2014-02-20(Thu)

給食給食嬉しいなー。

子供達は

「おしゃべりしてないでさっさと食べなさい!」

と嫁から言われているにもかかわらず、

「ねえパパー、聞いてー」

と話しかけてくるので、おっかなびっくり答える僕である。

「あのねー、びっくりした、っていうことを『びくった』って言うんだよ」

「ふーん」

娘・R(10才)が学校でよく使われるスラングのの解説をする。

「あとね、ちょっと待って、って言いたい時は『ちょとまち』って言うんだよ」

え、「ちょ、待てよ」じゃないのか。それはキムタク限定か。

「じゃあパパも教えてやる。最高にイケテルことを『チョベリグ』って言うんだよ」

「へー」

Rは素直に聞いていた。学校で流行るといいなあ。

ダラダラと食べるRの一方で、食べるのが早い息子・タク(8才)は、とっとと食べ終わってもう歯を磨いていた。磨きながら冷蔵庫に貼ってある給食の献立表を見て、

「明日、『揚げ餃子』だって。やったー!」

と喜ぶ。え、揚げ餃子と言えば僕も大好きだった給食メニューではないか。僕が子供の頃の給食に揚げ餃子がよく出ていたのは餃子帝国・栃木ならではのメニューだと思っていたがそうでもないらしい。大量生産するには焼きより揚げの方が早いからなのかも。

そういえば、練馬大根が有名なここ・練馬区の学校給食では「練馬スパゲッティ」というメニューがある。大根おろしとツナ・刻みノリのパスタらしい。子供達はよく

「ちょーおいしい」

と言っているので気になるのだけれども、既にオッサンの僕には食べる術がない。以前、授業参観の時に、今後の要望等書いてくれ、的なアンケートがあったので、近所のオヤジ数人と

「給食を子供達と食べたい」

ということを書いて出したのだが有無を言わさず却下された。当たり前だ。ここで

「それぐらいいいじゃんかよー!」

とゴネるとモンペになるんだろう。そんなわけで

「パパも練馬スパゲッティ食べたいなあ…」

君らが羨ましいよ、と言うと

「作ればいいじゃん。簡単だよ」

そんなに食べたいのに何故それをしないの?と目を丸くしたRに言われてしまった。いやいや、給食で食べるのがいいんじゃないかあ…。

給食と言えばノスタルジックな思い出に浸れるけれども、それは思い出補正である。決して美味しいメニューだけだったわけではない。むしろ美味しい方が少なかった気が。給食以外では人生先にも後にも見たこともないメニューかつ、本気で殺しに来てるだろ、ってぐらいマズイもののあった。

あと未だにトラウマな思い出もある。何の野菜かは忘れてしまったが、緑の葉っぱが入ったサラダが出た時があった。「いただきます」をした直後、

「ぎゃあああああ!」

何人かの悲鳴が上がった。葉っぱの中にカタツムリが紛れていたのである。自分のにはなかったが、それでも吐きそうになってしまった。当然教室中が大パニックになった。

「よかったじゃん!エスカルゴだよギャハハ」

中にはそう軽口を叩く者が被害者をブチ切れさせて更にカオスになり、さすがに担任が回収して混乱を治めていたなあ…。あの頃はよく何かが入っていたなあ…。

キュウショクでチョウショックなんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

Powered by FC2 Blog