--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-12-02(Mon)

コインいっこいれる。

嫁が娘・R(10才)の服を買いに行くという。

「行く?」

と言われたので某ショッピングセンターまで付いて行った。女の買い物は長い。嫁とRが服の買い物をしている間、僕は息子・タク(8才)のお守り役。タクはタクで「ポケモントレッタ」というゲームをやりたくて、お小遣いを握りしめて来た。なのでオモチャ売り場に直行するタクを追い掛けて行く僕。

ポケモントレッタというのは、自分のポケモンと敵のポケモンを闘わせて、捕まえられた敵のポケモンのデータが入ったチップがもらえるゲームだ。1回100円。チップの中にもキラキラしたレアなものがあり、当然タクもそれを狙っているのだ。

ゲーム機のあるところに行くと、なんだかチビッコとその親達がゴチャゴチャ行列している。うわー、並んで待つのはかったるいなあ…と思ったが

「ねえパパ!新しいシリーズになってるよ!」

タクは大喜び。新しくなってるから行列になってるのね…。タクをひとりには出来ないので一緒に待っていると、まだまだやりたい男の子がギャンギャン泣いていて

「もう10回やりたい!」

などとムチャを言い、父親に腕を引っ張られて帰って行った。ああ、みっともないなあ…。で、ようやくタクの番になったので

「はいがんばってー」

と適当なことを言って近くのなめこグッズでも見てるかと思ったら

「見ててよ!」

何故か僕もタクのゲームッぷりを見ていなければならないらしい。しょうがないので観戦していると

「やった!」

わりとレアなキラキラしたチップをゲットできたようだ。

「よかったね。じゃ、ママ達と合流しようか」

とっとと行こうぜとタクを連れて行こうとしたら、

「やだ!もう1回やりたい!」

ぶわあああっと泣くではないか。ああ、みっともないなあ…てデジャブじゃねえか。

「まあ、自分の小遣いでやるぶんにはいいよ」

しょうがねえなあ、と並び直してまたプレイ。結局タクは3回もやってしまった。待ち時間含めて1時間ぐらい使ってしまったのではないだろうか。しかしそれでも嫁とRの買い物は終わっていなかったのは流石だ。

ようやく合流してRは

「みてみてー、かわいいでしょ」

女の子らしい、リボンのついたマフラーを嬉しそうに僕らに見せた。するとタクは

「ボクも欲しかった…」

ぶわああっとまた泣くではないか。3度目のデジャブ。

「でもこれ女の子用だよ?」

いくらチビッコとはいえ、男の子が着用すると明らかにおかしい程、このマフラーは女の子女の子していたので、さすがに無理だろ、と言い聞かせたのだが

「それでもボクは欲しいんだ!」

女の子ものが好きなクセに、執念ははなんだか男らしいところを見せるタクであった。

「うーん、将来は『どんだけー』みたいになっちゃうんだろうか…」

「まあ、もしそうなってもワタシは止めないけど…」

嫁と僕はヒソヒソと我が息子の行く末を案じつつ、タクにはまあまあまあ、今度カッコイイの買ってやるから、と、半ば強引に説得して帰ったのであった。

嫁とRは買い物が長く、タクはゲームが長い。

僕はトイレが長い。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。