2013-06-08(Sat)

出会ってから数十回目の誕生日。

朝、目が覚めると嫁の誕生日だった。

子供達の目もあるし、面と向かって

「おめでとう」

とはなかなか言えないもので。トゥー・シャイ・シャイボーイな僕はなんだか照れてしまう。だから夜、仕事から帰って来て子供達が寝た後、

「お誕生日おめでとうジュテーム」

耳元で熱い吐息と共に伝えよう、年の数ぶんのバラの花でも買ってくるか、自称10才だから10本でいいやケケケケ、とか妄想しつつ、普段通り出勤の準備をしていたら

「パパはどうしてママに『お誕生日おめでとう』って言わないの?」

息子・タク(7才)に猛烈に抗議された。いやほら僕、トゥー・シャイ・シャイ・ボーイだから、とはとても言えなかった。恥ずかしがってるオヤジなど気持ち悪いだけだ。こんな状況で言ったところでアホみたいだが、タクが「ボクが大正義」みたいなドヤ顔で言え言え言うので、

「おおお、お誕生日オメデトウ」

仕方ないのでキョドリながら嫁の前で言ったら

「息子に急かされて言われても…チッ」

案の定舌打ちされてしまった。いやいや、あなたの旦那さん、シャイだから取っ付きにくいけど、本当はいい人なんですよ。

「ボクはちゃんと言ったよね。ママ、おめでと」

親父を踏み台にして、ボクイイ子アピールをするタクは、満面の笑顔でいつもよりほっぺたがツヤツヤしていた。嫁も、

「たっくんは本当に肌がつやつやだねえ」

うんこを見ているような視線を僕から離し、一転してパッと笑みがこぼれさせていた。僕はもう一度、誕生日おめでとうと改めて言ったのだけれども、タクを笑顔で眺めるだけで、特にノーリアクションだった。

オメデトウと言ったらゼロカイトウだった、というお話でしたとさ。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog