2014-01-26(Sun)

今日、耳、日曜。じゃなかった土曜。

今日はやることがふたつあった。

ひとつは、息子・タク(8才)を耳鼻科に連れて行くこと。もうひとつはタクの書き初めが展示されている書道展に行くこと。

まず耳鼻科。前日も嫁が耳鼻科に連れて行ったのだが、夜中、耳が痛くて眠れない程だったので、また連れて行くことに。ただし前日行った耳鼻科は本日・土曜はやっていないので、

「ここがキレイで若そうな先生でよさげじゃね?」

と僕が土曜もやってる耳鼻科を探し、嫁が連れて行った。僕は娘・R(10才)と留守番だ。

やがて嫁から

「診察終わった」

との連絡が入ったのでRを連れて嫁達と合流。その足で書道展に行くのだ。どんな診察結果だったのか知りたかったので

「どうだった?」

と嫁に聞いてみると

「すごいよ!キレイだったし待合室にマンガが300冊ぐらいあった!」

「いや、そういうことじゃなくて」

「先生も若かったよ!」

「いや、そういうことじゃなくて…」

聞く耳持てよ!耳鼻科帰りなくせに!なんつって。ようやく聞きだしたところによると、鼻風邪経由で耳まで来た膿が鼓膜を圧迫していたようで。幸い今日一日激痛が再発することはなかった。

で、書道展。タクの学年まではエンピツ書きで、他の子の作品と比べて見劣りしないぐらいは上手であった。タクより上の学年は毛筆で、優秀作品が集まっただけあって、Rなどは足元にも及ばない、相当上手な字ばかりであった。

更には中学生の作品もあって、ここまでくるともう素人の字ではない。

「この辺のレベルになっちゃうと、書道教室に通ったり、習い事やってないと選ばれないようね…」

と嫁が呟く。通っててもダメだった奴知ってるけどな(僕だけど)。ハイレベルな作品の中でも特に素晴らしいものが目に留まり、

「特にこのケイゴ君とカスミさんはすごいね。絶対やってるね」

「やってるね」

などと話したが、よく考えたらこの会話だけを切り取ったら単なるエロトークにしか聞こえないじゃないか、と気付いてしまい、周りの人に聞かれてはいないかとビクビクしてしまっ

ひととおり見て回ったら子供達が飽きてきたので帰ろうとしたら、隣の展示場で、手作りおもちゃの展示会もやっていて、Rとタクが見ていきたいと言うのでそこにも寄った。

Rはサラッと遊んでもう帰ってもいい感じだったが、タクはとあるパズルにどっぷりはまってしまっていた。なかなか完成できず、意地になってパズルを離そうとしない。

「もう帰るぞ」

「やだ」

…また10分ぐらい経って

「…そろそろいいだろ」

「やだ!」

「お前さっきまで飽きた、帰ろうって言ってただろう!」

「やだ!」

ホントに聞く耳持てよ!耳鼻科帰りなくせに!

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog