2014-03-20(Thu)

水曜日のカンパネラ「水曜日の視聴覚室」2014.03.19

水曜日のカンパネラ
オオルタイチと水曜日のカンパネラのツーマンライブ。

オオルタイチさんは、大学祭に出演した時にコムアイさんが観てファンになってしまったという。はじめはThe Future Sound of Londonのようなアンビエント、またはDeep Forestのようなエスニックな匂いを持つテクノを思わせるゆっくりとした曲調だったのでしばらくじっとしていたが、徐々にOrbitalやUnderworldっぽいダンスミュージック(90年代で止まってるテクノオヤジの感想です)になってきたのでわりと踊ってしまった。VJスフィンクスの鮮やかな映像により楽曲にも凄みが加わって楽しい。

水曜日のカンパネラ
水曜日のカンパネラはなんと「ブルータス」からスタート。大好きな曲なのだけれども、音源も既に売ってないしライブでも聴いたことないし(初期の頃に演ったことはある、とのこと)、YouTubeでガマンするしかない曲なんである。これは初っ端から鳥肌が立った。

水曜日のカンパネラ
こちらは「モスラ」。いえーい、台風8号ー!本州上陸(してない)。

水曜日のカンパネラ
今日のコムアイさんの衣装は上下とも真っ白。VJ:中山晃子さんの映像の為であろう。様々な色の溶液を流したり混じり合わせたりするさまがスクリーンに投影される。ウルトラQのオープニングみたいな。色彩のうねりの中にコムアイさんが溶け込んでいくよう。

水曜日のカンパネラ
また、キン肉マンのマンガの切り抜きが出て来たり、ペンが出て来て「筆談」になったり、CGじゃないアナログ・手作り感のある、中山さんがリアルタイムで動かしている生きた映像なのだ。

水曜日のカンパネラ
その映像の美しさがコムアイさんと楽曲の美しさを更に引き立てて融合し、なにかひとつの完成形になる。「視聴覚室」と謳う通り、視覚と聴覚にガンガン訴えてくる。

水曜日のカンパネラ
いつもはトリッキーな演出が多いし、グダグダな間もあるし、それが面白いことも確かなのだけれども、今日は矢継ぎ早な曲の展開で、磨き上げた歌唱と映像の力で正面から攻めてきた。コムアイさんのレベルが高まったかのような姿に目を見張ってしまった。

水曜日のカンパネラ
物販紹介のお時間。ライブのチケットは学生割引3,000円ポッキリどころか1,000円ポッキリ!そのぶんをTシャツ・マグカップ・中山さんデザインクリアファイル等、豊富なグッズ購入に廻そう!

水曜日のカンパネラ
というわけで僕はマグカップを購入した。視聴覚なのでコムアイさんの「目」とコムアイさんの「耳」。(王の目、王の耳、みたいだな)この目と耳がフロアのフットライトに貼ってあってちょっとビックリした。

コムアイさんはライブの冒頭で

「今日は任せて下さい」

と言っていた。まさに「待った無しの真剣勝負」で、今まで観た水曜日のカンパネラのライブの中で、最高の出来だったと思う。

【セットリスト】

01.ブルータス
02.モスラ
03.ニキータ
04.ラオウ
05.二階堂マリ
06.大五郎
07.義経
08.コロンブス
09.マリー・アントワネット
10.ダ・ヴィンチ
11.星一徹
12.ランボー
13.ミツコ

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

良いレポート

ナイス!!です

Re: No title

> ありがとうございます。
>
> 素晴らしいライブでした!
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

Powered by FC2 Blog