2015-05-09(Sat)

東武鉄道スマホないん。

ゴールデンウィークの間は栃木の実家に帰省し、6日に帰ることにしていた。

嫁は仕事があって来れなかったので、娘・R(11才)と息子・タク(9才)が宿題をサボらないよう、僕がケツを引っ叩いたり、タクが3DSをやり過ぎないよう見張っていた。

でも一番怖いのは嫁であり、鬼の居ぬ間のなんとやらで僕だとどうしてもなめられてしまい、3DSなどは高橋名人の教えに従い「ゲームは1日1時間」の掟があるのだけれども余裕で破られてしまっていた。Rも一応

「たっくん、やりすぎ」

と注意するのだが姉の言うことをまともに聞く弟ではなかった。

そんな実家での休日もあっという間に終わり、最終日の6日、帰る時が来た。母と僕の弟に駅まで送ってもらって

「おばあちゃーん!やっちゃーん!(Rとタクは僕の弟のことをこう呼ぶ」

改札前で抱きついたり、やたらと名残りを惜しんで電車に乗った。東武線の快速浅草行き。僕らは終点ひとつ手前の北千住で降りる。それまで1時間ちょっと。

「幸手を去って、杉戸を過ぎて、春日部かすって、越谷越して、草加そうかと来た千住」

沿線住民にこんな小唄が伝わっている。途中駅をもじったもので、これで主な駅名を覚えたものである。

駅に来る前についうっかりレモン牛乳だのカントリーマアムとちおとめver.とかいろいろお土産を買ってしまい荷物が増えたので上の網棚に乗せた。混んではいたがなんとか座れ、タクはまた3DSをやっているが他にやることもないし仕方がない。Rは僕が最近あげたipod classicを気に入っていて、Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅを聴いてご機嫌であった。僕はスマホをいじりつつレモン牛乳を飲んだり。

春日部をかすった頃、だんだん眠くなってきてしまった。北千住までまだ30分ほどあるはずである。ちょっと眠ろう…と目をつぶった。スマホを落としそうになったので膝の上に置いた。

…はっと気付いたら窓の外には「北千住」。うっそおんけっこうガチで寝ちゃったの僕。

「やべえ北千住だ!お前ら降りるぞ!」

「えー!寝坊しないでよ!」

子供達にブーブー言われながら慌てて網棚の土産物を降ろし、その他のバッグなども抱え、何よりもRとタクも置き去りにしないようせっついてなんとか降りるのに間に合った。ていうか子供達よ。どの駅で降りるか、先ほどの歌を交えて教えているんだから僕が寝てても気付いてくれてもいいお年頃じゃないんですかね…と言っても後の祭りである。ガーガー寝ていたオヤジが何を言っても説得力なしである。おまけに

「あ、スマホがない!」

膝の上に置いていたからバタバタ降りる際に落としてしまっていたのだ!

「パパ何やってんの!」

「パパどうすんの!」

父の威厳は落ちるところまで落ちた。せめて冷静にいようと思い

「まあまあ、まだ慌てる時間じゃない。こういう時はね、慌てず駅員さんに助けを求めるのさ」

内心ドキドキで汗がダラダラなんだけれども、駅の事務所に行って

「ささささっきの快速の中にスマホ忘れてしまったんですけど!」

カウンター越しの駅員さんに食らい付く勢いでヘルプミー。優しい駅員さんはすぐさま次の停車駅である終点の浅草駅に電話をしてくれて、到着したら探してくれるよう手配をしてくれた。連絡が来るまでドキドキ待つ…そして、10数分後

「あったそうです。浅草駅に行ってください」

「ありがとうございます!」

なんということでしょう。無事駅員さんが見付けてくれたのだった。本当にありがたい。僕はうっかりものなので、時々こういう落し物をする。でもほぼ親切な誰かが届けてくれて無事戻って来る。そんな経験をしているので僕もスマホや財布を拾ったらちゃんと届けているけれども、もし

「スマホ落ちてるしw落としたヤツダサ過ぎ」

とか意地悪な人が拾ってわざと壊したり水にポチャンとかする可能性もゼロとは言えないので本当に助かった。

「よし、じゃあ浅草行くぞ」

「あさくさ?」

子供達にそう言って改めて電車に乗った。

「覚えてない?浅草」

「うーん」

浅草には花見とかスーパー銭湯でNegiccoのライブとか、子供達を何度も連れて行っているのだけれども、イマイチピンと来ていなかった。しかし浅草駅に近付き隅田川を渡るあたりで

うんこビル
このオブジェが見えたところ

「あ!うんこビルだ!覚えてる!」

「思い出した!浅草ってうんこがあるとこだったのかー!」

Rもタクもふたりそろってうんこうんこうるさい。普段だったら

「よそさまの前で汚いこと言ってんじゃないよ!」

と怒鳴りつけるところであるが、何しろスマホが見つかって安堵して上機嫌だったので

「あっはっは!浅草と言えばうんこだな!」

地元民に袋叩きにあいそうな返事をしてしまった。さぞやバカ親子と思われたであろう。

さて、浅草駅の遺失物取扱い室に行き、駅員さんにお礼を言って無事スマホを受け取った。

「恥ずかしいからママにはこのこと内緒にしてくれ」

と子供達に口止め要求をしたら

「じゃあボクが3DSやりすぎだったってこともママには言わないでね」

すさかずタクが交換条件を出してきので

「わかったよ!」

飲まないわけにはいかないではないか。だんだん磯野カツオみたいになってきたなこいつ。金色に光るうんこを眺めつつ、自宅方面の電車に乗る僕らであった。お世話になった東武鉄道のますますの発展と安全を祈るばかりである。

出発うんこー!(ひどすぎ)

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

Powered by FC2 Blog