2015-01-27(Tue)

子連れ居酒屋にチャレンジ。

とある土曜日、嫁が仕事からのママさんバレーでいない夜だった。

「どこかに食べに行こうか」

子供たちを連れてラーメンでも食べに行こうかと思った、娘・R(11才)も息子・タク(9才)も生意気なことにラーメンはワンパターン、ファミレスは飽きた、定食屋は汚いからヤダとか言い放ちなかなかうるさい。

「じゃあ居酒屋に行ってみようか」

「えー!」

居酒屋といっても○民なのだが。よく近所のオッサンソフトボールチームの飲み会で使っているところで

「家族でもよくココに来てますよ」

と言っている人がいたのを思い出した。なるほど子供向けメニューもあるし個室もたくさんあるからいいかもねー、ということで行ってみた。

そしたら親子連れ、たくさんいた。個室に出入りする子供達の姿があちこちで見られ、やはり家族利用は多かったのだ、と改めて認識した。僕らも個室に案内され、そこに入ろうとすると斜め向かいぐらいの個室に入っていく子供達の姿に見覚えがあった。

「あっ!○○ちゃん!」

「あ!Rちゃん!」

なんとソフトボールオヤジのひとりでRと同級生の家族も来ていたのであった。考えることはわりと同じなようである。さて、案内された個室に入るとRもタクもなんかワクワクしている。メニューを見せて

「何を食べようか?」

と聞いてみたところ

「さしみ!!」

○民とはいえ結構高めのメニューから攻めてくるではないか。やっぱりファミレスとかより高くつくな…と覚悟を決めた。注文を終えるとソワソワしていたRが

「たんけんしてくる」

と個室を出てってしまった。

「おいこら。走ったりするなよ!お店の人の邪魔するなよ!この部屋の番号覚えとけよ!」

慌ててRの背中に向かって声をかけたがRにとっては居酒屋の中身は興味があるらしい。迷子になるなよーと思っていたら

「たんけんおわり」

3分ぐらいで戻って来てしまった。

「早いね…」

料理が来はじめて僕はキビナゴをかじりながら酒をちびちびやる。そのうち嫁から「バレー終わった」と電話が来たので嫁も呼んでみんなで食べた。

1時間半ほどいただろうか、みんな腹いっぱいになったのでお会計しようとしたら

「あらこんばんは」

オッサンソフトボール飲みの時によく僕らがちょっかいをだしているカワイイ店員さんでちょっと焦った。幸い嫁は靴箱あたりにいるから見てないだろう…と安堵したら

「えーなんで知ってんの!」

子供たちが騒ぐ騒ぐ。し、静かにしなさい!

騒ぐと居酒屋だけにつまみだすぞ!なんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog