2013-08-13(Tue)

父帰る。すぐ戻る。

迎え盆も送り盆も休めないので、

「せめて孫達だけでも栃木にいられないかね」

と栃木の母が言っていた。お盆は父の墓に行って迎えに行き、また送りに行くのだけれども、

「お母さんひとりでお迎えに行くのは寂しいんだよね…」

とのことで。僕も嫁も心苦しかったので、日曜日、僕が栃木の実家まで娘・R(9才)と息子・タク(7才)を連れて行った。ふたりを送り盆の日まで母に預けるのだ。

Rもタクもおばあちゃん大好きなので、行きの電車の中でもテンションが高かったが、1時間も電車に揺られていると、さすがに眠くなってきたようでボーッとしていた。僕、タク、Rの順に座っていたら、

「ねえ、たっくんと席かわって?」

Rは僕の隣に座りたいのだ、ということで席をチェンジ。すると僕の腕にくるくるとRがダッコちゃんのように両腕を巻き付けてきて

「こうすると眠れるの」

と言ってスヤスヤとおやすみしてしまった。Rはいつもこのように僕にへばりついて寝ているので、この体勢が一番落ち着くらしい。可愛いなあ…と思っていたが、今日からしばらく一緒に寝られないんだな…と気付いて急に寂しくなったり。

実家に着くと、駅まで母が迎えに来てくれて

「おばあちゃーん!」

親子三代感動の再会。すぐさま佐野ラーメンの美味い店に行って、プールに行って泳いで、夕方から隣に住むタクと同い年の女の子とそのお母さんとバーベキューし、夜は花火…と、夏っぽいイベントを立て続けに一気にこなしてしまった。

そのタクと同い年の女の子というのが、Rとタクが来るのをとても楽しみにしていたらしく、今日もいつ来るかいつ来るかと首を長くして待っていたらしい。

今日のことは予め母から伝えられていたわけだが、別にそうでない時も、週末になると

「たっくんいる?」

と訪ねてきたりするらしい。土日は必ずこっちに来る、と思い込んでいるようだ。何ヶ月かに1回、たまーに会う程度なのだけれども、そんなに楽しみなものなのだろうか。確かに再会してものの5分ですぐ打ち解けて一緒に大暴れし、

「ダンスするから見て!」

と僕らを無理矢理観客にさせ、エグザイルのグルグル回るヤツを3人で息ピッタリでやってたりしている姿を見ると、波長が合うのかな、とも思う。向こうのお母さん、腹抱えて笑っていた。すいません、ウチ、こんなんで…。

バーベキューでみんなで焼いた肉を食べながら

「ボクのこと好きな女の子、5人いるんだ~。ラブレターももらったよ」

最近のタクがよく披露する自慢ネタ、オレはこんだけモテるんだぜ的な話をココでも披露する。だんだんイヤなヤツになりつつある。そういう話をしても、大体は

「あっそ」

程度で流されるのが常だが、その女の子はお母さんと目を合わせて戸惑ったような視線をチラチラと交わしていた。もしかしたらこの子も…?

花火も終わり、女の子&お母さんも

「また明日遊ぼうね」

と帰って行った。

「じゃ、僕もそろそろ帰るので、子供達をよろしく」

母に子供達を託し帰ろうとすると

「え、パパ帰っちゃうの?」

「何回もそう言ってるだろうがあああ!」

今の今まで僕も一緒に泊まるものだと思っていたらしい。何度も説明したのに。

隣の女の子はRとタクに会うのを楽しみにしていたけれども、Rとタクは僕の弟に会いたいとずっと言っていた。弟は元々実家住まいの車通勤だったのだけれども、近頃都内に転勤になってしまい実家を離れている。ただメーカー系の会社だからお盆は休みのハズだから戻ってくるよね、ぐらいの意識でいたのだけれども、全く帰って来る様子がないらしい。

「女でもできたんかね」

と母。だったらいいんだけど。早くRとタクのいとこ作ってくれ。案の定Rとタクは

「え、いないの!」

相当ガッカリしていた。しかし再会できた相手もいる。

花咲けミー
それがこのぬいぐるみ。「ミー」という名前で、弟のものだ。実家に帰る度にタクが余りにも気に入ってしまい実家にいる間ずっと離したがらないので、弟も

「じゃあしばらく貸してあげるよ」

ということで借りて東京に持って来てしまったほどだ。で、何ヶ月か借りっぱになっていたので、最近返したのだけれども、その時

「さよなら…」

タクは大泣きして別れを悲しんだものである。それが今日、弟の部屋で

「ミー!会いたかったよ!」

遠恋かってぐらいの熱烈感動な再会を果たしたのである。隣の女の子にもそういうリアクションしろよ!

タクだけでなく、母も嬉しそうだったのだけれども。出来るだけ顔を出すようにはしたいのだが…。僕らの顔を見ると本当に嬉しそうなので…。

盆と子と孫がいっぺんに来たような喜びようで…、あ、実際来たのか。

↓応援クリックよろしくです。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog