2017-02-19(Sun)

宇都宮の遊郭跡・赤線跡・花街跡を歩く。

宇都宮の遊郭跡と赤線跡と花街跡を訪れてみた。


まずは遊郭。宇都宮の遊郭は旧宇都宮城内の南端、河原町にあった。

宇都宮遊郭
『宇都宮商業地図(明治の宇都宮, 3)』より

1894(明治27年)、これまで伝馬町(大通りとユニオン通りの間あたり)、池上町(オリオン通り裏のソープ街あたり)、材木町(伝馬町の西)にあった12軒の妓楼が移され、遊郭が形成された。亀の字のような区画の形だったので「亀廓」と呼ばれた。

宇都宮遊郭
その入口の大門には

「春入翠帷花有色」(右側:はるはすいにいってははなにいろあり)
「風來繍閣玉生香」(左側:かぜはしゅうかくにきたってたまこうをしょうず)

と記されていた。ちなみにこの漢詩は同じ栃木県烏山町の旭遊郭の大門にも記されている。

妓楼は大籬(おおまがき)と小楼(こみせ)のふたつに区別され、大籬は元池上町にあったもの、小楼は元材木町にあったものだった。

宇都宮遊郭
大籬のひとつ、小松楼は木造三層から成り、三層は時計台のある展望台だった。この時計台はひときわ目立つ建物だったようで、

宇都宮遊郭
木版画家・川上澄生の「宇都宮新地風景」にその姿が確認できる。

宇都宮遊郭
また、石版画家・織田一磨の「たそがれ」にも描かれている。

このような風情と趣きのある遊郭、ぜひタイムスリップしてでも訪れたいものであるが、「たそがれ」とほぼ同じ場所と思われる現在の風景は…

宇都宮遊郭
こんな感じである。風情のかけらもない。ただの住宅地と空き地である。当時の面影はほとんどない。しかし住宅地にしては幅が広い道路は当時のままであり、↑の画像から回れ右するととんでもない建物が残っていたりする。

宇都宮遊郭
それがこれ。どピンクのカフェー調な建物。

宇都宮遊郭
崩れ落ちそうな庇。いったい何物なのだろうか。先程の地図にある「福泉楼」(「宇都宮繁昌記」には「福和泉」と表記)の位置に当たる。しかもこの建物、とても大きくて

宇都宮遊郭
南北方向(画像左側)には長屋のように長く伸びていて、

宇都宮遊郭
南端には「幸」のシンボルマークが付いた2階部分に取って付けたような増築部があり、とても奇妙である。

宇都宮遊郭
そして東西方面にこうなって、

宇都宮遊郭
宇都宮遊郭
更にはこうなって、大谷石の蔵までひと繋がりになっている。ずっと後の時代の住宅地図によると、この建物の長屋っぽいところは「幸楽貸室」、蔵部分は「幸楽質店」となっており、遊郭廃止後はアパートや質屋として使用されていたようだ。

宇都宮遊郭
間を進んでゆくと…

宇都宮遊郭
福助人形がいてかなりびびった。驚いた。

宇都宮遊郭
敷地の端に祀られているお稲荷様の祠。狛狐の台座に「福和泉」とはっきり刻まれていた。


宇都宮の色街はこのエリアの他にもうひとつあった。亀廓とは宇都宮城址を挟んでほぼ反対側あたり、通称「中河原」と呼ばれていた現在の宇都宮市中央5丁目付近に色街の名残りを見る事が出来る。

戦後間もない頃は亀廓と中河原のふたつが宇都宮の「赤線」と呼ばれていたようである。『全国花街めぐり』には

『剣の宮町から旭町の方へ抜ける日野の裏通りの一画、俗に「剣の宮町」と云つて居るが所謂宇都宮の玉の井で、白壁ほどに塗立てた女が狭い路次の軒並に巣づくつてゐて、日が暮れてからはとても徒歩では通れぬやうなところである。』

とあり、なかなか凄まじい様子であったらしい。現在は

宇都宮遊郭
このような飲み屋長屋が残る街角に、

宇都宮遊郭
宇都宮遊郭
宇都宮遊郭
宇都宮遊郭
なんとなく川崎のちょんの間を思い出させる建物と雰囲気。今でも夜になればひっそりと明かりが灯り、「白壁ほどに塗立てた」老女が営業していそう。

宇都宮遊郭
中央5丁目から少し南、いちょう通りを渡った中央3丁目にもこのようなレトロな建物が。更に南に行って本丸3丁目には

宇都宮遊郭
「赤線跡を歩く」(木村聡著)にも乗っている木造の建物。

宇都宮遊郭
こちらは北面側。入口がふたつある妖しい建物であるが、現在は普通の住宅として使用されているようである。

「中河原」とは遊郭のようにカチッと区画されたエリアではなく、宇都宮城址の北東エリアから釜川あたりの広い範囲に妖しいお店が点在していた区域を指していたのかもしれない。


中河原からだいたい西の方向に歩いて行くと、宇都宮で一番の繁華街、オリオン通りに辿り着く。その1本隣の通りに現役の風俗街、池上町がある。

宇都宮遊郭
メインストリート。

宇都宮遊郭
味のある横丁を発見。

宇都宮遊郭
奥に行くと二手に分かれており、なんだかとんでもない路地裏に迷い込んだ。

宇都宮遊郭
もう一方のどん詰まりにはやはりソープランド。

横丁の名前にある「江野町」とは、そういえば『全国女性街ガイド』には

『花街は馬場大通りの東武宇都宮駅附近にある江之町、宮園町界隈』

とあって、芸妓が150人、料亭も102軒もあり北関東随一の花街だったが、面影は全くなくなってしまっている。


ではもうひとつの宮園町はというと、現在の宮園町は西半分が東武宇都宮駅と東武百貨店で、東半分が飲み屋街になっている。しかし空き地が目立ち、古ぼけた飲み屋と怪しいお店がポツリポツリと点在している、寂れた印象である。

宇都宮遊郭
怪しいお店。噂によるとエロい店らしい。

宇都宮遊郭
このボロボロの建物はすごい。表がこうで、

宇都宮遊郭
裏がこうである。

宇都宮遊郭
100年以上の歴史を持ち、大谷石建築の聖堂が国の登録有形文化財に登録されている「カトリック松が峰教会」から徒歩10歩ぐらいの距離にソープランドがあることに驚く。

聖と俗がこんなに近過ぎていいのだろうか。僕も祈らずにはおられない。

○ーメン(すいません)。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

ウイルス性胃腸炎になった友人より

興味深いね。
これ系の記事はいつも楽しみに読ませてもらってるよ。

No title

rockhopper

ありがとう!

こういうことに興味を持ったのは、親に

「そういえば子供の頃この辺に遊郭があって…異様な雰囲気だったね」

って聞かされてからなのです。寂れまくったこの地元に、かつて賑わいがあったという「遊郭」とは何ぞや…と調べて行くうちに病み付きになってしまった。

RHの親御さんも、何かご存じなことがあれば教えて!(笑)

追記

年末は会えなくてさびしかったよ!

体調はもうだいじょうぶかい!

ありがとう。

理由を教えてくれてありがとう。
年末、参加できなくて残念でした。
体調は正月中に戻りました。
ほんと、辛かった……。
いい経験になったよ。
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog