2014-12-14(Sun)

ウォッチ、今何時?「あと3時間半」「…」

今年の子供達へのクリスマスプレゼント。

ウチはテレビゲームや携帯ゲームは禁止だった。しかし以前の日記に書いたが、息子・タク(9才)がクラス全員にゲーム機の有無をヒアリングしたところ、欲しいのに持ってない子はタクだけ、という結果になり解禁することにしたのだ。子供の常套句、

「みんな持ってるのに!」

というのが本当だったことが証明された珍しい例であった。

娘・R(10才)もタクもポケモンが好きなので、じゃあニンテンドーDSとポケモンのソフトをサンタさんにお願いすればいいよね、と確認していたが、金曜日の晩、急に

「妖怪ウォッチのゲームがいい。明日発売なんだよ」

いきなりリクエスト変更になってしまった!さすが妖怪ウォッチ。友達の子供は全員アニメ観てるし、アニメに出て来るグッズのおもちゃは親が血眼になって探すほど品薄の大人気だし、ポケモンをしのぐ勢いである。

マクドナルドが年末に販売しているカレンダーは毎年ポケモンだったのに、こちらも今年はあっさり妖怪ウォッチになってしまった。さすがマック、松永久秀のような変わり身の早さである。

ここでびびったのが僕と嫁である。妖怪ウォッチのソフトが土曜日に発売されることは知っていて、大人気でトイザらスもツタヤもコンビニ他どこも予約が一杯で受付終了してしまい、アマゾンではボッタクリ値のテンバイヤーの巣窟状態であることも知っていた。

だけどもウチはポケモンなので、妖怪ウォッチは手に入れるの大変そうだなあ、と嫁と呑気に構えていたのでいきなり無茶振りされた形になってしまった。

「今頃言われてももう予約できないよ、あ、サンタさんが」

うちの子らは未だにサンタを信じているので、サンタさん困るだろ、ポケモンにしとけと言ったのだけれども、

「サンタさんはクリスマスプレゼント分は自分で作ってるから大丈夫だよ」

というすごい謎理論で目をキラキラさせているので無駄であった。子供達が寝た後、どうしようねーと嫁と悩み

「僕が朝トイザらスに並ぶよ」

「まじで?」

「売り切れてクリスマスまで買えなかったらやばいし、いちいちいつどこで販売するとか情報を追うのがめんどいじゃん」

「あ、DSは青がいいってタクが言ってたよ」

「はいよ」

そういうことになった。朝6時に起きてまだ寝ている嫁に

「じゃ行ってくるよ。子供達には適当に言っておいて」

そっと伝えると

「え、ホントに行くの?」

と笑っていてムカついたのでほっぺたつねっておいた。

最寄のトイザらスに行くまでの途中にシネコンがある。そこを通りかかったらものすごい行列が出来ていた。ゴザ敷いたりテント貼ったりして並んでいる親子連れが何十人といる。

妖怪ウォッチはゲームだけじゃなくて映画もある。映画は来週から公開されるので、これはその座席をいち早く確保しようという行列なのだ。早いうちに来ないと特典のメダルが貰えないらしい。

ウチも前売り券は買ったけど、幸いなことにRもタクもメダルには全く興味がないのでいつでも観に行けばいいので助かったが、どこの親も大変である。

映画の行列にビビりながらトイザらスに到着。こっちはどんだけ行列があるんだ…と思ったらなんと誰もいない!

トイザらス
入口にこんな貼り紙があった。開くの10時か…。「悪の十字架」を思い出した。この時6時半である。長い試練になりそうだ。

程なくして、小学校3年生と1年生ぐらいの男の子兄弟を連れたお母さんがやって来た。

「早いですね」

「僕も今来たばかりですよ」

などと少し話をして待つ。これは寒いとかヒマとかスマホ電池切れとかうんこしたいとか様々な困難との闘いかと思ったが、幸いなことに陽の光が出て来てちょっと暖かかったりトイレは隣接の駐車場にあったり、スマホは持って来た外付けバッテリーで何とかなったのでスマホでヒマを潰す。

トイザらス
9時ぐらいになっても行列はあまり伸びず、結果として開店後に行っても全然買えたという。思いっきり杞憂に終わってしまった。

嫁には

「無事買えたけど早起きしなくても全然大丈夫だったよ…」

とメールし、これもRとタクの気まぐれがなければ…と悔しい思いを伝えたのであった。

僕の後ろに並んでいたお母さんも

「あー失敗したー。早く来過ぎたー」

と子供の前でメチャクチャ悔やんでいたのが面白かった。

後悔ウォッチ。なんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog