2017-02-19(Sun)

走る走る、俺たち。

オッサンになって太った僕は、二度ほど痩せようと試みたことがある。

まず一度目は走ること。

何年か前、ほぼ毎日5キロぐらいを目標にして走った。しかし右足の膝をやられて1ヶ月ぐらい痛みが残る羽目になりやめた。

回復してからじゃあ今度は走るのは止めて歩くべ、とウォーキングを始めたのが二度目である。しかしこれも程なく飽きてしまった。もともと体を動かすことが大嫌いだし、ネット中毒だしで、ただひたすら歩き続けることに耐えることが出来なかった。スマホしながらのウォーキングなら絶対続くだろうけど、さすがにそれはまずいだろう。

そんなわけでしばらく太るに任せていたが、やはりちょっとは体を動かさないとなー、と思い

「ウォーキングを再開する。休日にやるぞ!」

と宣言したところ

「え、ボクも行く!」

息子・タク(小5)が興味を示し付いてきた。タクは体を動かすのが好きなので、以前はサッカーチームに入っていたのだが、現在は辞めてしまって体がなまっているのだ。辞めた後も

「あー。体動かしたい。暴れたい!」

とかよく言っているので、

「じゃあサッカー再開すりゃいいじゃん…」

と言うと必ず

「それはやだ!」

とむっつり顔になる。子供ながら人間関係とかそういう事情もあるんである。

「じゃあ行くぞ」

ジャージに着替え、父と息子でレッツラゴー。

「どこ行くの?」

とタクが尋ねるのはもっともである。僕も決めてなかった…っておい。というのも僕のウォーキングコースは飽きないように8コースぐらいあるんである。そんだけ考えても結局は飽きたけどそれはまあよい。

「じゃあトキワ荘跡地まで行こう」

「え、トキワ荘!」

トキワ荘とは、手塚治虫や藤子不二雄、石ノ森章太郎、赤塚不二夫他、昭和の代表的な漫画家達が若い頃住んでいたアパートで、マンガの聖地のような場所である。

トキワ荘自体は現存しないが、記念碑などが現地にある。僕のような藤子不二雄マンガリアルタイム世代だと「まんが道」などでほぼ一般常識的に知っていることであるが、平成2ケタ生まれのタクの世代にもよく知られていることのようだ。

何しろ学校の図書館に

トキワ荘
このような伝記があるからだ。ええー、石ノ森先生がもうそっち側の扱い(歴史上の人物的な)されちゃってんのー、っていうジェネレーションギャップ。スティーブ・ジョブズの伝記もあるからな…。死んだらすぐ番組のネタにしてた「知ってるつもり」のようである。

そんなわけでタクも知る「トキワ荘」。その跡地までがウチから行って帰って来てちょうど5キロぐらいなんである。しかもウチから1回曲がっただけであとはそこそこ広い道をずーっと行くだけなので分かりやすいことから、僕のお気に入りのコースであった。実際この通りを走るランナーは多い。

解説が長くなったが、タクとウォーキングを始めてみると、さすが体力を持て余しているだけあって、走り出してしまうんである。

「タク、ウォーキングだぞ!」

「分かってるよ!」

と言いつつも爆竹のようにダッシュしたりして体力有り余ってます的な余裕をオヤジに見せつけるのである。僕もついつられて走り出してしまうのであった。

数年前はノロノロながら5キロ完走で来た僕であるが、さすがにデブるわ年取るわ鈍るわで現在はそうはいかんざき。

「タク…あの信号まで行ったら休憩な」

「あいよ」

ところどころで体力の限界、気力もなくなり、完走どころではない。

「お前も疲れるだろう?」

頼む、キツイと言ってくれ、と心の中で叫びながらタクに問い掛けてみると

「全然!」

こいつの体力なら5キロぐらい余裕で完走しそうだ。そんなわけで僕だけヒーヒー言いながらようやくたどり着いたトキワ荘ゆかりの地。

トキワ荘
トキワ荘跡地近辺の公園にある記念碑。

「これがそうだよ」

と言うと

「おおぅ!」

と目を輝かせていたタク。かわいい。

トキワ荘
そしてここが「松葉」。「まんが道」ではよく藤子不二雄のふたりが食べては

「ンマーイ!」

と絶賛したり、カワイイ店員の女の子をチェックしたりするエピソードが記されていることで有名な店である。ホントにラーメンが美味そうに描写されていて、印象に残っている。

トキワ荘
店の前にも誇らしげにそのマンガのシーンが貼られていた。

「ボクもここで食べたいなあ…」

とタクも強く惹かれている様子だったので

「じゃあ今度行くべ」

と約束をしてしまった。

トキワ荘
そしてこれが実際にトキワ荘があった場所に建てられた記念碑。現在は事務所ビルの敷地内になっている。何故かお賽銭も供えられていた。

「ここがそうなんかー!」

タクもまるで僕と同じ世代のマンガ少年のように目を輝かせていたのがなんか嬉しかった。

「パパ、藤子不二雄ってふたりいるでしょ」

「うん」

タクが薀蓄を語り出したので聞いてみる。どういうことを知っているのか気になる。

「安孫子先生は藤子不二雄Aだけど、藤本先生は藤子・F・不二雄だよね」

「そうだね」

「藤本先生に『藤子不二雄F』じゃなくて、Fを真ん中にして、藤子・F・不二雄にした方が外人ぽくてカッコいいよ、って言ったのは石ノ森章太郎なんだよ!」

「あー。ジョン・F・ケネディみたいな」

それは僕も知らないことであった。ていうかホントかよ。ちなみに僕は藤子不二雄A(アナーキー)、藤子・F(ファンキー)・不二雄と覚えていた。

名所めぐりみたいなことも一通り終わって、

「よし、じゃあここを折り返し点にして、戻るぞ!」

「うん」

と走りを再開。走りながらタクは

「ボク、今年もリレーの選手になれるかな…」

と悩みをポツリと漏らした。リレーの選手とは、運動会のリレー競技のことで、選ばれた足の速い子のみが出場出来る。タクは選ばれてはいるもののギリギリのラインであり、タクが選ばれたことにより惜しくも落ちたライバルの子達が虎視眈々とその座を狙っているのである。

「そりゃあお前、ライバルに負けないためにはは鍛えとかなきゃならないから…」

と言ってる途中で

「どうせ『サッカー再開しろ』、って言うんでしょう!」

言おうと思っていたことをタクに先を越されてしまった。

「サッカーが一番いいと思うのは確かだよ…。でもそれがやだったら、こうしてパパと走って鍛えるかね」

長距離と短距離は違う気がするがまあよい。そんなことを言ったらタクが張り切ってしまって、帰りの道もタクのペースに煽られまくってもうヒイヒイである。そしたら

「うわ、パパ、汗かいてるよ!」

なんてことも言われ…。当初はウォーキングの予定であり、こんな走り込むつもりじゃなかったから思いっきり厚着してきてしまったのだよ…。走ると分かっていたならもっと軽快なウェアにしたんである。

ウチに着いてから

「また走るよね?」

タクは何気に楽しかったらしく、継続的にやりたいというタク。

「よし、分かった。またトキワ荘に行こう」

僕もトキワ荘まで走る覚悟で臨まなければならないので、もっと軽快なウェア、すなわちタンクトップ姿にならなければ…

ってそれは武井壮である。なんちて。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog