2013-11-30(Sat)

嫁が猪狩増代。

夜、仕事から帰って来たら、異様な雰囲気に包まれていた。

台所で嫁が鬼のような形相で娘・R(10才)を睨み付けており、Rはショボーンとうなだれたまま固まっていた。何か嫁に怒られるようなことをやらかしたらしい。

ふたりの間をそーっと通り過ぎて、隣の部屋でテレビ見ながらゴハンを食べていた息子・タク(8才)に

「どうしたんだ」

とヒソヒソ耳打ちしたところ

「××しちゃったらしいよ」

とのこと。何をやらかしたかはRが可愛そうなので伏せておこう。可愛いフリしてあの子、わりとやらかしちゃうもんだね、と。

「…どうしてそういうことするの?」

台所では時々嫁の低くて重い声がボソボソと聞こえてくる。未だRを睨み付けていて、Rは固まって答えられない。いい加減いい時間だし、Rはゴハンも食べていないようなので、Rの頭を撫でて

「素直に言った方がいいよ?」

と促してみたところ、

「空気読んでよ!あっち行っててよ!」

僕も嫁から目からビーム、耳からミサイルが出るんじゃないかってぐらいの勢いでメンチを切られ、追い出されてしまった。はいはいとばっちりとばっちり。触らぬ神に祟り無し、触らぬ嫁に孕み無し、ということで大人しくタクとテレビを見ていたら、ようやくケリが付いたようで、膠着状態が解け、

「あなたもゴハン食べる?」

と嫁の声がかかったので、食うぞと答えると

「ほら、Rもパパと一緒に食べなさい」

Rもゴハンを食べることが許されたようだ。しかし、いつもは僕に甘えてくるRだが、バツが悪いのか僕と目を合わせようともせず黙々と食べていた。追い打ちになってしまうので、僕から何か言うのはよすことにした。

そんなぎくしゃくした雰囲気のRも寝る時になると

「寒いよう~」

と布団の中でくっついてきて、うい奴や、近う寄れ。なにか下らない話でもしようかと思ったら、やはり余程疲れていたらしく、すぐ寝息に立ててしまっていた。

説教の後のこういうやりともまた一興…ってか。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog