--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-07-04(Thu)

オヤジ元気で留守がいい。

仕事から帰るのが早い日が何日か続いた。

「ただいまー」

玄関で靴を脱いでいると

「待て!まだ入るな!」

娘・R(9才)がすっ飛んできて、僕の体に鼻を押し付けてフンフンとニオイを嗅ぐ。

「よし、パパのニオイだから本物のパパだ。入っていいよ」

警察犬かお前は。息子・タク(7才)は僕を見て

「なんで帰りが早いの?ヒマなの?」

と露骨にマユをひそめる。なんて失礼なヤツだ(その通りだけど)。親の顔が見たいわ。

寝る時間になるとRが

「ねえパパ、明日も帰り早いの?」

と聞いてきたので

「うん。多分早いよ」

そう答えると

「やったー。じゃ明日も一緒に寝よう?」

すんごい嬉しそうなので僕も思わずニヤけて顔が緩んでしまう。

「そんなに一緒に寝るのがいいのか?」

「うん。だって安心するんだもん」

「そうかそうか」

僕、顔が土石流。ニヤけっぱなし。

「じゃあ今日も一緒に寝ようか!」

と、みんなで寝っ転がると、Rは僕の腕にくるくると巻き付いて寝るんである。まるでダッコちゃんのように。これが「安心する」という体勢なのだろう。面白いことに、既にRが寝静まった後に僕が隣に寝る時でも、Rは寝ながら巻き付いてくるのだ。形状記憶合金か。

僕がそばにいて安心、というよりも、単に抱き枕的な扱いなのかも知れないが、それでも嬉しい花いちもんめ。こうやってベタベタとまとわりついてくるのも、もうあと何年もないだろう。やがて思春期を迎えて

「一緒に寝るとか、まじキモイんですけど?」

などと言われる日は確実に近付いている。そうなったら僕は泣き崩れてひとりで寝るしかない。せめてそれまでは思う存分娘との惰眠を貪ろう。正直ちょっと暑苦しいんだけれども。

抱き枕が濡れ枕になる日まで。

↓応援クリックよろしくです。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。