2013-11-10(Sun)

小学生のお付き合い事情。

小学生でも高学年になるとみんなカップルになっているという。

そんな話を嫁から聞いた。本当だとしたら実にけしからんことである。ガキのウチからイチャイチャイチャイチャしまくり千代子(ご冥福をお祈り致します)なんぞ許さない。僕がそのころはザリガニを釣るのに夢中だった。

今の子供達はザリガニじゃなくて異性を釣るのか…おいしすぎる…と、嫉妬心で狂いそうになる僕であった、

「じゃあなにかい、マミちゃんとかカコちゃんとかも彼氏がいるんかい」

すぐ近所でいつもうちの子供達と一緒に登校している6年生の女の子の名前を挙げ、問い質してみたところ

「いや、あのふたりにはいないわ」

とのことで…。「みんなカップルになっている」という話だったのに、僕が知ってるふたりの名を挙げたらアッサリ崩れた。なんなんだよ。単なるオバサンのゴシップかよ。こういうのは耳半分、いや、耳5分の1ぐらいに聞いておいたほうがいいのかも。

「じゃあ君達の学年はどうだい。ヨシダ君とマコちゃんはラブラブだったろう」

娘・R(10才)の4年生はどうか、と聞いてみた。ヨシダ君とマコちゃんというのは、幼なじみでずっとラブラブだという男の子と女の子である。するとRが言うには、

「ヨシダ君とマコちゃんは別れたよ」

小学4年にして、別れた、とか、もうオジサン死にそうなんだけれども…。なんでもヨシダ君の行動がちょっとアレな感じがあって、今はマコちゃんは全然好きではなくなった、という痛ましい話を聞いた。

「じゃあ、タク(8才)とミコちゃんはどうだい?」

タクのことが大好きで、『つきあって!おねがい!』というラブレターまで書いてよこしたミコちゃんのことを聞いてみたら

「友達でしょ。ミコちゃんはたっくんのこと好きかもしれないけど、たっくんはそういうのないもん」

ミコちゃんはラブラブかもしれないけど、タクにはまだ恋愛感情はなくて、仲良しのお友達、って感じでしょ、というのがRの見解である。うーん、R、頭がお花畑だと思っていたけれども、さすが女の子だけあって、そういう方面は良く察しが付くんだなあ。

「じゃあRの好きな男の子は誰だ?」

父親として、一番聞きたいのはこれである。話題がここまで進んでいるので、もう真っ正面から直球でRに聞いてみた。するとRは

「いないよー」

とのことで…。これは素直に信じるべきなのだろうか。それともこれは単なるリップサービスで、興信所を雇った方がいいのだろうか。悩ましいところである。真実を知ったところで、その内容によってはレッツ練炭みたいなことになりはしないだろうか…。

やはり親父は変な探りは入れずに、お父さんに会わせたい人がいるの、と言われる日が来るまで刃物を研いでじっと待っているだけでいいのだ。

これを知らぬがほっとけ、といいます。

応援クリックお願いします。↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog