--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-08-17(Sat)

サインはK.P.P.

栃木の実家に泊まりに行っている娘・R(9才)と息子・タク(7才)を迎えに、嫁が旅立っていった。

きゃりーぱみゅぱみゅのサインを持って。

なんでそんなことになったかというと…話は子供達を送って行った時に遡る。夜、実家の隣に住んでいる女の子、モモちゃん(仮名)とそのお母さんと一緒に庭でバーベキューをしたんである。

食べながらワイワイ話していると、明日はカラオケでも行くかね、ということを母が言い出した。Rとタクは歌うのが好きなんである。ただ僕も嫁もカラオケ嫌いなので、栃木に来た時だけ母がたまに連れて行くことがあるのだ。すると

「私もカラオケ好きー!」

モモちゃんもこの話題に食らい付いてきた。お母さんによると時々行くらしい。

「どんなお歌を歌うの?」

と聞いてみたら

「きゃりーぱみゅぱみゅ!」

モモちゃんはとにかく、かりーぴゃ、じゃなかった、きゃりーぱむ、じゃなかったきゃりーぱみゅぱみゅの大ファンなんだそうだ。噛まずに言えるほどに。

歌もほとんど知っているらしく、カラオケで歌いまくるらしい。モモちゃんはホントに好きなんだよ、と言わんばかり、にんじゃりばんばん、とかつーけまつーけま、とか次々に歌い出した。

するとそれを聞いたタクが

「ウチにきゃりぱみゅのサインあるよ!」

と得意気に言い出すではないか。そう、ウチにはある。渋谷のTUTAYAできゃりーぱみゅぱみゅのデビューシングルを買ったら握手会の券が付いてきて、その時に握手させてもらって、

きゃりーぱみゅぱみゅR
サインときゃりー監修のつけまつげをもらったんである。もう3年も前か…。

そりゃ大ファンのモモちゃんだから

「いいなあ!ほしい!」

眼をキラキラ輝かせてしまうのは当然である。その眼差しと共に僕の腕をガンガン引っ張るものだから、

「じゃ、じゃああげるよ」

と僕はあっさり言ってしまった。

「ええっいいんですか、そんな大切な物を」

お母さんは遠慮がちに言うが

「別に飾ってあるだけですし、いいですよ」

このお母さんには言えないが、今はNegiccoというアイドルが本命なので、それでモモちゃんが喜んでくれるならその方がいいだろうと思ったのだった。

「迎えに来る時は嫁が来ますからその時持たせますよ」

ということで話が終わった…かと思ったら、

「あとねえ、ウチには『とちおとめ25』(栃木のご当地アイドル)のサインがあるよ!知ってる?」

タクが得意気にベラベラと喋る。

「いやあ、名前だけは知ってるけど見たことはないかなあ…」

とお母さん。さすが地元栃木だけあって知名度はそこそこあるんだな…ってタク、それ以上喋るんじゃねえ。

「じゃあネギッコ知ってる?ネギッコのサインもあるんだよ!」

「し、知らないなあ…」

「タク!もういいから!」

まったくこいつは余計なことを舌を炭火で焼いてやろうか。お母さんドン引きだよ。アイドルの追っかけだってことがばれてしまうだろ。

そんなわけで子供達を迎えに行く嫁に、きゃりーぱみゅぱみゅのサインを持たせた。で、昨日帰ってきた。

「ひさしぶり」

僕にベッタリへばりついてにおいをかぐRと共に、

「モモちゃん喜んでたよ」

と嫁が話してくれた。で、お母さんから

「こんなレアっぽい物をいいんですか?」

ということでお礼のお土産を渡された。逆に恐縮されてしまったようだがそんなことはない。

僕はサインよりボインが好きなのである。

↓応援クリックよろしくです。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。