2014-01-28(Tue)

Negiccoライブ「綱島温泉会~はつゆね~」2014.1.26

綱島温泉「東京園」にてNegiccoのライブ。

綱島は横浜市港北区にあり、東急東横線の急行が停まり、住むのに便利な人気タウンだが、戦前は大きな温泉街で、東京からの客で賑わっていたという。

しかし新幹線や交通の発達により熱海や湯河原などに客を奪われ、また住宅地としての需要が高まり宅地化していき、今では東京園を含むごくわずかの温泉施設が名残を留めている。

綱島温泉
綱島温泉「東京園」(と息子)。この日は娘・R(10才)と息子・タク(8才)も連れてきた。お風呂がある場所でのNegiccoライブといえば、浅草のスーパー銭湯「まつり湯」であり、何回か連れてきたことがある。あらかじめ

「今回はまつり湯じゃないんだよ」

と説明しつつ、綱島温泉の画像を見せたりしていたら

「まつり湯じゃなきゃやだー!」

Rに抗議されてしまった。綱島温泉はレトロ過ぎるらしく

「まつり湯のほうがキレイだし、キッズコーナーもあるんだよ」

という女の子らしい理由で。しかしタクは

「ボクは全然平気だよ。だってぽんちゃに会いたいから」

というセリフを吐き、いつの間にか立派なネギヲタになっていた。Rも「Negiccoと握手できるよ」などと説得したら「じゃあ行く」とあっさり食いついたので連れてきた次第。

綱島温泉
中に入ると未だ昭和のようなレトロな雰囲気が漂う。1Fのメイン宴会場は僕らが入った時には既に結構な人達で。

綱島温泉
フードコーナーが手作り料理いっぱいでかなりいい感じだった。飲食物持込み可なのでスーパーで総菜を買ってきてしまったが、せっかくだからここの料理を食べたかったなあ。

東京園は、休憩所や宴会場がいくつもある。今日の「綱島温泉会」では1Fと2Fのふたつの宴会場が使われていたけれども、更に奥のほうにも個室の宴会場や、元々の常連の方々がカラオケをしている広い宴会場がまだあった。こういう下手なライブハウスよりキャパがあり、かつ日本人が大好きな温泉もある施設に目を付けたイベント主催者の方々は素晴らしい。

物販は2階の一室で行なわれていた。CDの販売はタワレコWADAさん。Negiccoグッズ販売は女性マネージャーの方。ここでCDとタオルを買う。

Negicco温泉タオル
温泉マークの湯けむりがネギになっていて可愛い。

僕はここで荷物や財布を出し入れしてワタワタし、肩にかけていたデジカメを忘れてしまった。後で慌てて探しまくって取りに戻ったら、お二方がきちんと保管してくれていた。ありがとうございました。

しばらく子供たちと探検した後に宴会場に戻り、腰を落ち着けた。宴会場で飲み食いしながらのライブは「まつり湯」とよく似たシチュエイションだが、それより更に混沌とした状況であった。

飲食物持込み可なので、めいめい買い込んだ大量の酒や食べ物をドザーと広げて大宴会が始まっている。僕も各地から来られたネギヲタの方々から地酒をたくさんいただいてしまった。ステージ上ではDJが曲をかけまくっていて、AKBの曲ではフリコピできる人がステージに上がって踊ってたり、ドロシーリトルパッピーの「デモサヨナラ」がかかると

「(好きよ)オレモー!」

の野太いコールが響き渡ったり。

アイハラミホ。さん

アイハラミホ。さん
また、ふくよかな女性パフォーマー(アイハラミホ。さん)が現れて

「カモメーが飛んだー」

などの曲に合わせてダイナミックな踊りをしていて、天岩戸の踊りってこんな感じだったのかなーとか思ったり。更には書初めコーナーもあって、

綱島温泉
好き勝手に書かれたメッセージがそこらじゅうに貼られており、宴会場は、Negiccoのライブが始まる前から煮えすぎたナベのようにグツグツと沸騰していたのであった。

Negicco握手会はライブ前に行なわれた。メンバーはウチの子らを覚えていてくれた。以前の握手会で、タクがぽんちゃ好きだということを話したら、

「ぽんちゃのどこが好きなのー?」

とNao☆ちゃんが聞いてくれて、タクが

「まるいとこ」

と答えてしまったもんだからNao☆ちゃんとかえぽが大爆笑、ぽんちゃは泣き笑い、ということがあり、今回も

「ぽんちゃのどこが好きなんだっけ?」

「まるいとこ」

「キャー!」

というお約束やりとりを繰り返してくれた。親戚のお姉さんたちが可愛がってくれてるようなアットホームな雰囲気であり、僕が子供になりたい。

握手会が終わると

「ねえパパー、ねぎっこはあとどれくらいで始まるの?」

と子供達が聞いてきた。

「あと1時間ぐらいかな」

「じゃあお風呂入りたいよ」

ということで風呂場にレッツラゴー。ここのお湯は黒いのだ。早速湯船に浸かろうとすると、結構熱い。僕が熱いと感じるのだから

「熱いよう!」

子供達は尚更だ。

「ゆっくりゆっくり入れ!」

じわじわと入っていくと

「パパー!なんかチクチクするよう」

とまた子供達が悲鳴を上げる。

「そんなバカな!」

と思っているとホントに電気ビリビリするではないか。「電気風呂」と書いてあった。油断のならん風呂!

お風呂からあがり再び飲み始めて、Negiccoのライブは酔っ払い達が充分に熟成された15:00ごろから始まった。

「お酒ってすごいですね…」

かえぽが酔っ払いの勢いに圧倒されそうな感じであったが、そこはさすがに彼女達のパフォーマンスをしっかり見せてくれた。前半はアルバム「Melody Palette」からのおしゃれ曲を中心に、MC明けには

「初めてNegiccoを観る人達もたくさんいらっしゃるということで、挨拶代わりの曲、聞いて下さい!」

と「ねぎねぎROCK」、そこからは鉄板の盛り上がり曲をこれでもかと。Negiccoの華やかさと綱島の温泉街パワーが融合して、とんでもなく楽しい「ドンチャン騒ぎ」になっていた。観ている人達も全身で喜びを表していて…。

綱島温泉

綱島温泉

綱島温泉

喜びを表現しすぎてしまったのか、ズボンがずり落ちて半ケツになりながら前のめりで応援している男の人もいた。その時は僕も相当酒が回っていたので

「ぎゃははは!お尻だー!」

子供とひたすら大爆笑してしまった。男性のおけつながら、キレイな桃尻で。

そういえば綱島はかつて桃の産地でもあったとさ。

【セットリスト】
1.ネガティヴ・ガールズ!
2.さよならMUSIC
3.アイドルばかり聴かないで
4.相思相愛
5.ねぎねぎROCK ~私もお家に連れてって~
6.トキメキ★マイドリーム
7.パーティーについて。
8.圧倒的なスタイル
9.ときめきのヘッドライナー

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

ライブレポ有難うございます。
楽しかったですね。あのカオス状態に対応できるのはネギさんおいて他に無しかと思います。(^^)

有難うございました。

楽しいパーティでしたね。
本当にありがとうございました。
ご一緒できて楽しかったです。
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog