2014-03-06(Thu)

あかりをつけましょ、しょんぼりに。

ひな祭りの日の晩ご飯は、嫁が気合いを入れて作っていた。

イクラ、海老、さくらでんぶ、などで赤・ピンク系統の色合いになったちらし寿司、蛤と手まり麩のお吸い物、刺身、春限定のいちごモンブランケーキなど。食卓が春の花のようだ。

「よくできた!写真!食べる前に写真!」

嫁はごちそうの出来映えの良さにテンションが高まり、自分で自分を褒めていたケータイのカメラを構えながら

「ほら、R、ミュージックスタート!」

さらにテンションを高めたいのか、娘・R(10才)に雛壇にあるオルゴールを持って来させ、「雛祭り」のメロディが流れた。とっとと撮れよ。

で、嫁が満足のいく写真を撮り終わってからようやく僕らは「おあずけ」から解き離れたので、ものすごい勢いでいただきまんもす。

特に息子・タク(8才)などは、ココ最近ずっと「刺身食べたい」と呪いのように執拗に言っていたので大喜びでマグロサーモンを食べていた。

「コレ何?」

「それはトロだね」

「おいしい!」

ああ、また高い食い物に目覚めさせてしまった…。

「ねえ、甘酒もあるけど飲む?」

と嫁。料理に気合いを入れているだけあって、おもてなしも手厚いようだ。いやあん、旦那酔わせてどうするつもり?なんつって。

「じゃあくれ」

と言うと、ほらよ、と嫁が持って来たのは森永の缶の甘酒で、ゴンとテーブルに無造作に置かれた。冷たいまま飲めってか。大事なところでおもてなしが片手落ち感。

暖めて欲しいところであるが、いつも仕事から帰って来てご飯を食べようと思い、既に嫁が作ってくれている晩ご飯を暖めてくれ、とお願いすると、暖めるぐらい自分でやってよ、と常に言われているので、今日もそう返されるに決まってるだろうと思い、席を立ってレンジで温めようとすると、

「あーいーから、やるから!」

なんと嫁が僕から缶甘酒を取り上げて暖めてくれるではないか。

「それぐらい自分でやれ、って絶対言うと思ったのに」

と僕が言うと

「今日のごちそうは完璧に作りたかったから、そこまで自分でやりたかったの。いつものどーでもいい晩ご飯は、その通り、自分でやってよ」

自分で自分が毎日作る晩ご飯をどーでもいいとか言っちゃいますか。

やってくれって言うと怒られるし、やるからって言っても怒られるし、嫁のダブルスタンダードは難しい。結局嫁のさじ加減なんである。

やらせてって言っても怒られるし…。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

No title

軽快なリズムの文章に、最後まで楽しくよんじゃいました!

いただきマンモスって!

同世代とみた!

最後の一文は、シモネタ?

応援ぽちしました!

No title

本当にかじりんさんの書く文章には独特の乗りがあるんですよね いつもの何気ない日常をここまでいとをかしく表現されるのには 私は出会った事がありません 嫁のダブルスタンダード!笑 出てきませんよね このボキャ。。最高です!! 

Re: No title

コメントありがとうございます。

平々凡々な日常なので、せめてブログ内では楽しそうに見せたいという願望です。
ボキャもそんなないですよ。でもツボにはまる言い回しってありますよね。
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog