2013-11-19(Tue)

うわばきをはき、ためいきもはき。

娘・R(10才)が、嫁に

「ダメじゃん忘れちゃ。明日学校に取りに行ってきなさい!」

と言われていた。何を忘れたんだ、とRに聞いてみたら

「うばわき」

そう答えた。1秒ほど考えて

「ああ、上履きね」

そう理解した。Rは「うわばき」と言えず、必ず「うばわき」と発音する。4年生にもなって…とも思ったが、僕の弟は「お子様ランチ」のことをずっと

「おこさらまんち」

と言っていたし、従兄弟に関しては

「おこそらまんち」

とかもっとひどかった。なのでRに限らず、誰にでも発音しづらい言葉のひとつやふたつはあるのだ、として、そんなに強く注意して直させることはなかった。

で、翌日の土曜日、早く取って来いと言われたRは

「パパも来て」

と僕の手を引くので、僕も行く羽目になってしまった。

「自転車で行くの」

歩いていけばいいのに、楽をしようとチャリに乗って行くR。

R
なんか嬉しそうなので思わず撮ってしまった。

程なくして学校に到着。僕は校門の前で待っていようとしたら

「やだー。パパも一緒に来て」

誰もいないヒッソリとした校舎内は怖いのだろうか、またも手を引っ張られてしまった。

学校の玄関のすぐ横は用務員室だ。窓から新聞を広げ座っている用務員さんの姿が見えた。

「お入りの際はお声かけください」

という貼り紙があったので、すいません、と声をかけてみたが、ノーリアクション。もう一度

「すいません!」

ちょっと声を大きくしてみたら

「んほおっ!」

バサーと新聞をひっくり返して顔を見せた。寝ていたらしい。

「忘れ物を取りに来たんで」

そう伝えると

「そこのノートにお名前と、取りに来たものを書いてください」

1冊のノートを指差した。日付、学年クラス、名前、取りに来た物、を書く欄があった。学校に忘れた物を取りに来た場合はここに記入するのがルールなのだ。

「パパの名前も書いておいて」

Rに記入をさせ、下駄箱まで歩いて行く。他の子の下駄箱は空なのに、Rのところにだけ、ぽつんと上履きが置かれたままになっていた。Rはそれをかっさらい、

「かえろ」

すぐさまUターンして玄関を出た。その時先程のノートが目に入り、ちゃんと書いただろか、と思ってよく見てみたら

R
「うばわき」て…。

発音しづらくてつい「うばわき」って言っちゃうだけだよね、と思っていたのに、ガチで「うばわき」と間違えて覚えていたとは…。

「Rー!うばわきじゃなくてうわばき!ちゃんと書けええええ!」

これにはマジで「4年生にもなって…」と呆れ返った、というか、心配になった。Rは

「えへへ」

と笑うのみ。おのれ、僕がそのはにかみ顔に弱いのを知っていて、可愛い仕草で誤魔化そうとしておる。帰ってから嫁にもこのことを伝えたら、

「はあ~」

やはり心配そうに溜め息をついた。

そして翌日、今度は嫁が学校に用事があったので出掛けて行ったら、午後になって

「私も見たよ、Rが"うばわき"って書いたノートを…」

非常にガッカリした表情で帰って来た。しかもRの後にも上履きを忘れて取りに来た子がいたようで、Rが書いた数行下に記入があったらしいのだが、それが

「Rより年下の2年生なのに、ちゃんと"上ばき"って書いてあったよ…。正しいし、"上"は漢字だし。まったく情けないったら」

どっちが上級生なんだか、と嘆いておった。ちょっとノンビリさせすぎであり、これからはちょっと厳しめに勉強させないといかんのだろうか。今後は勉強させるにあたって、何かにつけ

「お前はこんな情けないレベルでいいのか」

と発破をかけるため、この『うばわきって書いちゃった画像』は残しておくことにする。

これを「うわばき保存」といいます。なんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog