2014-05-24(Sat)

俺たちゃ天下のドンキュー応援団。

子供達の運動会が近付いてきた。

一生懸命練習をやっているようで、なんと娘・R(10才)は応援団になったのだという。こう言っては何だが、全く似合わない…。

Rは体育会系ではなくて頭がお花畑系だし、何よりも人前に出て目立つことを嫌う。とても自分から手を挙げたとは思えないので、

「どうしてやることになったん?」

と聞いてみたら

「いいの!」

という素っ気無いひとことのみ返された。知らなくてもいいの!ということらしい。どうやら自分から語りたくないようだ。やはりあまり積極的にやりたいとは思っていないらしい。

「他には応援団は誰がいるの?」

質問を変えてみたらそれはちゃんと答えてくれた。ただ、Rと特に仲良しって子はいなかったので、友達と一緒に…という理由でもなさそうだ。なんとか教えてくれないかなーと考えていたら、横から息子・タク(8才)が口を挟んできて、

「Rちゃんが応援団になったのは、他にも運動会のいろんな係りがあったんだど、みんなじゃんけんで負けて応援団しか残ってなかったからだよ」

とペラペラと得意げに語り出した。スネオみたいなやつだ。するとRはタクをキッと睨んで

「違う!」

「じゃあどうして?」

「いいの!」

「教えてよー」

「いいの!」

いいの、いいの、いいの、って工藤静香かお前は。いーのいーの、ぶらいあんいーの。

そんなわけで遂にRが応援団になった理由を聞くことは出来なかった。ただ、毎朝、応援団の練習があるようで、いつもより早く家を出なければならず、普段でさえゴハンを食べるのが遅くてギリギリなRは

「早くしなさい!なんでそんなに食べるの遅いの!」

毎朝嫁に怒鳴られ煽られながら慌てて登校していくのだった。その様子がなんとも痛々しくて。

こっちが応援団になりたくなってしまう。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog