2014-07-05(Sat)

愛の説教部屋

たまに子供を正座させて説教する時がある。

今日は娘・R(10才)を叱った。内容は言えないが、万引きとか暴力などといった犯罪ではない。仮に

「以前宿題をやらないことを叱ったが、またやらなかった」

ということにしておこう。「また」というところがポイントである。以前も同じことで叱ったのに、また同じ過ちをしてしまったことが最大の説教どころである。裏切られてしまったことが僕としても何よりも悲しいし心が痛い。なので

「前に叱った時は『これからはちゃんとやる』って言っていたのに、何故できなかったんだ」

と問い詰めたところ、

「この世の中を!ウグッブーン!! ゴノ、ゴノ世のブッヒィフエエエーーーーンン!! ヒィェーーッフウンン!! ウゥ……ウゥ……。ア゛ーーーーーア゛ッア゛ーー!!!! ゴノ! 世の! 中ガッハッハアン!! ア゛ーー世の中を! ゥ変エダイ! その一心でええ!! ィヒーフーッハゥ。一生懸命訴えて、西宮市に、縁もゆかりもない西宮ッヘエ市民の皆さまに、選出されて! やっと! 議員に!! なったんですううー!!!」

急に号泣して全然関係ないことを語り出し…って違う。

「ちゃんとやろうとしたんだけど…できないときがあって…」

静かに、ゆっくりと語るのであった。Rの大きな目から涙がひとつぶぽろりとこぼれた。今まで見た中で最も美しい涙だと思った。その美しさに魅了されRを信じてしまうところだけれども、でも、裏切られてるからな~、と思いながらも、

「これからどうしたら防げるか、書け」

始末書的なことを書かせて自分の机に貼らせたところで、お説教タイムをおしまいにすることにした。

子供達が寝てから

「またやらかしそうで不安なんだよね…」

と嫁に言うと

「はあ?ワタシは絶対やらかすと思ってるよ。信じてないし」

非常にドライなコメントであった。

「僕も同じようなことをしちゃうから分かるんだよね…Rは僕の弱いところを受け継いでしまったんじゃないか…」

メンタルの弱いところが似てしまったよ、と嘆くと

「じゃあしょうがないね。あなたが悪いよ」

と嫁。はいはい、子供の悪いところは全部僕のせいですよ。

娘の涙。僕はあの美しい涙に一生騙され続けるのだろうか。

ちなみに僕は雀の涙である。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog