2015-01-10(Sat)

寝しょうがII

初日の出を拝んで、家に帰って来てからは絵に描いたような寝正月だった。

行動範囲がほぼアラウンド・ザ・コタツ。コタツから動けなくなった地縛霊みたいになってしまった。コタニャンである。

「えきべん見る!」

子供たちは箱根駅伝を「駅弁」、駒沢大学を「こまさん」(妖怪ウォッチにそういう名前のキャラがいるんである)と勝手に呼んでテレビから離れぬ。どんだけ駅伝応援するんだよ…と思ってたらそのうち飽きて違う番組見てるし。

僕はこのまま寝正月でよかったのだがさすがに子供達は体力を持て余したようで、午後になってからは

「暴れたいからどっか連れてって」

と言い出した。やはり子供は風の子。そんなわけで娘・R(11才)と息子・タク(9才)、あと嫁を連れて近所の小学校の校庭で遊んだ。ここは僕の母校で、自分の子供が自分の母校で遊んでいるのってすごい不思議な光景だ…と何度子供を連れて来てもそう思う。

ここでは羽根つきならぬ何故か実家の物置にあったバドミントンをし、飽きたらドーンジャンケンポンを汗を流すまでやった。だって子供達やめないんだもん。

そして夕方は買い物。田舎ならではのでかいスーパー(withさらにでかい駐車場)が近隣にいくつもあり、それらをハシゴした。何故ハシゴしなきゃならないかと言うと、タクが

「ねりあめが欲しい」

と言うんである。ねりあめはタクが好きな駄菓子である。しかもどんなねりあめでもいいというわけではなく、

やおきん(うまい棒の会社)製のねりあめじゃないとダメらしい。このうんこ頭みたいなパッケージのねりあめが、何故かないのだ。始めのうちはヒマだったので

「じゃあ次の店に行って探すか~」

そのうちみつかるだろ、とローラー作戦を敢行していたのだがガチで見つからなくていい加減ウンザリしてしまった。そういえば年末にも同じようなことをしていたような…あ、書き初め用の長い下敷き探してたんだった。

結局見つからないばかりか僕が衝動買いしたくなるものばかり見つかってしまって。

レモン牛乳
栃木に来たならレモン牛乳。昔はもっとザラザラしていていかにも体に悪そうなケミカルな味わいだった。

とち介
そしてゆるキャラ「とち介」のぬいぐるみ。可愛すぎて買ってしまった…。ていうかなんでスーパーで売ってるの…。

そんなわけでぬいぐるみを抱えて東京に戻ってきたわけだが、未だにねりあめが見つからないんである。こっちならいくらでもあるだろ、と油断していたが大誤りであった。西友にも東急ストアにもマルエツにもコンビニにもおかしのまちおかにもないいい!

飴だけに読みが甘かったな~。なんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

Powered by FC2 Blog