--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-09-25(Wed)

三途の川のマーメイド。

3連休は栃木の実家に行っていた。

栃木に行く度に、娘・R(10才)と息子・タク(7才)は、

「プール行きたい!」

絶対そう言うんである。別に高級ホテルのシャレオツなプールとかじゃなく、流れるプールとかそういうレジャー施設でもない。市が運営している、ゴミ焼却場の余熱を利用したごくごく普通のプールである。それが実家の近くにあって、そこでひたすらストイックに泳ぐのが好きなのだ。

出不精で体を動かすのがキライな僕としては当然泳ぎたくないし、いつ来ても利用者のだいたい9割方を占めるお年寄りが、ゆやーん、ゆよーん、と水中ウォーキングしているか、マンボウのようにのそーっと泳いでいるかであり、ダッダーンボヨヨンボヨヨンな女の子など見たことはなく、ビジュアル的にも全然面白くない。だが子供には付き添いが必要なので仕方なく僕もプールに入らないといけないのだ。

今回も栃木に着いてからすぐプールに向かった。着替えて泳ぎ始めると、電車の長旅で退屈していたRとタクはまさに水を得た魚で、特にRなどは早速ブクブクと潜ってったと思ったらしばらく戻って来ず、大丈夫か?と思ったら30秒ほどしてがばっと上がってきて

あまちゃん
「ウニいねえ!」

あまちゃんごっこをしてはしゃいでいた。

「としまえんとは違って、ここは真面目に泳ぐプールだからふざけちゃいけないよ」

「夏婆っぱ、ウニいねえど!」

「誰が夏婆っぱだ!」

僕もせっかく入ったのだから運動しておくか、デブ化も進んでいるしな、と思い、お年寄りに混じってゆやーんゆよーんと歩いてみた。なんだか三途の川を渡っているみたいで非常にブルーな気分になったので25メートルでやめた。

あとはRもタクも真面目に泳ぎ、2時間ぐらいが彼等の体力の限界なので、頃合いを見計らって

「そろそろ上がるぞー」

と引き上げて着替えて帰ろうとすると、

「パパ、アイス買ってー」

これも絶対言うんである。もう何度も来ているので自販機コーナーにセブンティーンアイスがあるのを知っているのだ。

「ああ、セブンティーンアイスはもう撤去されちゃってないからダメね」

とウソをついても

「うそつけー!あるじゃん!」

猛ダッシュで自販機コーナーに走って行ってしまったので誤魔化せなかった。あんだけ泳いだのに体力あるなあ…。おのれ、ナイナイシックスティーンじゃなくてあるあるセブンティーンか…。

夏の(もう夏じゃないけど)プールの後のアイスって超おいしいよね…。僕も子供の頃の夏の思い出として、プールとアイスはセットで覚えている。この子らも将来

「小さい時に親父にプールに連れてってもらって、帰りに食べたセブンティーンアイスがうまかったなあ…」

なんて懐かしんでくれる時が来るのかしら…とか思いながらつい買ってやってしまった。後で嫁に

「あっらー?アイス買ってもらっちゃってるのー?」

って言われるんだけどまあよい。ふたりがワクワクしながらどれにしようかなー、と、こちらが思わず寝てしまいそうになるぐらい迷った挙げ句選んだアイスをペロペロしているのを見て、僕も食べたくなったのだがガマンである。

体重がセブンティになりそうなので…。

応援クリックよろしくです↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。