2013-05-26(Sun)

人はポケモンパンのみにて生きるにあらず。

嫁がママさんバリボーに行っていたため、子供達の昼飯を調達しようとする僕であった。

娘・R(9才)と息子・タク(7才)は

「ポケモンパンがいい!」

と言う。ポケモンパンといってもいろいろ種類があるようで、僕がよく見るのがチョコとかイチゴ風味の蒸しパンだ。ポケモンがプリントされた袋に入っていて、オマケとしてポケモンのシールが入っている。子供達はそのシールもお目当てのひとつのようなのだけれども。

最寄りのスーパーに行ってみると、辛うじてチョコ蒸しパンのポケモンパンがふたつあった。よかった、ちょうどRとタクのぶんがいっこずつあるわ、と思ったら

「ボク、ふたつ食べたかったんだよう!」

タクが悲しそうな顔で叫んだ。そうか。いっこじゃ足りなくなったか。成長したなあ…。ポケモンパンはないけれども、他にもココで作っている焼きたてのパンとか美味しそうなのはいくらでもあるので、

「他のパンじゃダメなんですか?」

蓮舫ばりにそう詰め寄ったのだが

「やだ!」

頑として首を縦に振らないので、仕方ないのでもうちょい歩いたところのスーパーに行ってみた。すると、あったことはあったのだが、さっきと同じ種類のポケモンパンだったので

「おんなじのしかないね」

と言うと

「コレでいいの!」

同じの2個食べるんだそうだ。まあ、もう探さなくていいのでいいけど。

「問題です。パンがふたつで?」

と子供達にクイズをふってみると

「ぱんつ!」

Rが即答。しかしタクは

「ボクもすぐ分かったけど、下品だと思って言わなかったんだ」

成長したなあ…。

Rの方はポケモンパンひとつしかなくても文句を言わないでボーッとしていたが、

「ねえパパ、こっち来て」

遂に動き出して僕の袖を引っ張った。そして辿り着いたのは焼き鳥の売り場。

「焼き鳥食べたいの」

君、飲んべえのオッサンみたいだねえ…。

パンがなければ焼き鳥を食べればいいじゃない。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog