2013-11-21(Thu)

誕生日だった。

朝、目覚めたら

「せーの、パパ、お誕生日おめでとーう」

娘・R(10才)と息子・タク(8才)から祝福された。そうか。僕も17才か(大嘘)。

「パパ見てー」

と、ふたりが描いたイラストや、お手紙をもらった。プレゼントはRとタクが描いた絵が欲しいな、と言っていたのである。壁にも「パパおたんじょうびおめでとう」という貼り紙があって泣ける。

「どうもありがとうね」

ふたりの頭を撫でながら、それぞれの手紙を開く。まずRが書いてくれた手紙を。カワイイ封筒に入った便箋だ。広げて読むと

R
「パパへ おたんじょう日、おめでとう!!
 これからも、いっしょに遊ぼうねヽ( ^v^ )ノ」

と書いてあり、その下に

「けしてみて!」

エンピツで真っ黒に塗りたくった部分があった。

「ケシゴムで消すんだよ!」

とRが嬉しそうに言うのでやってみたら、あっという間に消しゴムが真っ黒になってしまい、全然消えない!親の仇かっていうぐらいに(親は僕だが)これでもかとグリグリに塗り潰しているのだ。

「おいR、塗りすぎだ。消えないぞ」

「ぎゃはははは!」

Rは嬉しそうに笑う。この子が一生懸命エンピツで塗り潰している姿を想像してみる。きっとすごいワクワクしながらやってたんだろうなあ。

黒くなった消しゴムを別の紙にこすりつけて白く戻し、また消す…の繰り返しを何十回繰り返したろうか、15分ぐらいして

R
ようやくここまで見えてきた。Rが描いた僕ら家族の絵が描かれていた。いつまでも4人家族、仲良くいられるといいね…はあはあ…疲れた。

そして今度はタクの手紙。Rの女の子らしいカワイイ便箋とは対照的に、霊園のチラシの裏に書いてあった。どんなチョイスだよおい。

「パパへ。おたんじょうびおめでとう。
 パパは子どものころ、なんのたん生日
 プレゼントもらった?
 こたえろ。」

タク
こたえろ?

なんで偉そうなんだッ。

「教えない」

タクにはそう答えた。

「なんでだよ!」

「偉そうだから。親に命令するなッ!」

「ひーん」

こうしてまたひとつ僕は年を取ったのであった。

誕生日と子供はよく似ている…。

どちらもめでたい(愛でたい)!

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog