は終戦を待たないうちに消滅したが、現在の小山市は北関東で指折りの裏風俗のメッカである。

栃木小山遊郭

栃木小山遊郭

栃木小山遊郭

栃木小山遊郭

栃木小山遊郭
妖しいお店があちこちにいくつもあって昼間から客引きのおじさんが声をかけてくる。こんなこといいな、できたらいいな、みたいなことが出来てしまうらしい。これこそまさに『私娼街が一方に殖え』ではないか。昔との共通点を見つけて面白く思ってしまった。

栃木県小山市。遊郭も小山遊園地もとっくに廃れたが私娼街は元気である。

夜の、おやーまゆーえんちー。なんちて。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。