2013-11-30(Sat)

水曜日のカンパネラライブ『パニック:レボリューション vol.3』

THIS IS PANIC presents『パニック:レボリューション vol.3』。

出演は水曜日のカンパネラ、ぱいぱいでか美、THIS IS PANICの順。

山羊に、聞く?
会場は代官山の「山羊に、聞く?」という一風変わった名前のカフェバーにあるステージ。平日の19:00ということもあってか、客は20人ほど。

水曜日のカンパネラは、「牛若丸(幼名Ver.)」でスタート。いつものアオザイ姿。今月初め、りんご飴音楽祭で初披露した時は、コムアイさんが歌詞を全部覚えておらず、一部ルールルーとかスキャットになっていたけれども、今日もそんな感じで。カンペ代わりのスマホを覗いていたが、あんまよく見えなかったようだ。もう開き直って紙を見ながらでもいいのに。

2曲目の「アリババ神帝」を終えて、

「こんにちは。鎮座DOPENESS改め水曜日のカンパネラです」

という挨拶からのMC。2週間ぶりぐらいのライブなのでリハやったら全然歌えなくてビックリしたとのこと。勉強のため他のライブを観て回ったが、バンドのライブはMCの愛想が悪すぎて参考にならない、とダメ出しを出しておられた。参考になるのはヒップホップだとのこと。YO。ていうかアイドルのライブの方がいいんじゃ。

4曲目、「モスラ(幼虫Ver.)」では、いつもは会場を思いっきり暗くして、顔の下から懐中電灯を照らしながら歌っているのだけれども、ココは照明を全部落とし切れないので、後ろの方の客席に座ってる人に懐中電灯を預けていた。曲のブレイクになるとステージの照明だけが消え、懐中電灯を預かった人がコムアイさんの顔を照らしていた。

5曲目は初披露の「大五郎」。この曲もまだ歌詞を覚えきれず、スマホ見ながら。

2回目のMCでは、コムアイさんのお母さんが亡くなられてから3年、お父さんに彼女が出来たという。お父さんが紹介したがっているのだが、ライブの予定とか重なって断り続けている状態で、会ったらイヤなヤツのフリをしてみようかな、とか。

お父さんも50才なのに、恋愛すると中学生みたくなって微笑ましいとのこと。親の恋愛をニヤニヤ応援してくれる娘っていいなあ。きっと素敵なお父さんなのだろう。でもお父さんと彼女のふたりでライブには来て欲しくないと言っていた。

6曲目「マリー・アントワネット」ではブルボンお菓子をひとりひとりに手渡しして回る。僕もチョコ&コーヒービスケットをいただいた。

ラストの「星一徹」でちゃぶ台を返しまくった後、どうしても外せなかったというバイトがあるため、アオザイの上にダッフルコートを羽織って大急ぎで帰って行き、終了。

今、「ミツコ(セーラー服Ver.)」を聞きまくっているので、この曲もライブでやってくれるといいなあ…。歌詞覚えるの大変そうだけど…。

【セットリスト】
1.牛若丸(幼名Ver.)
2.アリババ神帝
3.モノポリー
4.モスラ(幼虫Ver.)
5.大五郎
6.マリー・アントワネット
7.星一徹

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog