2014-09-04(Thu)

水曜日のカンパネラ「水曜日の視聴覚室vol.2」渋谷WWW. 2014.09.03

AZUMA HITOMI(アズマヒトミ)さんとの2マンライブ。まずはAZUMA HITOMIさんから。キラキラなダンスポップ中心かと勝手に思っていたが、結構ドスの効いたテクノサウンドも多めで体がうずくようなライブを展開。

その後ステージに幕が引かれ、再び開いた時が水曜日のカンパネラのライブスタートであった。前回の「水曜日の視聴覚室vol.1」同様、中山晃子さんがVJを行なう。コムアイさんのパフォーマンスと、中山さんがその場で絵の具を使い、様々な色が流れたり溶け込んだりする強烈な色彩の渦の映像が合わさったVol.1は、今でも水曜日のカンパネラ最高のライブだと思っている。さて今回は…。

幕が開くと、ステージ下手からフライヤーと同じワンピースを着たコムアイさんが現れた。しかし何故か顔面を包帯でぐるぐるに巻かれており、表情が全く見えない。

コムアイさんも何も見えないようで、黒ずくめのスタッフに手を引かれてステージ中央の椅子に腰掛け、「マチルダ」を歌い始めた。ところが途中で椅子の後ろからにゅっと手が伸びて来て、誰だ?と思ったらなんとそちらが本物のコムアイさんであった。サプライズな登場の仕方に完全に意表を突かれた。

ドヤ顔で歌う本物コムアイさんと入れ替わるように、偽コムアイさんはまたスタッフに手を引かれてステージを去って行く。

歌っている途中で、あたかも天井から蛍光灯のヒモがぶら下がっているかのように、コムアイさんはヒモをカチッと引っ張るパントマイムをする。すると照明と音が同時に消え、すぐさま「不二子」に繋がった。

演劇の舞台のような初っ端の演出に加え、うねるようなダンスがまさに振り付けの竹森先生にテッテ的にしごかれたと思われるような凄まじい動きであり、冒頭からもの凄いライブが目の前で行われているぞ…と、感動を通り越して空恐ろしくすら感じた。やはり「水曜日の視聴覚室」と銘打つライブはいつものライブとは違う!

ただ続く「大五郎」で歌い出しのタイミングを間違えたり、MCになる予定が先にかける予定の曲が流れてしまったり、一瞬いつもの新宿LOFTあたりでのライブのような空気になってしまってホッとしたようなテンション下がったような。

「今日のツーマンライブはAZUMA HITOMIさんと対決するつもりで来ました!」

仲良しだけれども、仲良しと対決する気持ちになるとやる気が出るというコムアイさん。VJの中山さんの紹介もした後「二階堂マリ」。中山さんによるキン肉マンのマンガの切り抜きが映し出され、マリしゃんやらビビンパやらがコムアイさんの後ろでゆらゆら揺れていて面白い。曲が終わると

「中国四千年の伝統…ラーメンマン!」

唐突にラーメンマンのテーマが流れ、コムアイさんが一旦退場。再び現れた時はチャイナドレスを身に纏っていた!うをを…撮禁でなければ…!この前フリは当然「カンフー・レディ」のためのもの。チャイナドレスでしなやかにカンフーの動きをするコムアイさん。寿命が四千年伸びた。

続いてコムアイさんがステージに腰を掛けると「星めぐりの歌」。ライブで初披露だという。コムアイさんの歌の綺麗さにもビックリしたし、金色の絵の具が水に溶けて粒になり、キラキラと流れていく中山さんの映像の美しさにも驚いた。この時がコムアイさんのパフォーマンスと映像とが最もシンクロした時ではなかったろうか。

曲が終わっても余韻に浸っていると、突然聴いたこともないような曲が。いや、聴いたことがある。これは「モスラ」の逆再生だ!と気付いた。逆再生だとコムアイさんの歌声が北朝鮮の女性アナの力強い喋りみたいに聞こえて面白い。

「今日のために用意した新曲、『インカ』です」

なんと全くの新曲だったとは。

「インカの目覚め…この世の定め…麻婆春雨!」

この韻の踏み方は間違いなくケンモチさん(作曲/編曲担当)によるもの。トラックはボンゴが打ち出すリズムがめちゃくちゃ気持ちいいテクノである。インカから始まってマヤとかインダス、黄河などの文明の名前ラップになり、最後はジャガイモの品種の羅列になるという、やっぱりケンモチさんならではの展開。

「イントロはモスラの逆再生だったんですよ。分かりました?」

とコムアイさん。しかし僕を含め結構な方々が気付いていたようで悔しかった模様。

それから本日発売の100円CD「demo5」に収録されている「千利休」と「桃太郎」を遂に初披露。「千利休」では、指で「千」を描くようなフリを一緒にやってほしいんです、と事前指導が入った。

いずれの曲も一部歌詞がすっ飛んでスキャット状態になってしまったりラップのタイミングが半拍ズレたり、完全な状態ではなかった。

「むにゃむにゃうううう…勘弁してください!」

これは歌えなくてコムアイさん謝ったわけではなく、ちょうど「桃太郎」で「鬼ヶ島だけは勘弁してください」という歌詞がある箇所の前でとちってしまったからであり、それが偶然にも謝っているようにも聞こえてしまいましたとさ。ただ、ライブでも素晴らしく映える曲だということが分かった。「桃太郎」の

「きっびっだーん、きびきびだーん」

のフリが可愛くて可愛くて。

新曲の後は告知。11/5に4枚目のアルバムが発売される。タイトルは

水曜日のカンパネラ
「私を鬼ヶ島に連れてって(はあと…は付かないらしい)」

鬼ヶ島だけは勘弁してくださいって歌ってるのにどっちだよ、みたいな。

水曜日のカンパネラ
そして初の全国ツアー。コムアイさんが書いたホワイトボードによると

11/22(土)名古屋
11/24(祝)京都
11/25(火)神戸
11/29(土)北海道
12/07(日)長野
12/15(月)仙台
12/19(金)福岡
12/20(土)沖縄
12/21(日)沖縄
01/18(日)大阪・梅田シャングリラ
01/21(水)東京・代官山UNIT
01/25(日)岡山・ペパーランド

とのこと。これらの告知だけは撮ってツイッターで広めて!とコムアイさんが言っていたので撮影した。沖縄が2日あるのは、2回ぐらいやらないと交通費が出ないので…とぶっちゃけた話を。あと最終日が岡山なのはもちろん鬼ヶ島にちなんでのことであろう。雉のコスプレして行きたい…(あらゆるところで戦力外なので)。

最後の2曲は「星一徹」と「ミツコ」。ステージを降りて観客の真ん中を突っ切りちゃぶ台返しをするコムアイさんは、まんべんなくフロアを徘徊し、中山さんのVJブースにも侵入した。それを中山さんがビデオカメラで撮って、撮ってる映像がまたスクリーンに流れたり、「二階堂マリ」で使われたキン肉マンマンガの切り抜きをコムアイさんがばら撒いたりしてフリーダムタイム発動。

「ミツコ」は…。この曲、ずっと一番好きだったけれども、やばい、新曲達が良過ぎて一番じゃなくなっちゃうかも。

これで終わりと思いきやコムアイさん、Tシャツ、ポスター、タオルなどの新グッズの紹介をする。そしてAZUMA HITOMIさんをステージに呼んだ。何度も共演をしているので、一度一緒に何かやりたい、ということで、水曜日のカンパネラのとある曲をAZUMAさんがリミックスしたのだという。その曲を一緒にやりましょう、と。

曲に入る前にAZUMAさんがはまっている「妖怪ウォッチ」の話が出た。AZUMAさんがコムアイさんに「こまさん」という妖怪ウォッチのキャラの画像を送ったという。こまさんとコムさん(コムアイさん)は名前が似てるから送ったのだ、とか。で、コムアイさんがそれをスマホのロック画面にしたところ、のどの調子がよくなったとか、そんな流れで曲の振り付けは「ようかい体操第一」冒頭のフリをみんなにやるようにレクチャーしてから曲が始まった。

その曲は「マリー・アントワネット」。そういえばコムアイさん、今日、お菓子投げてなかった。AZUMAさんのリミックスはゴリゴリしたトランステクノっぽいノリで、

「きっびっだーん、きびきびだーん、花の都パリじゃん、踊れフレンチカンカン」

2曲の歌声が連なっているところもあってとてもカッコいい。更にコムアイさん達は前の方の観客達にステージに上がるよう煽った。ライブで時折見かける結構濃ゆい人達がちらほらと見受けられ、ステージがカオスに。しかしふたりはそんな人達を巧みに操り、二組に分かれて「フランス革命ごっこ」をしてワチャワチャ騒ぐ。コムアイさん自身はよくステージからフロアに降りて行くが、逆に客をフロアからステージに上げるなんて。

最後はでっかいクラッカーを用意して、

「お菓子を食べればいいじゃなーい!」

の掛け声に合わせてパーンと鳴らして終了。コムアイさん達が退場すると、スーパーとかの閉店で流れるそのまんまの「蛍の光」が流れ、

「本日もご来場いただき、まことにありがとうございました…物販のお買い忘れのないよう、お財布を軽くしてお帰り下さい…」

デパガ風の独特なイントネーションでアナウンスするコムアイさんの案内で幕を閉じたのであった。

話は逸れるが、妖怪ウォッチはウチの子供達も大好きで、先月、娘の誕生日のプレゼントとして「こまさん」のぬいぐるみを買ったばかりである。

水曜日のカンパネラ

水曜日のカンパネラ
ライブ後に撮らせてもらったコムさんとウチにあるこまさん。

水曜日のカンパネラ
そして僕ら観客がWWWを追い出されても一緒に外に出て相手をしてくださったケンモチさん。

ライブの内容が濃すぎて、また感じ取ったことが多過ぎて言葉が追いつかない。ただ、今迄最高のライブだと思っていた前回(vol.1)を超えた!と言いたい。

【セットリスト】

01.マチルダ
02.不二子
03.大五郎
04.二階堂マリ
05.カンフー・レディ
06.星めぐりの歌
07.インカ
08.千利休
09.桃太郎
10.星一徹
11.ミツコ
12.マリー・アントワネット(AZUMA HITOMIさんリミックス)

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog