2014-07-10(Thu)

トーキング娘。

娘・R(10才)と息子・タク(8才)は小さなぬいぐるみを何十体と持っている。

それら一団を「プリンおとめ」と名付け、しょっちゅうぬいぐるみ達を駆使してままごとのようなことをやっている。このネーミングは、Rとタクが最も好きなキャラ「ポムポムプリン」と、ちょうどこの遊びを始めるようになった頃、僕と一緒に観に行った栃木のご当地アイドル「とちおとめ25」から来ていると思われる。

一体一体それぞれに名前を付けているようなので、

「いったいこのぬいぐるみ達はどういうキャラ設定なんだい?」

と聞いてみたところ、Rはすべてのぬいぐるみ達の名前をひとつひとつ紹介した後

「この子とこの子とこの子は「○○○」っていうアイドルグループを結成していて、コンサートをやるのよ。で、こっちの子達はアイドルじゃないんだけど、きれいな歌を作って歌うグループで…」

むっちゃくちゃ細かい設定をペラペラペラペラとものすごい勢いで語るではないか。ていうかその設定も僕がアイドルのイベントにたびたび連れて行っている影響が濃いと思われる。

常々Rの頭の中はお花畑だと思っていたが、ベルサイユ宮殿級の大庭園であった。ていうかRって今5年生なんだけど、大丈夫なんか…。

軽い気持ちで話を振ったらえらいことになった…と辛抱強く聞いていたら、

「あ、そうそう、Rね、クラスでは保健委員なの」

唐突に話題が変わったので、なんでいきなり話が飛ぶんだよ、と呆れながらもホッとしたので

「へえ、保健委員ってなにやるんだい?」

ぬいぐるみ話から逃れようとしたら

「よく聞いてくれました!」

とニマアと笑い、

「あのね、具合が悪くなった人が出た時に保健室に連れてったりとか、そのことを記録したりとか、あ、例えばね、かずき君がすっ転んで足を怪我したら保健室に連れてって、保健の先生が消毒してばんそーこ貼りました、とか手当てしたことを書くの。あとはね、水の検査をするの。水道の水をじゃーっと出して、薬を入れて…」

また喋る喋る。まとめれば「病人・怪我人の手当補助とその記録」「水質検査」なんだけれども、説明が下手で長い長い…。

いや、下手なんじゃなくて、自分がやっていることをちょっとでも漏らさず僕に知って欲しいってことだよね。

そう思わないとちょっとパパ心配で頭が痛くなってきてしまったよ…。

てなわけで保健委員よろしく。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

No title

いいね

No title

フェイスブックか!
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

Powered by FC2 Blog