2013-06-11(Tue)

夜間のパパは、男だぜ。

小学校の父兄達が集まるソフトボールチームの試合があった。

今日は練習試合で、隣の小学校のチームと対戦。場所はウチらの小学校で行なった。相変わらず相手が勝ったり、こっちが負けたりの試合展開で、途中、わざわざ見に来て下さった校長の前でホームランを打たれ、しかもそのボールが教室のガラスを直撃、というアクシデントもありなかなか劇的な試合であった。

子供達からしたらこんなオヤジイヤだろうなあ…。オレ達の教室になにしてくれちゃってんのっていう。

夜はそのまま飲み会に突入。みんな酔いが回ってくると、今日の試合の話よりシモの話題が増えてきて、夜のバットはどこで振ってますか的な話に移っていった

とある人がどこどこのキャバクラ、またある人はどこどこのエッチな店、と、それぞれお気に入りの夜のバッティングセンターがあるようだが、やはり地元は避けているようだった。

チームには生まれも育ちもこの街の人が多く、僕のような栃木から流れてきました、みたいなよそ者は少ない。生粋の地元人はどこでどんな目が光っているかを警戒する。だから地元のいかがわしい店で遊ぶのは避ける。

しかし僕は違う。どうせよそ者だっしー、ということでそういう縛りはないのだ。だから

「こないだ、あそこの地下の怪しい店行きましたよ」

と言うと

「ええええ!」

みんなから驚かれてしまった。「あそこの地下の怪しい店」というのは、一見キャバクラ風の看板が立っているが、実はオッパブ(おっぱいが鑑賞できる大変みだらな店)ではないか、と噂されている店のことである。

「あそこ行ったんですか!で、どうでした!」

「オッパブでした」

「うおおおお!よく行ったなあ!すげーよ!」

ソフトボールは超ヘボい僕なので、今まで言われてなかったけれども、今日初めてメンバーから「スゴイ」と言われた。

しかしオッパブはオッパブでも、出て来たのはボストロールみたいな感じだったのでひどいものであった。ひどすぎる体験だったため、日記のネタにする気すらおきず、だからここにも書いていない。

だからみんなにも

「そりゃオッパブですけどね、出てくるのはボストロールですからね、危険です。あの地下への入口は、まさにドラクエのダンジョンへの入口ですわ」

と注意しておいた。あなたたちのような生まれも育ちも23区内で、当たり前のように土地も家も持っていても、地元のみだらな店には行けまい。でも僕は固定資産なんてなんにもないけど、自由に行けるもんねー!初めて地元民に勝った気がした。勝ったところでボストロールだけど…。

「はー…あなた、よく行ったなあ。すごいよ!イイよ!いいよ!」

何故かメンバーのひとりから何度もしつこく絶賛されすごい気に入られてしまった。ボストロールは避けるが、今度地元の元EKD48(キャバクラ)あたりには一緒に行こうかなあ、と。同じクラスにいる子供の親である。

酒が入る前は、自分の打てないヘタレッぷりを反省し、バッティングセンターで練習しようかなあ、などと真面目に考えていたのに。

バッティングセンターじゃなくて○ッティングセンターに行ってしまいそうである。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog