2013-11-20(Wed)

麺は熱いうちに食え。

家族でどこかに食べに行こうという話になった。

「何が食べたい?」

と聞いてみると

「ラーメン!」

すさかず娘・R(10才)と息子・タク(8才)が答えた。ウチはチープなところにしか外食していないので、子供達がリクエストするのは、だいたい5割ぐらいの確率で「ラーメン」である。

で、僕も嫁もラーメン好きなので特に異論はなく、じゃ、ラーメンで、ということで行くことにした。ちなみにラーメンの次にリクエストが多いのが「なか卯」である。Rなどは熱を出した時でも

「なか卯のうどんが食べたい…」

とか細い声で訴えるので僕は買いに行ったものである。ただ、なか卯はウチに限らず人気のようで、必ずと言っていいほど知ってる家族に会ってしまう。ウチだけじゃなかったんだ…と安心する。

さて、向かったラーメン屋は嫁が好きな店。この辺では一番美味しい塩ラーメンを食べさせてくれる。嫁は塩ラーメンが好きなのだ。

人気店なので待たされるかなあ、と思ったけれども運良く4人座れた。待っている間、この店を含むラーメン屋大特集みたいなグルメ雑誌を読む。嫁もまた別のラーメン雑誌を読む。ああ、これちょっと前に行ったところだ、という店を見付けて嫁に見せようとしたところ

「ねえ、ココも行ったよね」

嫁の雑誌にも載っていたようで、同じ店を見せ合ってしまった。こういうどうでもいいことに、無駄に以心伝心。

「おまちどうさま」

ラーメン
やがて僕らのラーメンが出来た。気付けば外に何人もの行列が出来ている。これは早く食べなければならない。ただ、いつもは嫁がブチ切れるほど食べるのが遅いRでも、ラーメンになると早いのであまり心配しなくても大丈夫だろう。

ところが、店内にはテレビが点いており、ちょうどRとタクが好きそうなバラエティ番組が流れていて、ふたりとも釘付けになってしまったのである。

「早く食べろ!」

せっかくの美味しいラーメンがダルダルに伸びまくっているではないか。既に僕と嫁はとっくに食べ終わっているし、後ろと外には行列。とっとと早く出ろよって感じで空気がチクチクするぅ~。

僕らより15分ぐらい後に入ったカップルが食べ終わって出て行った頃、ようやく子供達を食べ終えて、逃げるように店を出た。行列の3分の1ぐらいはウチのせいだなあ。申し訳なく思いつつ、ただ味の方は

「おいしかった!」

みんな満足であり、そこは幸せな気分。ただ限定メニューと銘打たれた「牛骨塩ラーメン」なる、字面からしてそそりそうなラーメンの貼り紙があって、それにチャレンジしてみたかったのだけれども、売り切れだったことだけが心残りであった。

塩ラーメンだけに、ソールトアウトなんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog