--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-12-26(Thu)

サンタはママにキスをしない。

クリスマス・イヴ。

もうすぐサンタさんがやって来るというのに、いや、サンタさんがやって来るからなのか、息子・タク(8才)は浮かれてはしゃいでしまい、寝る時間をとうに過ぎていた。

一方で娘・R(10才)は溺れてるんじゃないかってぐらい長風呂で、なかなか出て来ない。

「早く寝なさい!早く出なさい!寝ないとサンタさん素通りしてくよ!」

と嫁がブチ切れる。

嫁は夜更け過ぎに~♪、鬼へと変わるだろ、んんん~♪バイオレンスナイト♪ホラーナイト♪ってやかましいわ。僕も多少切れて子供達を脅す。

「いつまでも起きてるとサンタさんが来れないだろう?サンタも忙しいし、プレゼント早く配り切らなきゃならないから、

『あーココの子いつまでも寝ないわー、ダメだわー、なかなかプレゼントさばけなくてダルいわー、別のウチの子のとこに置いてっちゃお』

ってなるぞ!」

「やだー!」

まだまだサンタを信じて疑わない。かわいいなあ。

ようやく子供達が寝静まってしばらく、

「じゃ、よろしく」

嫁も寝てしまった。で、0時過ぎにサンタ作戦を開始する僕。と言っても押し入れの奥の奧に隠したプレゼントを出し、包装用の袋に入れ、枕元に置くだけである。Rはローラーシューズと膝当て、タクはポケモンカードセットだ。

そーっと枕元に置いて、では僕も寝るか、と思ったら、うっかり壁に貼ってあった、フエルトで作った靴下の飾り付けに触ってしまった。止めていた画鋲が外れてしまい、靴下と共に落ちてしまったのである。

やばい、画鋲はどこだ…と床を探したがなかなか見つからず、やむを得ず照明を付けたところ、

「んんんー」

眩しそうな顔をする僕以外の家族。すまんね。すぐ見付けるからね、起きないでね…と祈りながら画鋲を探し、ようやく見付かって拾い上げたところ、むくりとタクが起きてしまったではないか。そして僕と目が合った。

「やあ、め、めりーくりすます」

脂汗が出そうになったが、タクは2秒ほどぼくにガン垂れて、ぼすーん、と枕に顔を埋めて再び寝てしまった。プレゼントは見られてない。ああ、よかった。

翌朝、僕が起きると既にRもタクも

「いやっほー!サンタさん来たよー!」

1年で1番の寝起きの良さで起きていたらしく、早速プレゼントを広げて楽しんでいた。よかった。途中で起きたタクも、そのことを全く覚えていないようだ。

「パパのところにもなんかあるよ!」

「え?」

なんと、僕の枕元にもリボンがかかった袋が置いてあるではないか!

「パパにもサンタさんが来たんだね!」

「えええー」

さては嫁の仕業か。誰よりも早く起きて仕掛けたに違いない。開けてみるとTシャツが入っていた。そういえば以前僕が欲しいと言っていたのだった。自分ですら忘れてるのに嫁ったら…。

「ありがとね」

子供達に聞こえないように嫁の耳元で言うと

「え、なんのこと?わかんない!サンタが来たんじゃないの?」

あくまでもすっとぼける。ありがたいことだなあ…と、しばらく飾っておきたくなって、包装しなおして自分の机に置いたところ、嫁がそれをふんだくって包装をはがすではないか。

「なにすんのー!」

「今日、今年最後のプラゴミの日だから」

僕の手元に残されたのは、剥き出しのTシャツのみとなった。これがツンデレというやつなのだろうか。

ベリー理解にクルシミマス。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。