2013-09-10(Tue)

川越名物…も食えずに。

土曜日の朝のことじゃった。

子供達を引き連れてとしまえんのプールに行く予定だったのだけれども、すっかり冷たい空気になっていて、もう夏はとっくに過ぎ去った感でいっぱいであった。

「どうする?これじゃ行っても寒いよ…」

翌日の土曜日は、僕は休みだが嫁は仕事に行くことになっていたので、娘・R(10才)と息子・タク(7才)の子守りを頼まれた。

「どうする?としプー(としまえんプール)にでも行くかい?」

「うーん」

娘・R(10才)と息子・タク(7才)もテンションが低くなってしまって、何をしたいか、どこに行きたいか、希望がなくなってしまったようだ。それなら僕に行きたいところがある。

「じゃあパパが行くところに付き合え」

「どこに?」

「川越」

ということで川越に行くことにした。

実は僕は「ケータイ国盗り合戦」という携帯のゲームをやっていて、このゲームと西武鉄道がコラボして、川越フリーきっぷという川越観光用のキップを買うと、

くにふだ
こういうカードがもらえるんである。カードの裏にはシリアルナンバーがあって、それを入力すると限定アイテムがもらえたりする。

川越はわりと近いし、「蔵の街」「小江戸」というアピールポイントが僕の地元・栃木と似ている。ただし栃木の街はしょぼく、川越の方が規模がでかいので一度行ってみたかったのだ。

「じゃあ決まりねー」

「うん」

ということで準備を始めたら、

「じゃああとはよろしく」

嫁が一足先に仕事に出かけるところであった。なんだか昭和チックなデザインのレトロなポロシャツを着ていたので

「なんだかボウリングの選手みたいだなあ…」

と思わず呟いたら

「そうだ!ボウリング行きたい!」

Rとタクが同時に叫んだ。

「え~ボウリング?」

「そうだよ!なんで思い付かなかったんだ!ボクはボウリングをやりたいんだ!」

タクは我が意を得たりとばかりに飛び跳ねている。

「Rもやりたいー」

Rも同様。しまった、思いっきりヤブヘビになってしまった。しかしこの勢いを止めることはもう不可能だ。行かないとか言ったら暴動が起きるに違いない。

「分かった。ボウリングは行こう。但しパパが行きたいところも付き合ってくれ」

「はーい」

そんなわけで川越にレッツラゴー。電車で本川越駅に降りてからは巡回バスに乗って市内を巡る。ところが

「バスやだ!」

とふたりが騒ぎ出すではないか。よく聞くと、バスの中のニオイが大嫌いなのだという。普段バスには滅多に乗らないのでそういう話は聞いたことがなかった。

「うーん、パパもタクシーのニオイは時々吐きそうになるけど、バスは別になあ…」

「バスはやだ!タクシーのニオイの方がいい!」

バスがダメだからタクシーに乗ればいいじゃない、というマリーアントワネットばりの贅沢な言い草に僕は、

「ガマンして乗れ!」

頭に来て無理矢理乗せた。

「ねえまだー?」

ふたりは乗ってる間ずっと鼻をつまんでおり、変な子だと思われただろうなあ…。幸いバスは10分ほどで降り、

手裏剣
どーん。歴史博物館に立ち寄ってみた。この画像の手裏剣の他、縄文式土器から戦国時代の鎧兜や槍・刀、江戸時代の大名の家具などが展示されていて、Rとタクにはつまらないかな…と思ったが、結構興味を持ったようで

「これなに?」

よく質問して来たりして、食い付いて見ていた。タクなどは

「すげー!やっぱ忍者っていたの?」

と興奮し、メモ帳を取り出して、手裏剣の絵を描き始めたり。ちょうど「~」みたいな形の手裏剣の絵は、太すぎてうんこにしか見えなかったが、純粋な好奇心・研究心旺盛な少年の心を穢してしまうので言わなかった。

タクはしばらく手裏剣の展示から離れず、一生懸命絵を描いていたら、

「ウフフ、あの子、研究してるね」

若いカップルがタクを後ろから眺めていた。

「タク、ちょっと離れなさい」

この人達にも展示が見えるようにしないと、とタクを端に除けさせようとしたのだが、

「いいんですよ」

とタクを温かく見守ってくれた。

「ありがとうございます」

いいカップルだった。是非帰ってから

「敵国に侵入したが捕まってしまったくのいちと、くのいちを拷問する敵国の殿様プレイ」

とか楽しんで欲しい。

博物館見学は終わり、じゃあ次は蔵の街エリアでも回って見るかねとしたところ子供達が騒いだ。

「おなかすいた!」

そういえばそんな時間だ。せっかく川越に来たのだから美味いものを食べるんだ、と意気込んで来たので昼飯も楽しみのひとつだった。しかし子供達が言うには

「マックがいい!」

Rとタクがここでも同時に叫ぶ。

「なんでー!」

何が悲しくて川越まで来てマックで食わねばならんのだ。ダメ、と言ったところ

「だってね、ハッピーセットでポケモントレッタがもらえるんだよ!」

とタクが泣きそうな顔で説明する。ポケモントレッタとは、よくおもちゃ屋などにある1回100円のゲームのことで、ポケモンとバトルをして倒したポケモンをゲットできる、という内容。

タクがもらえると言っているのは、ポケモンのキャラ1体のデータが入ったチップのことで、これをゲーム機にかざすとそのキャラを使うことが出来るのである。

せっかく川越まで来たんだからさー、川越の有名な店で食べようぜー、と言いたかったのだけれども、そもそも僕が川越に来ようと思ったのもやはりゲームの特典がもらえるからであり、その点はタクと同じなのだった。

「まー、血は争えないなあ…」

渋々マックに行くことを認めた僕なのであった。

「Rもトレッタが欲しいのかい?」

Rはそのゲームをやらないのにいいのかな?と思ったら

「Rはね、月見バーガー食べたいの」

とのことで…。ああ、月見バーガーね。昔僕が買ってた頃は190円だったのに、ばんばん値上がりして今は360円ぐらいなヤツね…。ファーストキッチンのベーコンエッグバーガーの方がいいよ(なんて言えない)

というわけで僕もタクに付き合わされてハッピーセットをもぐもぐ。勿論オマケで付いてきたポケモントレッタはタクにぶんどられた。Rは月見バーガーを美味しそうに。みんな食べ終わったところで

「よし、食べ終わったら蔵の街を観に行くぞ」

午後の川越観光を告げたところ

「やだ!ボウリング行く!」

「そうだ!もうガマン出来ないよ!」

僕に付き合っていた子供達はあっさりガマンの限界が来たらしい。

「えー。せっかく来たんだから…」

「ボウリング!」

「蔵の街、栃木みたいでいいよ?」

「ボウリング!」

僕がいくら言い聞かせようとしても、Rもタクももう頭の中はボウリングしかない。観光はとっとと切上げないとグレそうになってきた。

そんなわけで川越観光は諦めてボウリングに行くことにしましたとさ。説得しようとしたけれども、匙を投げてしまったことよ…。

あ、匙を投げるんじゃなくて、球を投げに行くんだっけ。

なんとこの日記は続きます。

応援クリックよろしくです↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog