2015-04-19(Sun)

人間椅子。

あぐらをかいて新聞を読んでいると

「パパ椅子して?」

娘・R(11才)が膝の上に乗ってきた。Rが僕を座椅子のように扱う、それが「パパ椅子」だ。パパいすに対してパパいやと言えない僕は足がしびれても我慢して座らせるのだ。どうせもうあとちょっとしたらこっちから座れと言っても逃げてしまうお年頃になるはずだ。

「はー、Rはどれくらいまで『パパいす』って言って座ってくるんだろうね」

とRに聞いてみると

「うーん、今6年生だからー、あと1年ぐらいじゃない」

ケラケラケラと笑った。いつまで経っても甘えん坊だなあとか思っていたけれども、わりと計画性のある甘え方のようである。小学校卒業ぐらいがひとつのボーダーラインになっているような気がする。今もお風呂は一緒に入っているけど、確かに

「小学生の娘と一緒にお風呂」



「中学生の娘と一緒にお風呂」

では一文字違いでえらい違いである。でもそういえばこんな話を思い出した。Rの同級生のマミちゃんのパパと僕は親しいのであるが、そのマミパパが

「オレはずっと前からマミに『ハタチになるまで一緒に風呂に入るからな!』って言ってるんで!」

と言っていたのを思い出した。

「ただの変態オヤジじゃないですか」

僕は思わずそう言ってしまったものである。そんなことを思い出して

「そういえばマミちゃんパパはハタチまで一緒にお風呂に入るんだ!って言ってたなー」

Rの前でついうっかり口を滑らせてしまったら

「へんたいだー!」

Rの開いた口がふさがらなくなっていた。ついでに横で聞いていた息子・タク(9才)も

「へんたいだー!」

やっぱ君達でもそう思うかね。マミちゃんパパすいません。ウチの中であなたは変態オヤジになってしまいました…。

こういうのはやはり親からタイミングを見計らって離れていくべきものなんだろうなあ…と寂しさを覚え、子供達が寝た後の深夜、お役目を終えつつある「パパいす」は、酒でその寂しさを紛らわせるのであった。

椅子とかけまして、深夜の飲酒とかけます。

その心は、どっちも「もたれる」!

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

Powered by FC2 Blog