--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-07-09(Tue)

星に願いを。

七夕の日、子供達は笹の葉に短冊を結び付けていた。

願い事を一生懸命考えたらしい。どんだけビッグな願い事なのかと思ったが、娘・R(9才)のを見てみると

「来週のピアノの発表会で間違いなくひけますように」

一生懸命考えたわりにはちっちゃ。目先のことで頭がいっぱいらしい。そして息子・タク(7才)のは

「ポムポムプリンと同じベレー帽をかぶりたい」

というこれもつつしまやかなものであった。ウチの子達は質素なんだなあ…。いつかこの手に、つかむぜBIG MONEY、とか、

純白のメルセデス、プール付きのマンション、最高の女とベットでドン・ペリニヨンとか、ないんかねえ…。実際僕の人生はは純白のママチャリ、ヤモリ付きの貧乏長屋、閉口の女とベッドでドン・ガバチョ、ぐらいが関の山なんだけど…。

ポムポムプリン
ちなみにポムポムプリンのペレー帽参考画像。彼はポムポムプリンが大好きなのだ。

Rは願い事はささやかだが、他の短冊にいろんな絵を描いていてなんだかとてもカワイイ。

「ねえパパも短冊に願い事書いて?」

Rは僕にも短冊をぺしぺしと叩いて渡す。君達の健康と幸せが一番さ…と思ったら

「家族全員の健康と幸せを」

的なことは既に嫁が書いてしまっていた。

「うーん、他に思い浮かばないからいいや」

と逃げようとしたのだけれども

「書いてよ!」

なかなか離してくれない。本当は思い浮かばないどころか、とてもじゃないけど短冊に書けないようなドエロな願い事しか浮かんでこないのだ…なんてことは言えない。

「あとで書いておくから…」

ということでその場は逃げた。

夜になると、タクは「おまじないの本」という、Rが持っていた本を読んでいた。女の子が喜びそうなウソ臭くてテキトーなおまじないがたくさん書いてある本だ。そしてとあるページを確認した後、本をそっと閉じ、

「ベガ、アルタイル、願いをかなえてください」

そう叫びながら夜空に向かって手を合わせていた。頭大丈夫か。

「タク、ベガとアルタイルってなんだか知ってるか」

「知ってるよー。こないだプラネタリウムで見たよね」

一応頭は大丈夫らしい。タクの説明によると、

「このおまじないは、好きな人と両思いになれるんだよ!」

ということらしい。

「ふーん、タクの好きな人って誰よ」

「おしえない!」

「○○ちゃんだろ」

以前タクに熱烈なラブレターを寄越し、タクもまんざらではなく仲良しになったという○○ちゃんの名を挙げてみたら

「ちがうよ」

「えー!仲良しなんでしょ?」

「○○ちゃんとは、ふつうの仲良しのお友達」

「お前、サラッとすごいこと言うね」

親と違ってモテる男は言うことが違うなあ…。後で嫁に探りを入れてみようかしら。

「タクに好きな女の子がいるらしいぞ。○○ちゃんじゃないらしいぞ」

「ええっ。誰かしら?」

みたいな。七夕に井戸端(会議)。なんちて。

↓応援クリックよろしくです。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。