2015-03-08(Sun)

お忘れ物なさいませんよう下校ください。

「パパ、一緒に学校に行こう」

先週の土曜日、娘・R(11才)が学校に忘れ物をしたため、一緒に取りに行きたいと言い出した。

「ひとりで行けるじゃん」

「やだ」

「誰もいない学校が怖いとか?」

「違う」

「じゃあなんでよ」

「いいから一緒に来て!」

めんどくさいなあと言いつつも実は娘とふたりでの散歩なのでわりと楽しい僕である。

「何忘れたの?」

「うばわきとコンパス」

Rは「上履き」を未だこう呼ぶ。「うわばき」と分かっていながら発音しづらいのでつい「うばわき」となってしまう…ということならしょうがないかと思う。しかし以前やはり上履きを忘れて学校に取りに行った際、学校の玄関に学年・氏名・忘れたものを記入するノートがあるのだけれども、そこに堂々と

「うばわき」

と書いていて父ちゃん情けなくて涙出て来たことがあった。今回はそれは勘弁してくれよ…とドキドキしながらRが書く様子を黙ってみていたら

「上ばき」

とレベルアップしておりちょっと安心した。そんなRも4月から6年生。Rはスタコラと階段を駆け上がり自分の教室へ。机の中からコンパスを取り出した。

「それがRの机か」

「うん」

本当は学校で撮影なんかしちゃいけないんだけど、Rの学び舎での姿を記録に残しておきたいなあ…と思い、

「ちょっと自分の椅子に座ってみてよ」

と言ったら

「やだ」

あっさり逃げられた。最近写真を撮らせてくれない。

「ねえ見て」

「は?」

Rは壁に掲示してある学級新聞を指差した。新聞係のRが作ったのだという。さぞかしクラスのためになることを書いてるんだろうな、と期待して読んでみたら、全部サンリオのキャラ「ぐでたま」についての解説であった。そういえば以前ネットで調べさせられたのはこのためだったのか…。頼むよ4月から6年生。

教室を出て下駄箱にもよって上履きを取り、用は済んだ。

「忘れないようにちゃんと帰る時にチェックしなさい」

「うん」

というやりとりがあったのに、

「パパー、学校一緒に行って?」

今週末もまた忘れ物!

「なんで週イチで登校しなきゃならんのだー」

「えへへ」

とRの笑顔に誤魔化されつつまた教室へ。

「R,ちょっとそこに座って…」

「やだ」

ほんのちょっと前まではレンズが汚れるかと思うほどカメラを向けるとがっついてきたもんだけどなあ…。

あなたは大切なものを忘れていきました…。

親父の心です。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog