2015-05-04(Mon)

水曜日のカンパネラ「トライアスロン発売記念」タワーレコード渋谷店1F 2015.05.03

渋谷LOFTの1F入口すぐにある「4WN」×「水曜日のカンパネラ」とのコラボ「TOKYO NEO POP」。

オリジナルの水カングッズがたくさん売られていた。僕がTシャツを買ったとき、デザイナーの柳さんが声をかけていただいて、デザフェスがきっかけで水カンと知り合い、コラボするようになったんですよー、等話を聞かせていただいた。

この日12:30からコムアイさんが来店し、ちょっとだけ店長になり、お客と写真撮影タイムに。

水曜日のカンパネラ
僕も撮ってもらってしまったりして…。

15:00からはタワーレコード渋谷店1Fでインストアライブ。用意されたスペース内にはとても入りきれない客の入りで、それを見越してかステージが大変高く設置されていた。

1曲目は「ナポレオン」。コムアイさんはいきなりステージを降りて観ている客をかき分けて店内にずんずん行ってしまう。姿が見えなくなってしまうのだけれども、後ろの浜田省吾のパネルが掲示されているあたりで

「お兄さん、私、浜田省吾よりいい音楽やってるんですけど」

どうやら通りすがりのお客さんに絡んでいる様子。後ろや横にいる人達にも見えるよう、コムアイさんは店内あちこちを回り、最後は何故か金髪ギャル姿の有村架純が演じる「ビリギャル」の等身大POPを持ってステージに戻って来た。そしてそれを

「『ユタ』を作ったオオルタイチさんです」

と言い張り紹介。

水曜日のカンパネラ
レコーディング楽しかったですよね、とか雨乞いの歌なんですよね、とか話しかけていて、

水曜日のカンパネラ
いつの間にかコムアイさんとビリギャル…じゃなかったオオルタイチさんとの撮影会になってしまった。両者ともかわいいなと思っていると、

「コムアイのほうがかわいいよ!」

後ろのほうから厄介系のアイドルヲタみたいな叫び声が上がった。

「どっちでもいいわ!」

コムアイさんは軽く一蹴してから、長い前フリであったが「ユタ」を歌う。みんなに「歌えます?」と振っていたけれどもさすがに無理であった。

今日はレーベルの後輩アイドル「Stero Tokyo」がライブの参考のために観に来ているんだけど、参考になりません!と自虐的に言い切って「ディアブロ」。先日公開されたばかりのMVはコムアイさん自身の撮影時間は短かったという。ポリゴンになったところが面白く、自分がいよいよ素材っぽくなってきたな…、と。で、曲に入る前に歌の練習。

「いい湯ーだーね!」

「いい湯だね!」

「手の指の皮が」

「ふやけるね!」

コムアイさんと客が交互に歌う。「ふやけるね!」は叫ぶんじゃなくて肩の力を抜いてふやーんとした感じで歌って、とかなかなか注文が細かくなってきた。

「ディアブロ」からノンストップで「桃太郎」に切り替わりおおーっと歓声が上がり、

「魂の十六連射!」

とみんなで叫んでライブは終了。余韻を残したまますぐさま抽選会。賞品は水曜日の視聴覚室ワッペンと「WED」カンバッジで、コムアイさんが抽選箱から番号を読み、イベント参加券の番号と合っていたら当たりである。なかなか番号を読んでもその人がいなくて

「出席率わるいなあ」

とコムアイさんがぼやきつつその分多くの番号が読まれたけれども、そういうのに全く縁がない僕はやっぱりカスリもしなかった。

抽選会の後はサイン会。久しぶりに名前も書いてもらったような気がする。自分から言わなくても書いてくれるのは嬉しいものである。
いよいよ3日後が「水曜日の視聴覚室」なので、インストアライブはこの楽しいノリのまま続き、視聴覚室では前回も前々回もあったような、目を見張るほどの美しい演出を見せてもらいたいものである。

水曜日のカンパネラ

【セットリスト】
1.ナポレオン
2.ユタ
3.ディアブロ
4.桃太郎
応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog