2015-05-08(Fri)

かじ散歩。栃木県富田宿の遊郭探し。

実家に帰省中のゴールデンウィーク。

朝ゴハンを食べてから、子供達に宿題をやらせ始めたので僕はヒマである。なので近所をぶらり散歩してみることにした。生まれてから18年住んでいたけれども、離れてから地元に興味を覚えることもある。

富田宿

富田宿
実家から程近いところにあるのが古い街道沿いの街並み。栃木県栃木市大平町富田。ここは「例幣使(れいへいし)街道」という街道の「富田宿」という宿場町であった。親から聞いたり学校で習ったりして子供の頃から知っていたのだけれども、今は単なる寂れた通りだったのでなんの興味も持たなかった。

しかしオッサンになってふと地元のことを調べてみると、この宿場町はかつて飯盛女が数多くいて大いに栄えたのだそうだ。飯盛女は宿場において旅行者の給仕・雑用を行なう一方でエロスなサービスもする。宿場町は単に旅人が泊まるだけでなく風俗街でもあったのだった。

僕の地元は何にもない寂しいところだとばかり思っていたのに、こんな色っぽい歴史があるとは意外だったのでつい引き込まれてしまった。

富田宿
ここは街道裏の川。地元の古老によると、ブラック職場に耐えられなくなった飯盛女が身を投げたりしたらしい。と言ってもドブ川程度の深さしかなく、スペランカーですら死ねないんじゃね?と疑問が残るのだけれども。昔はもっと深かったのも知れない。

江戸時代から明治になり、風紀的な問題からエッチな要素は街道から切り離され、隔離された一角にまとめられた。「遊郭」である。ただの田舎だと思っていたのに遊郭があったとは驚きである。それを教えてくれたのも地元の古老である。ていうか母だけど。ある日車に乗っている時に

「お母さんが子供の頃までね、この辺に遊郭があったんだよねー。子供だからよく分からなかったけど、なんか独特の雰囲気があった建物と空気だったねー」

ふと母が何気なしに言ったことがきっかけでその歴史を調べてみる気になった。図書館などで調べてみると、確かに遊郭が存在したことが記録されていた。

「栃木県警察類典」(1901年 明治34年)に、明治32年9月に定められた「遊郭設置規定」が記されており、

「第二条 遊郭ハ左ノ地域内ニ置ク」

と、この富田が指定された地域のひとつになっている。

「栃木県統計書」(1886年 明治19年/1892年 明治25年)には明治15年で貸座敷が9戸あり、娼妓は9人、明治25年には5戸23人、「栃木県警察統計表・明治35年」(1902年)では5戸26人とある。

「栃木繁昌記 : 名勝旧跡地理沿革」(1899年 明治32年)には

「貸座敷は五軒ある。朝日楼、饅頭屋、境屋、福島楼、増田屋の如きだ。さて何楼がよかろう、朝日屋がよかろう。揚代は五十銭これは安値だ。ところが女はいずれも新潟県だ。どうりで薄情だ(コレは失敬)」

と具体的な店の名前や料金、娼妓の出身地まで書かれた体験レポがあって面白い。

「全国遊郭案内」(1930年 昭和5年)では両毛線富田駅界隈と間違えられて紹介されていていい加減な感じであるが、妓楼3軒娼妓は18人くらい、と紹介されている。

しかし文献だけでは場所が特定出来ず、これも地元の古老…じゃなかった母に聞いてもはっきりしなかった。万事休すか、と思ったところ母が自分より年寄りのスーパー地元の古老に聞いてくれたので場所が判明した。

富田宿
「この通り(赤線が引いてあるところ)が大門通りって言ってね、この通りを挟んでぽつりぽつりとお店があったんだってさ。そういえばお母さんもこの辺のことを大門って言ってたよ…」

大門とは吉原大門のように、遊郭には付き物の建造物である。文献でも店の数は明治の頃から昭和にかけて徐々に減っていることが読み取れ、それほど多くなかったことがうかがえる。これは信憑性が高い。早速行ってみたところ、

富田宿
現在の様子がコレ。遊郭の面影などはなにひとつ見つからないただの住宅街であった。おそらく遊郭が廃れてから半世紀以上経ってるのだから仕方がない。

遊郭跡地めぐりを終えて東武線の駅に近づくと、駅前からモモクロの曲がばかでかい音量で流れていた。何だろうと思って寄ってみると、

富田宿
小学生ぐらいのアイドル集団が踊っていた。周りにはバズーカのようなカメラを構えたカメラ小僧が何人も。なるほど、なかなかカワイイ…うちの娘・R(11才)ほどではないがな!ってオイ。昔も今も若い女で人を呼ぶのだろうか、この地元は。

結局遊郭に関連するものは何一つ見つけられたかったが、散歩している間、やたらと目につくものがあった。

富田宿
富田宿
富田宿
富田宿

「キリスト看板」である。東京だとまず見ないのに田舎に来るとザビエルが貼りまくってんじゃないかってぐらいあちこちにあるのだ。こういうまじめーなメッセージをいくつも見させられると、自分のいい加減な人生を振り返り反省したくなるものである。

キリスト御免。なんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

Powered by FC2 Blog