--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-08-05(Wed)

住めば宮古。

家族で宮古島に行くことにした。去年、

「きれいな海に行きたい!」

という嫁と子供たちのリクエストにより沖縄の恩納村に行ったら、次はもっときれいな海に行きたいと要求され、インターネッツで調べた結果、宮古島の海はすんごいキレイらしいよ、という情報を得、そういうことになった。

出発の前の晩、嫁が

「レイバンのサングラス買ったんだ!」

浜田省吾がかけていそうなグラサンを見せびらかして浮かれていた。子供達も同様にテンションが高くてなかなか寝ようとしないので

「明日は5時起きだから早く寝ろ!」

と叱っても

「チョトマテチョトマテオニーサン」

息子・タク(9才)が嫁のグラサンを奪いラッスンゴレライのモノマネをしており寝ようともしない。実は7日ほど前に娘・R(11才)とタクふたりとも手足口病にかかって40度近い熱が出ており病み上がりなんである。

ANA
翌朝、なんとか朝5時起きで羽田に向かい、7時50分の便で那覇空港へ。ANAとJALの窓口を間違えてしまい、

「ANAとJALが合併したら迷うこともないし社名もANALになって面白いのにね」

と嫁に言ったらガン無視された。

ANA
那覇空港から11時35分の宮古空港への飛行機に乗り継ぎ。宮古空港には定刻に到着し、

「A&Wのハンバーガーを買って行こうぜ!」

A&W
沖縄にしかないハンバーガーのチェーン店が宮古空港内にあり一度買って食べてみたい、と思っていたので、荷物を引き取ってすぐ店に寄りテイクアウトの注文をした。マックのようにすぐ出て来るだろうと当然のように思っていたのだがそれが誤算で、実際は結構な時間をかけて調理しており、ホテルからの送迎バスを思いっきり待たせてしまい、ハンバーガーと共に顰蹙も買ってしまった。すみません。

気を取り直してチェックインし、部屋に入ってみると窓からドカーンと青い海。

宮古島東急ホテル&リゾーツ
「うーん、これこれ、いいねえ」

去年行った沖縄のホテルの部屋から見えたのは「駐車場と雑木林」だったので感動もひとしおである。早く泳ぎたい!と焦りながら気もそぞろにハンバーガーを食べレッツラゴー。

宮古島東急ホテル&リゾーツ
見よ、この透明度が高く、水深があるエメラルドグリーンから徐々に青くなって浅いところではほぼ透明になるグラデーションの海。どうでもいいけど「トマト」を英語っぽく発音すると「透明度」に似るような気がする。トーメイドー。そして周りは静か。ちゃぷちゃぷとしたさざ波の音と、ほんの20人ぐらいの遊ぶ人達の声しか聞こえない。ずんどこずんどこ無駄に音楽が流れたりしてやかましい海の家など皆無なところがいい。

与那覇前浜
「あっ!魚がいるよ!」(画像はネットから拝借)

Rが興奮して声を上げた。この子は宮古島で見た魚をテーマに夏休みの自由研究をすることになっている。そのために防水カメラを買おうとしたのだが高かったのでもともとあるコンデジを防水ケースに入れてみた。

宮古島東急ホテル&リゾーツ
プールに移動してはしゃいでいるRをテスト撮影。こんなもんか。

僕は泳ぐというよりプールサイドでオリオンビールを飲みながらまったりと寝そべることを夢見ていたのでその通りにしていると、ちょっと遠くからグラサンをかけたおじさんのようなおばさんのような人が手を振ってくるので、誰だろう思って近づいて来るのを待っていたら実は嫁だった。グラサンは浜省みたいだと思っていたが、実際嫁が着用するとホワイトニング後のマイケルジャクソンみたいであった。

時はあっという間に流れて夕食タイムとなり、ホテルのレストランへ。

宮古島東急ホテル&リゾーツ
夢でキスキスな感じの名前(わからない人は「電気GROOVE」でぐぐろう)。

宮古島東急ホテル&リゾーツ
バイキングだったのでいろいろな料理が楽しめた。寿司を握ってくれる板前さんまでいて刺身好きのタク、大喜び。一方Rは初手からカレーを食べようとするので

「バイキングでのカレーは罠だ!最後に食べろ!」

と制止させてしまった。貧乏性な僕。いつもバイキングに来るとメニュー全制覇を目指す嫁はこの時も少しずつ料理をチョイスしパーフェクトを狙っていた。世界ふしぎ発見の黒柳徹子ばりのパーフェクト狙いである。

そんな感じで飢えた亡者のようにガツガツと食い漁っていたら、そんな我々を浄化するかの如くたおやかな三線の音がチントン…と聞えてきた。見ると、流装の綺麗なお姉さんが現れて弾き語りをしているではないか。切ない三線の音色、のびのびとした歌声、お姉さんの美貌が醸し出す沖縄情緒に心が洗われる…。

「あ、このイントロ知ってるぞ。なきなーさーいー、わらいーなさーい、って曲だよね」

と知ったかすると

「ぜんぜん違うよ」

容赦ない嫁のツッコミが。よそで恥をかいてしまった。まじで泣きなさい笑いなさい。

夕食後は宮古島の美しい星空を一望できるという「スターダストバルコニー」へ。かっこよさげな名前だが要は単なるホテルの屋上である。宮古島では本州では見られない南十字星や全天で2番目に明るい恒星・カノープスといったレアな星々を見ることが出来る。但しいつでも見れるわけではなくて5~6月ぐらいまでしか見れず、この時期は既に地平線の下だということで残念であった。

更にこの夜はほぼ満月で月が明る過ぎ、星が落ちてくるような空、というわけにはいかなかった。

「あ、流れ星!」

それでもタクが流れ星を見つけてはしゃぐ。

「あーん、Rもみたーい」

Rは見逃してしまったようでかなり悔しがり、

「もう部屋に戻ろう。時間も遅いから…」

「やだー!」

しばらく空をガン見して粘っていたのだけれども、ふたたび流れ星が現れることはなかった。流れ星が来るように流れ星に願い事をしたら…でもその流れ星が来ない、じゃあ来るように流れ星に願い事をしたら…って堂々巡りじゃないか。

こんな感じで一日目が終わった。子供たちはとにかく泳ぎたくて泳ぎたくてしょうがないので、ビーチすぐそばのホテルにして正解だった。なにせホテルのフロントから徒歩一分で東洋一とも言われる白い砂浜と抜けるような青い海が広がってるのだ。

ビーチ前のホテルとかけまして、出産間近で病院に向かう妊婦さんとときます。

その心は、早く海に(産みに)行きたい!

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。