2014-10-01(Wed)

寿司食わネエ!

「パパ、お寿司食べたい!」

息子・タク(8才)が言う。

「来週の誕生日に行くんじゃないのか?」

タクの誕生日は10月3日であり、週末にお祝いしようと考えていたので来週にしようぜ、と言ってみたところ

「先に今日お寿司を食べて、来週はケーキに集中したいの」

というゴチソウ分散化計画を考えており、ちびっ子のくせによく考えるものよ、と笑ってOKすることにした。ところが10分後

「やっぱなし」

「なんでー!」

いきなり前言撤回をしてきたので、いったいなんなんだ!と叱ったら

「商店街のお祭りがあるから」

だってさ。お寿司大好き少年のくせに、なんでまたそんな何回も行ったことがある地味ーな地元イベントを優先するのだろう、と思ったら

「マリオカートやりたいんでしょ」

と嫁。

「あーそうか」

商店街のお祭りでは、いつも電気店が小遣い稼ぎのために、テレビとニンテンドーWiiを店頭に出して、10分100円でやらせているんである。僕と嫁はまだ子供達にテレビゲームを買い与えてないので、タクはこういう時にしかやれないのだ。それにしても寿司よりマリオカートのほうが優先順位が高かったとは…。

で、夕方になり、子供達を連れて商店街のお祭りに。

「ほら、早く電気屋行け。先にマリオカートの順番取られちゃうぞ」

とタクのケツを引っ叩いたら

「最初にチョコバナナ食べたい」

ということで娘・R(11才)とタクにチョコバナナを買ってやって食べさせた。さすが何度も来ているお祭りだけあってどこに何があるかは全てわかっている。

「Rはねー、焼きそば食べたい」

ゲームより食い気のRのために焼きそばも買ってずばばばと食う。

焼きそば
量がもっさり、具もたっぷりで200円。ついでにフランクフルトも買ってみんなでソーセーG!

そうしていかにも祭りの屋台の食い物たちを食い散らかすと、タクはいよいよマリオカートにはまってテレビの前の地蔵と化し、Rは文具店に行って可愛い文房具探しに行ってしまい、僕はフランクフルトを肴に酒を飲み始めて、ものの見事にバラバラな一家になってしまった。

そんなことをしているうちに嫁がやって来て、僕を見つけて

「あら、どうも…」

めちゃくちゃ他人行儀に挨拶する。どこにご近所さんの目があるかも知れないのに、地元の商店街で酔っぱらってる亭主なんかに近づきたくもなかったのかもしれない。しかし僕は子供達のぶんとは別に、嫁用にも焼きそばを買っておいた。それを渡すと多少嫁の機嫌が良くなったようだ。わたしゃあなたの焼きソバがいい。なんちてぐへへ。

Rもタクも全く興味を示さないが、中学校のブラスバンド隊がブンブカブンブカ演奏しながら練り歩いて行く。どこにでもありそうだけれども、こういう100%地元コンテンツのオーソドックスなお祭りはとても好きである。

平凡でいいんだよ、こういうのでいいんだよ、こういうので…と「孤独のグルメ」の井之頭五郎のセリフを真似して呟きつつ酒をあおっていたら

美少女
なんか美少女が来た!彼女はちびっ子に飴を配っていてわりと人気者だった。僕は飴をもらえなかったが写真を撮らせてもらった。そういえばこのお祭り、ほぼ必ずああいう彼女たちが1、2体が歩いている。いったい何者なんだろう。中身はオッサンなのかな、と思ったこともあったけど、一度うっかりぶつかってしまった時に

「ご、ゴメンナサイ!」

思いっきり萌え萌えな声が中から聞こえて来たのでうおおおと興奮した思い出がある。

タクがまだマリオカートに集中しているので、さらに商店街をうろついてると

江古田市場
建物の壁にこんなアートが。JOJOの第二部みたいである。

焼きそば
サンタナとかが埋まってそうだ。これは、商店街の空間を利用してアートしよう、というイベントの作品なんだそうだ。

平凡な商店街かと思ったらわりと変化球要素があるものである。

奇想天外、き商店街。なんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

No title

こんばんは。アイラです。

お祭りの状況、楽しく読ませて頂きました。

男の子って食欲よりもゲームが好きですよね(笑)
私にも弟がいるんですが、小さいときの事を
思い出しました(笑)

街角アート、凄いですね!
若干恐怖さえ覚えますが、お祭りの時だけで
良かったです(笑)

また遊びに来ますね♪
応援ポチっと。

No title

うちの子はゲームやらせろだのチョコバナナ食べたいだの
食欲もゲーム欲も両方ですw

確かに女の子はゲームについては一歩引いてますよね。
娘は自腹切ってまでやろうとは思ってません。

いつもありがとうございます。
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog