--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-01-16(Fri)

リンクにかけろ。

としまえんにスケートをしに行った話の続き。

スケートをするのはほぼ1年ぶりだったので、スケート靴を履いて氷上に立つと非常に不安な気持ちに襲われる。滑り方のカンを取り戻すのに時間がかかるのだ。

娘・R(11才)と息子・タク(9才)も

「ひさしぶりだからうまくできない」

としばらくヨロヨロしていたがさすがは成長の早い子供、そのうち不恰好であるが去年より速く滑るようになってしまっていた。その様子を見た嫁は満足して帰って行った。嫁はスキーはうまいがスケートは苦手なんである。

夕方近くになってくるとさすがに寒くなってきた。しかし子供達はまだまだ滑る気満々である。滑っていれば全然寒くないのだけれども、僕はとっとと飽きてしまい滑ったり休んだり適当にしていたのだ。

ここでスケートをするたびに思うことは、必ず上級者がいるなあ…ということである。混雑している中をザザザザッとものすごいスピードですり抜けて行ったり、リンクの真ん中でフィギュアスケートの練習みたいなことをしていたり、ドヤ顔で滑っているのだ。素人としてはいきなりうしろからびゅううんと抜かれると結構怖い。

フィギュアスケートだかスピードスケートだかアイスホッケーだか何の練習かは知らないが、本当に練習したいのなら、こんな野外の表面がスケートの刃でボコボコの、遊園地のなんちゃってリンクじゃなくてちゃんとした施設のリンクに何故行かないのだろう、といつも不思議に思う。

今日もフィギュアスケートの練習をしているらしい女の子が今にもジャンプしそうな勢いでリンクを走り抜けていた。

あと、見た目はメガネで頭頂部の髪がかなり寂しく、いかにも疲れたサラリーマン親父なのだが、滑る姿はものすごく、混雑した隙間をびゅんびゅんすり抜けて行く。

「さすがによく滑るね、ハゲだけに」

なんて戯言が頭に浮かんだがさすがに失礼だし子供の前で言うのはよろしくないだろうと口を噤んでいたら

「あのハゲのひとすごい!!」

Rもタクも正直だなあ…。

「こらこら、ハゲ言うのはやめなさい」

一応親として注意したところ、ちょうど子供達の横にいた集団の中学生ぐらいの男の子達が

「ザビエルすげー!」

と叫んでいた。もうアダ名がついてるー!

結局子供達は暗くなってからも滑り続け、更には一旦スケート靴を脱いでジェットコースターに乗ってまた滑り、全力で遊び倒した。

「Rは帰ってから日記書かなきゃならないんだろ?」

と説得してようやく帰し支度を始めたのは6時半。アイススケートで一番楽しいのは、靴を脱いだ時の開放感である。もうしばらく来ないだろうなあ…と長年僕らを楽しませてくれたとしまえんに感謝しつつゲートをくぐって家に帰った。

スケート選手とこのインターネッツはよく似ている…。

リンクで飛びます。なんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

No title

こんにちは

10歳長女と6歳長男そして昨日誕生日で2際に
なったばかりの次男を持つ3時パパです。

子育てブログを追々やりたいと思っており、
勉強のために訪問致しました。


いくつか記事を拝見しましたが、
面白くさやぐっとくる内容があって勉強になりました。応援してます。

お互いに子育てそして理想の家族を手に入れましょう。
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。