2014-02-08(Sat)

我永遠に氷をアイス

今日も今日とて仕事から帰って来ると、玄関外にプッチンプリンの容器が数個置かれていた。

中には水が入っている。おそらく子供たちの仕業だろう…と思ってウチの中に入ったら、

「パパ見た?実験してるんだ!」

息子・タク(8才)が嬉しそうに話す。

「今夜は寒いから氷が出来るだろうな」

すでに外は結構な寒さだったので、思惑通り凍ってくれるだろう。しかしタクが期待していたのは

「結晶を見るのが楽しみ!」

このことであった。雪の結晶が出来ると思っているらしい。

「いやー…あれじゃあ普通の氷が出来るだけだと思うよ…」

と言うと

「できるもん!気分が悪くなった!」

ヘソを曲げて布団をかぶって寝てしまった。最近難しいなあ…。

翌朝、

「やったー氷が出来てるー!」

嬉しそうにプリンの容器から氷をポコンと取り出していた。

「どうだい、結晶は…」

と覗き込むと

「フン!」

ものすごいメンチを切って僕をガン無視。最近こういうことがよくあって本当に難しいなあ…。ちょっとしたことでもすぐ機嫌を損ねられてしまう。反抗期なんだろうか。君だって僕と嫁の愛の結晶なのに。

氷だけに、冷たい対応。なんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

Powered by FC2 Blog