2013-12-06(Fri)

ペットボトルガール

前回の日記で書いた、子供達の作品展。

絵画や工作物の展示物の他にも、子供達が作った飾り付けなどもあった。

「ねえ、パパ見て?これもRが作ったんだよ?」

と誇らしげに見せたのは色を付けた水が入ったペットボトルであった。赤や黄色、緑、他、様々な色の水が入ったペットボトルがそこかしこに何十本も飾られているのだ。Rが作ったのは1本だけではなく

「あ、ここにも、ほら、ここにも、キャップにマジックで『4年2組23番』って書かれてるのは全部Rが作ったんだよ」

10本ぐらい作ったんだから、と、胸を張っていた。

「ここにもほら!」

と腕を引っ張られたのでそれも見ようとしたら、ちょうど受付に座っていた事務員のお姉さんの足元にあるペットボトルであり、僕が屈んで見ようとすると、お姉さんのスカートの中を覗き込むような体勢になってしまい、あわや出禁になるところであった。

確かそんなことがあったのだが、それから観た子供達の作品群の印象が強くてすっかり忘れてしまっていたのだった。しかし、今日夜遅くにウチに帰ってみると、僕の机の上に

R
ペットボトルの大群がびっしり置かれておりウワアアアア。もう持ち帰ってきたのか…。猫除けかっつうの。こんなんではパソコン出来ないではないか。どうしてくれよう。全部中身を捨ててやろうか…。

いや、これはもしかして、いつもパソコンやらないでいっしょに遊んで、というメッセージなのかもしれない…パソコンの猫除けじゃなくて親父除け…って、んなわけない。絶対ない。単に僕に見せたいだけである。

しょうがないのでペットボトルを出来るだけ脇に避けてキーボードを打っているのだけれども、やっぱ邪魔であり効率が悪い。捨てるわけにはいかんしなあ。

ペットボトルだけに作業効率のボトルネックである。なんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog