2015-07-26(Sun)

キミはピアノに登ってオンガク。

娘・R(11才)と息子・タク(9才)のピアノの発表会があった。

行なわれたのはとあるコンサートホールで、以前僕が好きなアイドル・Negiccoもライブをやったところ。Negiccoと同じステージに立つとは、おそろしい子。

こういう場所での発表会なので子供達の服もそれなりの格好に。タクは白のポロシャツにゴムバンドのなんちゃってネクタイを締め、下は半ズボン。RはAラインの黒いドレスだ。なかなかゴージャスである。嫁が選んだものだ。

去年は僕がRを連れてって発表会用の服を買いに行ったものである。どうも胸元や肩が露出しているドレスは僕は好きになれないため、普通のお嬢様風ワンピースを選んだ。試着してRも気に入ったので買って帰ったら

「地味すぎる!地味すぎる!地味すぎて震える!」

と何度も何度も嫁にDISられた。あの服、今、どこにあるんだろうか…。

他の女の子達を見てみると確かに派手なドレスが大多数である。みんな着飾っていてカワイイ。そんな女の子達のうち、ふたりがタクのそばに走って来て、クスクス笑いながらタクの頭をなでたり腕をツンツンしてちょっかいを出している。

「なんだよ!寄るな!」

とタクが叫ぶとキャアキャア逃げて行く。このふたりはタクの音楽教室仲間の年上の女の子達である。お姉さん方に可愛がられていいなあ。サッカーとピアノを学び、女の子にもてるタク。パパはお前をそんなリア充に産んだ覚えはありません!

で、肝心の演奏の出番となった。演奏する前に、司会のお姉さんが予め集められたプロフィールを参考に、

「将来はお花屋さんになりたいです」

等と紹介する。みんな

「地域の消防団に入っています。将来は人の役に立つ仕事をしたいです」

とかすごい立派なことを言っているのにタクは毎年

「大金持ちになりたいです」

と紹介されて他の親御さんたちから「わはは」と笑いを取ってしまう。もはや持ちネタ。それからの演奏。普段のふたりの練習を見ていると、僕の目からも

「やっつけでやってんなー」

ぐらいのレベルなので大して期待してなかったがやはりその通りで、何度かつっかえながらのショパンとかそんなのの演奏であった。

タク

R
ピアノの先生によると、仕上げの時間が短かったのでそれでもよくやった方だという。

今日は僕の母も観に来るように呼んでいて、母はわりと「よくやった」「立派に成長したねえ」と感動しっぱなしであった。最近あまり頻繁に実家に帰れないからなあ…。

Rとタクは大変なものを盗んでいきました。祖母の心です。

ショパン3世。なんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog